仕事のやりがいのみつけ方

動物病院での面談だけでなく、

おかげさまで動物病院で勤務している

獣医師や動物看護師さんからのご相談を受けることが増えてきました。

 

 

そういったご相談を通して、

「やりがいをもって働く人」と

「やりがいがみつからない人」の違い

何があるのだろう? って、最近よく考えます^^

 

 

みなさんは、どう思われますか?

そもそも、“やりがい”って、何でしょう?(笑)

 

「やりがい」って何???

 

デジタル大辞泉(小学館)によると、

 

「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り」

 

と書かれています。

 

 

他の言葉で表現すると、

「達成感」とか、「満足感」など、でしょうか?

 

 

 

やりがいをもって働いている人は、

そもそも、「やりがいがある、ない」なんて、

考えることもなく、

日々過ごしているかもしれませんが(^-^;

 

 

やりがいがみつからない!と話す人は、

 

「何のために働いているのだろう?」

といった虚無感、

 

「仕事にやりがいが感じられない」

といった焦り、

 

「やりがいがない仕事は、自分に合わないのかも」

といった不満・・・等々

 

その人の状況や、考え方で色々だとは思います。

 

 

そして、

 

本人が気づいているかはわかりませんが、

 

「やりがいある働き方をしたい!」

 

といった強い欲求を感じます。

 

と同時に、

 

「やりがいをもって働かなければならない!」

 

といった思い込みもあるのかなぁと。

 

 

そんな方に朗報!!!

(おおげさですね笑)

 

 

先日、毎月継続で学んでいる

「ストレスクリア(R)コーチング」の

フォロー講座の中で、代表の森さんがこんな話をしてくれました^^

 

 

 

「仕事にやりがいをもてない」、または

「仕事に楽しさを見出せない」と悩んでいる方の

ヒントになるのではないかと思い、シェアしますね。

 

仕事のやりがいと、楽しさって、共存するの?

 

============

“そもそも仕事は「人が喜ぶことをすること」

 

仕事という行為に、

自分の楽しさを求めるのがおかしい。

 

責任をもってやれば、苦痛も楽しさに変わる。

 

仕事をするとは、

自分と向き合わざるを得ないことだ。”

と。

============

 

ようは、

お客さんがあってすること、ですよね。仕事って。

 

そこで、

やりがいや、

楽しさといったことが、

仕事で見いだせない!

と自分のために考えて悩んで、

足踏みをしているくらいなら、

 

まずは大変でも、しんどくても、

全て自分が引き受ける覚悟で、

責任もって取り組んでみよう!

 

と。

 

その結果、

苦痛に感じていた仕事を通して、

「楽しさ」や「喜び」、「達成感」などの

やりがいを掴めるということ。

 

 

私は、そう理解しました(*^-^*)

 

 

また、

 

 

=============

 “受動的に

「やらされ感」をもってやっていると、

いつまでも仕事はつまらない。

 

でも責任感をもって、

能動的にする仕事は、

楽しい。”

=============

 

とも。

 

いかがでしょうか?

 

「仕事にやりがいが感じられない」

とか、

 

「やりたいことがわからない」

といったことで、

 

 

もし悩んでいる方がいらしたら、

 

いま、この瞬間から、まずは、

自分の全てをかけるほどの強い覚悟で、

「責任」をもって、「主体的」に、

目の前にある仕事に取り組んでみてくださいね。

 

 

 

それでも、

「なんだかモヤモヤして働けない」とか、

「そんなエネルギー、わいてこない」とか、

「頭ではわかるけど、生きるのが苦痛でしんどい」

・・・等々

 

といったお悩みがある方は、

メッセージをお待ちしています(*^-^*)

 ↓  ↓  ↓

「メッセージフォームはこちら」

 

 

第7回PET JOB交流会

第7回PET JOB交流会

===☆ ご報告 ☆===

先日、第7回目を迎えたPET JOB交流会。

無事に終えることができました(*^-^*)

ご参加くださった方々、ありがとうございました!

 ↓ 詳しい様子はこちらのブログをご覧ください ↓

 「第7回 PET JOB交流会の様子」(アメブロ)

==============

あなたが悩んでいる本当の理由

 
本日は人の悩みについて、お届けします。
 
 
まずは、質問です!
今、あなたには「悩み」ありますか?
本気で、心から、解決したい「悩み」。
 
 
 
悩みは一切ない!という方も、
中にはいらっしゃるかもしれませんが^^
 
 
 
人の悩みには、
じつは解決につながる「理由」があるんです!
 
