成長の好循環を作る

動物病院のお仕事で、
最近特に嬉しかったこと。
 
 
それは、
スタッフの成長がみられること。 
 
診察時の獣医療コミュニケーションをみてほしいと依頼をいただき、
定期的に伺っている動物病院があります。
 
 
 
もともとは、
院長先生ご自身の診察で、
気になる点をフィードバックしてほしいということで、始まりました。
(この点も素晴らしいですね ) 
 
 
もちろん、
私が見させていただくのは、
獣医学的な観点からではなく、
あくまでもマナーやコミュニケーション面に関してです。
 
 
 
「動物と、飼い主さんが、
安心して診療を受けられて、
満足していただくためには
どうしたらよいか?」
 
 
その一点のみを考えて、
コミュニケーション上の
アドバイスをします。
 
 
 
 
機会があれば、
院長先生だけでなく、
勤務医の方々にも、
フィードバック。
 
 
 
そのときは、
コーチングスキルを使った
関わりかたを心がけています。
 
 
 
とくに、
本人や、周りの人は、
より良い変化に気づかないことが多いので、
その点は意識して伝えています。
 
 
今回、2年目に入る先生も、
ものすごく変わっていました。
 
 
飼い主さんに対する態度や聞き方、
動物への接し方や、診察の進め方。
飛躍的に伸びていました!!!^^
 
 
その堂々とした態度や、
無理なく余裕ある会話、
先生自身の、内面の「自信」からだと思います。
 
はじめからうまくいく人はいないです。
 
 
それでも、
あきらめずに、
1つ1つ学んできたことが、
必ずこうして実をなし、
「成長」につながるということを、
おしえてもらいました。
 
 
 
4月からは彼女が先輩になり、
新しく入社する先生を、
指導していく立場。
 
 
 
教えることで、人は成長します。
 
 
 
 
こうした成長の好循環。
 
 
 
たのもしく、
また楽しみでもありますね!
 
 
 
 
わたしも、
一歩一歩、
焦らずに、
前に進もうと、
逆に励まされました^^
 
 

動物病院から見える風景

本日は、
「動物病院から見える風景」
とタイトルには書きましたが・・・
 
 
どういう意味かと言うと、
 
ここでいう「風景」とは、
 
飼い主さんの心の中。
 
 

動物病院の中にいながら感じるものと、
外部から第3者として感じるものは、
だいぶ異なるなぁということです。
 
 
 

どうしてそう感じるか? というと、

 

私は動物病院の仕事以外に、
ペットロスのカウンセリングを行っているのですが、
 

そこでお話される飼い主さんたちの言葉は、
動物病院の中で感じる(もしくは話されている)ことと、
ずいぶん違うんだなぁと思うことがあるからです。

>>>続きはこちらのアメブロをご覧ください

 
 

自分の働き方、人生は、自分でデザインする

 

JAHAの記念講演で、高野さんのお話を聴講させていただきました。

テーマは、

「ホスピタリティ溢れる組織づくり~モチベーション・アップを目指す~」。

 

・ホスピタリティとは?
・仕事との向き合い方
・自分の存在意義
・チームにおける思考回路
・センターピン

等々

 

一字一句逃したくないくらい、貴重なお話でした。

 

 

個人的に印象に残っているのは、

『自分の働き方、人生は、自分でデザインする』という言葉。

 

 

また、高野さんがメンターから受けたというパワフルな質問。

 

「あなたという存在の何が、
    周りの人(動物)を、
    幸せにしているのですか?」

 

この問いかけを、私自身、続けていきたいと思いました!

 

みなさんも、いかがでしょうか?(^-^)

 

動物医療満足度に影響するものは?

動物医療満足度に影響するものは?

信頼&安心の動物病院創りを応援する宮下ひろこです。

 

さて、人の医療機関での患者満足度、どのような項目が影響していると思われますか?

 

* 病気の治癒率でしょうか?

* スタッフの接遇でしょうか?

* 建物の快適性でしょうか?

* 待ち時間でしょうか?

* 診療費の適正さでしょうか?

