仕事のスイッチは〇〇〇チェックから!

仕事のスイッチは〇〇〇チェックから!
 
信頼&安心の
動物病院・ペットクリニック創りを
応援する宮下ひろこです。
 
 
4月から5月は動物病院で最も忙しい時期。
 
 
院長先生からは、
大変な狂犬病集合注射が、
やっと終わったとお聞きしていますが、
まだまだ動物病院は大変な時期が続きますね。
 
 
 
フィラリアやノミダニ予防の薬も、
最近ではいろんな種類が出てきています。
 
私は動物病院によって
使っているものが異なるので、
違いや名前をおぼえるのに
苦労しています(>_<)
 
 
 
 
 
さてさて、
先日ある動物病院で、
コミュニケーションの研修をさせていただきました。
 
初めての病院では、
ベースとなるマナーに関することも
お話します。
 
言葉遣いや挨拶など、
接客で気をつけるべきことを復習しながら、
身だしなみについても
院内でチェックします。
 
たとえば、
 
〇爪はのびていないか
 
〇ユニホームは汚れていないか
 
〇髪はまとめているか
 
・・・など
 
そして、
 
毎回確認しますが、
動物病院内に「鏡」があるかどうか。
 
 
 
 
ときどき、
全くない動物病院があります。
 
皆さんが働いている病院では、
いかがでしょうか?
 
 
 
最低限、
洗面所や更衣室、休憩室には、
欲しいですね。
 
 
 
仕事を始める前、
朝や昼に身だしなみをチェックできる鏡、
設置されているでしょうか?
 
 
 
出来るのであれば、
バックヤードに1つか2つ、
鏡があるといいですね。
 
そして、
顔だけでなく、
全身が見れる姿見があると
もっといいのですが・・・
ご用意されていますか?
 
 
 
私がずいぶん前に務めていた病院では、
トイレにも鏡がなくて、
自分で用意した記憶があります。
 
仕事中は、
犬舎のステンレスで
なんとなく整える感じ(笑)
(これではダメですね)
 
 
 
自分がどう周りから見えるか、
仕事の前に必ずチェックしておきましょう。
 
顔色は暗くないですか?
 
不健康な印象ではないですか?
 
逆に化粧は濃すぎたり、
華美な髪飾りなど、
つけていませんか?
 
髪は寝起きのままでなく、
櫛をとおして結んでいますか?
 
 
 
鏡をうまく使い、
表情チェックもして、
プライベートと仕事の
切り替えスイッチを入れましょう。
 
 
 
朝の鏡チェック、
病院全体で意識化し、
習慣にしていくことをおススメします!
 
 
 
本日は
 
==============
 仕事のスイッチは、
 
「かがみ」チェックで入れましょう!
==============
 
でした(^-^)

信頼関係を築くための5つのポイント

信頼関係を築くための5つのポイント

 

前回、「信頼できるスタッフがいる動物病院」を、

飼い主さんは選んでいるというお話をしました。

 

本日は「信頼関係」を築くための基本ステップをお話します。

 

いわゆる、対人関係の基礎。

コミュニケーションの基本です。

 

ではさっそくポイント5つ!

「あいうえお」で覚えましょう\(^o^)/

 

******************************

相手の緊張と不安をとく

「コミュニケーションの基本的態度」

******************************

 あいさつ:気持ちの良い挨拶

 アイコンタクト:適度に目を合わせる

 相手を敬う(やまう):尊重する気持ちをもつ

 笑顔 (がお) :状況に合った適切な表情

 ープンマインド

 

受付は動物病院の顔です。

病院に入ってきたときに、

優しい表情で明るく挨拶をされると、

初めての方の緊張感も和らぎます。

 

「ウェルカム」の気持ちで、

相手の目を見て挨拶をしましょう。

 

そのとき、声はしっかり出ていますか?

ときどき、声に元気がなく、聞き取れない人がいます。

居酒屋の店員さんのように声を張り上げる必要はありませんが(;’∀’)、

相手に届かないと意味がありませんね(^^)

心をこめてしっかり挨拶しましょう!

 

また、

一般的な接客業と違い、

動物病院では常に笑顔が適切とは限りません。

動物病院には状態が悪い子を連れて来院されるケースもありますよね。

 

必ず飼い主さんの表情や様子をよく観察して、

また動物の状態に配慮しながら、

状況に合わせた表情で応対しましょう! 

 

 

そして、

どのような方でも、

相手をまず尊重する気持ちを持ちましょう。

 

そうすると、

おのずと「オープンマインド」でいられるようになります。

 

オープンマインドの定義は、

人によって色々かもしれませんが、

 

ここでは、

 

「相手の気持ちや価値観を尊重しつつ、

自分の気持ちも素直に表現できる自己開示の状態」とします。

 

自分をすべて隠さずにさらけ出すということとは、

少し違います。

 

構えずに、

お互いに楽な気持ちでいられる

心開いた状態でいることが大切です。

 

 

上記の5つを心がけるだけで、

初対面の方でもほぼ99%気持ちよく会話ができます。

 

当たり前のことのようですが、

「常に」、「すべての人に対して」、

は難しいと感じるかもしれません。

 

でも、日々心がけていると、

いつの間にか自然に身についてくるものでもあります。

ぜひ、今この瞬間から、心がけてみて下さいね!

 

 

飼い主さんとの信頼関係を築くファーストステップ。

 

まずはこの5つのポイントを身につけ、          

信頼され魅力ある獣医師・動物看護師を目指しましょう!