 
 
その理由がわかると、その悩みは意外に簡単に解決します。
 
少し、わかりづらいかもしれませんので、続けますね。
 
 
 
わたしは職業柄、人のお悩みを聞く機会が多いです。
そのなかで、ひとつ気付いたことがあります。
 
それは、
 
『悩みの先には、
その人が一番大事にしていることが隠れている』ということ。
 
そして、多くの場合、
 
『悩みの解決策は、すでにその人の心の中にある』
 
ということです。
 
 
 
ただ、多くの場合、
そのことに本人は気づいていないことが多いです。
 
 
うっすら、なんとなく、
見えているのかもしれないのですが、
その「理由」を見るのが恐いので、
気づかないふりをしていることもあります。
 
 
 
人は通常、
自分の「外」に解決策はあるはずだ
と知識を増やしたり、
いろんな人にアドバイスを求めたりします。
 
 
 
場合によっては、
外から真の理由を指摘されると、
「そんな理由は、解決策ではない!」
と自分の心の中で拒否してしまうことも。
 
 
 
 
本当は、
解決策はあなたの心の「内側」に
すでにあるのです。
 
 
 
あなたが悩んでいる
心の奥の、本当の理由。
 
 
 
 
その真の理由に、
実は素直に従ったほうが、
物事の解決には早道。
 
 
 
カウンセリングやコーチングは、
その悩みの「理由」をご自分でみつける
お手伝いをしています。
 
 
 
その理由に向き合うのは、
少し大変な面もあるんですけどね^^
 
 
 
今の悩みを本気で解決したい方は、
ぜひカウンセリングやコーチングをぜひお試しください。
 
==============
成長と学びのためのコーチング説明会
ZOOMか都内にて説明会を開催しています!
料金:5,000円 / 約90分
 
お申込みはこちらからお願いします↓
 
==============

動物と人が幸せになるための獣医療マネジメント研究会

 
動物病院は獣医師である院長先生が
経営者であることが多いです。
 
 
トップダウンで運営し、
組織を大きく成長させています。
 
 
 
特に、勢いがある動物病院は、
リーダーである院長先生に統率力があり、
皆で同じ方向を向いて、一気に駆け上がっていきますよね。
 
 
ただ、
 
組織が大きくなり始めると、
少しずつ問題が表面化してくることがあります。
 
 
 
新しく入社した人がすぐに辞めてしまい、
定着しなかったり、
 
情報共有ができず、クレームにつながったり、
 
期待していた人材が、急に離職したり・・・
 
 
今までのやり方では、通用しなくなります。
 
 
スタッフが少人数で、毎日のように顔を合わせ、
朝から夜まで家族以上に一緒にいるときは問題にならなかったことが、
いろいろな障壁となって、あらわれてくる・・・。
 
 
考えられる原因は、もちろん1つではありません。
 
 
ただ、
その障壁をうまく乗り越えて、
成長し続けている組織には、
ひとつの共通項があるかなぁと思います。
 
 
それは




 
適切に機能する「ナンバー2」の存在です。
 
 
 
動物病院という組織全体を
院長と共にマネジメントする存在。
 
 
 
経営的な視点も忘れず、
獣医学的な知識も持ち、
スタッフを一人一人つなぎ、
まとめていく存在。
 
 
 
 
動物病院によっては、
マネージャーといった役職で、
新しく雇用している場合もありますし、
 
 
院長先生自身が、臨床現場から離れて、
マネジメントに集中している場合もありますが、
 
 
 
それが出来るのは、
かなり規模が大きくなっている動物病院です。
 
 
 
通常の動物病院では、なかなか難しいです・・・
 
 
 
その場合、どうするか???
 
 
今いるスタッフの中で、育てていくしかありません。
 
 
 
「え~、そんな人材、病院にいないよー」と思われますか?^^
 
 
大丈夫です(笑)
 
そんなに難しく考える必要はありません。
 
 
私は、マネージャーって、特別な能力は必要ないと思っています。
 
 
 
人を魅了するカリスマ性とか、
先頭で引っ張っていくような行動力とか、
そういったものではなく、
 
 
一言でいうと、
 
「自分のことをよく理解し、他人のことも理解できる人」。
 
 
 
はい、そうなんです。
 
ごくごく当たり前のこと、なんです(笑)
 
 
 
頭ではわかっていることだと思いますが、
じつは実践することが一人では難しいこと。
 
 
 
 
獣医学的な知識や技術力も、
もちろん大切なんですが、
それ以上に求められる能力。
 
 
 
