期待に応える働き方

 
 
最近ありがたいことに、
動物病院の院長先生はじめ、
経営者の方と人材のお話をすることが
多くなりました。
 
 
そのなかで出てくる
「あるある人材」のひとつ(笑)。
 
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
をどうしたらよいかといった話です。
 
 
 
皆さんの身近には、
そのように思う人、
いらっしゃいますか?^^
 
 
 
あるコンサルタントの方が、
このようなことを以前メルマガに書いていらっしゃいました。
 
 
   ↓ ↓ ↓
 
============
 
自分の「給料を上げる方法」
について。



結論だけまとめてご紹介すると、
 
もらっている額より働くこと!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相手の期待を超えること!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とのこと。
 
 
そして最後に、こんな一言も。
 
=============
相手が
「給料を上げないと申し訳ない」
と思うぐらい貢献しよう。
=============
 
 
※株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング代表取締役
 
 
この考え方って、
自営の人であれば
「給料」ではなく、
「仕事」に変えてもいいですよね。
 
 
 
「仕事」を増やす方法は、
もらっている仕事量より多く働き、
相手の期待を超える働きをすること。
 
 
例えば、
自分の仕事のクオリティばかり追求して、
それが相手の期待に応えられていなければ、
次の仕事につながりませんし、
単なる自己満足です。
 
 
 
従業員であれば、
雇用主やお客様の要望を
満たしていないので、
給料も上がりません。
 
 
どのような仕事でも、
自分の心のなかで、
「ここまで」と決めてしまうと、
成長は止まります。
 
 
わたし自身も、
偉そうなことは言えません(;’∀’)
常にその点は忘れずにいたいです。
 
 
===============
人に何かを期待するより、
人から期待される働き方をしましょう!
===============
 
 
PET JOB交流会(ビジネス交流会)でも
様々な経営者の方々と話をさせていただきますが、
 
あらためて、
「相手の期待に応える働き方」
を肝に銘じたいと思いました。
 
 
そして、
 
はじめの話に戻りますが・・・
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
 
と話す機会があるときは、
 
たいてい現状に対する「不満」あるので、
まずはそれを聞いて、
 
「今のあなたは雇用主の期待に100%応えていると
胸を張って言えますか?」
 
と問いかけることがあります。
 
 
少し厳しいことかもしれませんが・・・
 
自分の権利を100%主張したいときは、
まず自分に期待されている役割を100%果たしてからにしないと、
相手の耳には届かない
 
と思うからです。
 
仕事って、そういう厳しい面もあること、
誰かが伝えていく必要がありますよね。
厳しいからこそ、やりがいや楽しみもある!
そう思います。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 
 

動物病院のスタッフマネジメント相談

動物病院の院長先生とのスタッフマネジメントのご相談、

そのようなお仕事もいただくことがあります。

 

 

長くいるスタッフさんともっと良い関係を築き、

後輩が育つ環境にするためにはどうしたらよいか、一緒に考えていきます。

 

 

長く働いているスタッフには、

彼女、彼らの目線で、病院に対する意見を持っていることが多いです。

 

 

まずはそこに耳を傾けることからかもしれません。

 

ただ聞くだけではダメなんです。聴き方にもコツがあります(^o^)

 

スタッフから前向きな意見を引き出し、働きやすい職場をつくっていくこと。

 

 

そこには、意識改革と柔軟性が必要。

 

スタッフマネジメントは人間相手なので、大変に感じることもありますが、

やりがいもありますよね。

 

 

自分の決めつけや思い込みを手放し、

急がず、焦らず、相手を信じて、

進めていけるように心がけたいと思っています。