 

いろいろ考えられる要素はあると思いますが、
人の医療機関におけるある調査結果によると、
患者満足度に最も影響を与えていることは・・・

 

『医師とのコミュニケーションの良し悪し』

だそうです。

 

 

さらに、診療科別にみると面白い違いがあります。

 

医師に対する影響因子として、

 

内科では「医師の聴く態度」、

小児科では「相談や質問のしやすさ」

という違いがあります。

 

 

子どもに対する治療を受ける場合、
自分自身の治療ではないので、
保護者は不安や心配が多いものです。

 

 

今回参考にしている書籍「実践 患者満足度アップ」によると、

 

「小児の保護者に対して、
いかに質問や相談がしやすい雰囲気を作り、
不安をとってあげられるかが
、小児科におけるポイントである」

とあります。

 

また、

「十分な説明がなされて、
説明に対する理解度や納得度が高まったとしても、
対象者の心配や不安に焦点を当てた説明がなされないと、
安心度は高まらない

 

とも説明されています。

 

実践!患者満足度アップ/日本評論社

 

 

ペット医療は、小児科によく例えられます。

 

言葉を話せない動物を連れて、代弁者になるのは飼い主さん。

 

わが子のように、
「ペットは家族の一員」として来院されます。

 

 

人の小児科と同様、
どこが痛いのか、
どんな痛みなのか、
どれくらい苦しいのか、

など、

 

ペットは自分で訴えてくれませんので、
そばで様子をみている飼い主さんの心配や不安は山のようにあります。

 

飼い主さんの満足度を向上させるために大事なこと。

 

それは、
診察時にどのような不安や心配があるかお訊きし、
その点に対して十分に答えること。

 

 

当たり前のようですが、
これは必須条件だということですね(^^)

 

診察の際は、
「何かご心配な点はありますか?」
「不安な点があれば、いつでもご質問ください」
など、

 

 

飼い主さんが抱える不安や心配を引き出せるような、
コミュニケーションを心がけると、
患者満足度の向上につなげられるのではないでしょうか?

 

 

これからGWスタート、ますます動物病院は忙しくなりますね。
たくさんの飼い主さんに、スタッフの優しさが届きますように!

 

技術と接客サービスのバランス

信頼&安心の動物病院創りを応援する

宮下ひろこです。

久しぶりに美容室に行ってきました。

髪形がワンパターンだったので、
思い切ってショートスタイルにしたい!
そう思い立ってから早6ヵ月(笑)(^^ゞ

美容院に行く時間は、
私にとっては贅沢なリラックスタイム。
女性の多くの方はそうではないでしょうか?

 

 

わたしのお気に入りの美容室。

サービスも勉強になります。

 

 

毎回髪形の要望を伝えるのですが、言葉での説明が下手な私に、
さわやかなスマイルで聞いてくださいますし(笑)、
仕上がりも希望どおりでした。

 

混み合っていましたので、女性の場合カット&パーマで、
お店の滞在時間は約3時間弱。

 

途中待っている時間は長くなってしまいますが、
その時間も気にならないくらい、
年齢や趣味に合わせてセレクトした雑誌を用意してくれたり、
飲み物を出してくださったり、
至れり尽くせりです(*^-^*)

 

 

シャンプーしたり、席を移動するときの案内も、
とても丁寧ですが、気を遣わせない自然な感じです。

髪を洗うときなど、これから何をするかがわかるように、

さりげなく案内して手を添えてくださったり。

 

 

 

私はどちらかというと静かに雑誌を見ていたいタイプですが、

そのことにも配慮してお話してくださいます(^-^)

相手に気を遣わせない対応って、居心地がいいですよね♪
見習いたいです。

 

またぜひ来たい!と毎回思うお店。
「技術&接客」両方のバランスが良いお店は、
リピートしたくなります。

これは、職種は全く違いますが、
動物病院の経営にも通じることかもしれません。

「またあの獣医さんに会いたい、動物看護師さんに会いたい」

と思ってもらえるような病院作り、目指したいですね。

 

 

結局、スタイリストさんと相談して、
ショートカットは次回にしました!(笑)

また行く楽しみが増えました(^^♬