・コミュニケーション能力
・マネジメント能力
・人間力
 
 
 
 
上記のようなことを、
じつは学ぶことが必要です。
 
 
今、そういったことを学ぶ勉強会を
動物看護師さん向けに企画中です。
 
 
 
いわゆる「座学」ではなく、実践型の勉強会。
 
 
 
「本気で自分を成長させて、動物業界で役立ちたい!」
 
 
と考えるメンバーで創れたらと思っています。
 
 
そのために、
 
「動物と人が幸せになるための獣医療マネジメント研究会」
 
というFacebookグループを発足させました。
 
 
マネジメント全般について考えていく上で、
私一人の知識や経験では全く足りませんので、
様々な方の知識や経験のお力をお借りして運営していきたいと思っています。
 
 
もし、興味がある!という方がいらしたら、
ご協力をお願い致します。
 
 
 
獣医療マネジメントについて、
真剣に考えたい!学んで実践したい!
といった方々の役職や経歴を超えたコミュニティです。
 
 
┏━┓
┃☆┃お問い合わせフォーム
┗━╋*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
 
 こちらからどうぞ
 ↓    ↓   ↓
 
“獣医療マネジメント研究会について” とご記入の上ご連絡下さい。
 
 
 
グループは、秘密のFBグループ(検索できないグループ)です。
まずはWEB上でコミュニケーションがとれたら、と考えていますので、
ぜひお気軽にメッセージをいただけたら嬉しいです!
ご連絡を心よりお待ちしています^^
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
2018年5月23日(水)開催予定
参加申し込みはこちらをご覧ください。
 
講演テーマ
「ペット保険関連獣医療サービスの現状と、予防ビジネスについて」
 
過去の交流会の様子はこちら
→ https://ameblo.jp/vet-communication/entry-12352862892.html
 
 
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
 
個別説明会☆開催中です!
お問い合わせください。
===========
 
 

動けないのは、あなたが悪いわけではないかも?!

 
コーチングには、
「自分を変えたい!」
と考えている人の現実を
実際に変えていく力があります。
 
 
 
私自身、ちょうどこの仕事を本格的に開始する時期。
 
「自分の生き方を変えたい!」
「仕事も心も、もっと豊かにしたい!」
 
そう強く思っていました。
 
 
 
今は少しずつですが、
1つ、1つ、夢や目標が叶い、
こうして自分がやりたいと思えることができるのも、
コーチングのおかげだと思います。
 
 
 
そもそも、
 
人が行動できないのは、なぜなんでしょうか?
 
 
 
 
「自信がないから?」
「一歩踏み出す勇気がないから?」
「怠け者だから???」
 
 
 
 
完璧主義のため、色々学び、
アウトプットせずに、
インプットが多かった私が、
 
「とりあえずやる!」
 
と行動できるようになり
現実が変化しています(笑)
 
 
 
以前は、
「わたしには無理」
「やれる自信がない」
 
と、身近な人には
弱音ばかり言って消極的だった私。
 
 
 
 
“行動して、もしうまくいかなかったら?”
 
“誰かに間違いを指摘されたらどうしよう?“
 
 
と、自分が否定されることを、
 
ものすごく恐れていたんですよね。
 
 
 
 
===============
「恐い」と思うと、動けなくなる。
===============
 
 
この自分がもつ「恐れ」に気づいている人、意外に少ないです。
 
 
 
なぜなら、
 
まず、「恐いと思う自分は、弱虫でダメ」。
 
と、
 
自分自身で無意識に否定している人が多いから。
 
 
 
 
人間の防衛本能として、
 
これは当たり前の反応なんですけれど、
 
この自分の心の「恐れ」を見ないで、
 
目をつぶっていると・・・
 
私のように同じ場所で足踏み状態。
 
 
 
いつまでも変わらない、動けない、
 
ということが起こります。
 
 
 
あなたは、いかがでしょうか?
 
 
 
あなたが持つ「恐れ」に気づいていますか?
 
 
正しい「恐れ」は、あっていいんですよ^^
 
 
 
 
「変わりたいけど、何も変わっていない自分」
 
「やらなきゃいけないことがあるけど、できていない自分」
 
 
 
 
もし自分を否定していることがあったら、
まず、自分の心の声と向き合いましょう。
 
 
あなたを動けなくしている「恐れ」は何でしょうか?
 
 
 
「恐れを否定せず、恐れと向き合う」
 
 
一度、考えてみてくださいね。