ペットの終末期のケアを、スタッフと共に考える

はじめにイベント情報です! 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
▼イベント情報▼

↓ 詳しくはこちら ↓
 
先輩動物看護師に学ぶキャリア交流会&セミナー
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 
さて、
 
先日動物病院で、
「ターミナル期にペットを抱える
飼い主さんへのサポート」について、
お話をしてきました。
 
 
 
 
ある事例を題材にし、
「安楽死」という重いテーマについて
ディスカッションをする、
という研修です。
 
 
 
 
一般の飼い主さんには
あまり聞きなれない言葉で、
ドキッとするテーマですよね。
 
 
驚かせてしまったら、
申し訳ございません。
 
 
 
 
ただ、
 
「安楽死」の問題は、
 
動物病院では外せないテーマです。
 
 
 
個々のストレスマネジメントの観点からも、
一度は時間を作り、
じっくり考える必要がある内容だと思っています。
 
 
 
 
動物の安楽死は、
 
動物のQOL(生活の質)を著しく損ない、
痛みのコントロールが難しいときや、
呼吸が苦しいといった状況の場合に、
獣医師と相談の上行う場合があります。
 
 
 
 
 
研修後の感想の中で、
 
 
ある獣医師は、今まで、
自分からはそういった話は
一切したことがなく、
どのタイミングで飼い主さんに切り出したらいいか迷う、
とのことでした。
 
 
 
状況によっては、
飼い主さんにショックを与える場合もあり、
 
伝え方によっては、
信頼関係が崩れることもあるので、
 
確かにタイミングは重要で、
伝えるときは配慮が必要です。
 
 
 
一方で、
 
 
ペットロスのカウンセリングなどでは、
「自分からはなかなか言い出せず、
先生から言ってもらいたかった」
 
といった飼い主さんの声を、
耳にすることもあります。
 
 
 
どのタイミングでお話をするか、
飼い主さんからお話くださるまで
言わないほうがよいのか・・・
 
難しい選択ですが、
ケースバイケースです。
 
 
正解はないのですが、
「獣医師からは絶対に言わない」
と決めずに、
柔軟に対応していただくように
お伝えしました。
 
 
 
また、
 
 
一緒に参加していた
動物看護師さんからは、
 
「自分のペットは心臓が悪いので、
いつか肺水腫になって苦しい状況になるかもしれない。
 
そういったとき、
あまりに苦しい様子であれば、
安楽死も考えるけれど、
自分から言い出せないかも・・・」と。
 
 
「でも、獣医さんから言ってもらえたら、
少し気持ちが楽になるかもしれない」
 
と話してくれました。
 
 
 
獣医師によっては、
「動物の命を助けることが使命」なので、
「安楽死は絶対にしない」
といった先生もいらっしゃいます。
 
 
そのお気持ち、私はとてもわかります。
 
以前、臨床現場にたずさわらせていただいていた時、
私自身やりたくなかったからです。
 
 
 
ですが、
飼い主さんのご様子を間近でみる機会の中で、
また直接お話をお聞きしながら思うのは、
 
獣医師も迷いながら、
飼い主さんも迷いながら、
 
共にペットのために考え、
十分に話し合った結果であれば、
場合によっては安楽死をする場合も
あっていいのではないか?
 
 
といった考えに、
今は落ち着いています。
 
 
 
どちらを選択するにしても、
少なからず後悔や
「もし、別の選択をしていたら」
といった想いは
残ると思います。
 
 
 
だからこそ、
 
苦しいなかでも、
大切なペットのことなので、
十分に考えて決めることは、
必要なことなのかもしれませんね。
 
 
 

動物病院にも、コーチング!

毎月お世話になっている動物病院での研修。
 
テーマは「コーチング」。
目標設定をして、ペアになり、
お互いにスクリプトに沿って、
コーチング体験をしてもらいました。
 
 
「普段お互いの目標を
聞いたりすることがなかったので良かった」
 
「目標が書けないまま始めたが、
質問してもらえたことで、言葉になった」
 
「相槌や頷きが、いかに大事かがわかった」
 
「最後にフィードバックしてもらい、嬉しかった」
 
など、
いろんな感想があがっていました。
 
スタッフの皆様、お疲れさまでした(*´▽`*)
 
病院内でも、
承認や効果的な質問が
お互いにできるようになると
いいですよね(*´▽`*)

“わかっている” を “できている” に。

 
動物病院では、
お昼をとったあとの、
診察時間の合間にすることが多い研修。
 
短時間でお伝えする必要があります。
 
 
先日のテーマは
『人との信頼関係を築くための5ステップ』
 
 
 
 
いつもとは違う頭の使い方で、
眠たくならないように工夫し、
少しでも自分ごとにして、
記憶に残して行動に反映してもらうためには
どうしたらいいんだろう?
 
 
 
毎回、相手の状況も違うし、反応も違う。
面白い点でもあり、
やりがいを感じる点でもあります。 
 
 
人は思考で「わかったつもり」
になっていることが多いです。
 
 
 
わかったつもり、
を無意識レベルで、
自然にできているようにすること。
 
 
 
これって、研修だけでなく、
学術セミナーを受講するようなときも
当てはまりますし、
職場でも、生活レベルでも、
いろんな場面で必要だなぁと思います。
 
 
 
“わかっている”ことを、
“できている”のレベルにすること、
大切ですね。
 

動物医療の現場に、勇気づけの心理学を!

動物医療の現場に、勇気づけの心理学を!

定期的にうかがっている

動物病院で院内研修でした。

 

 

テーマは、アドラー心理学の「勇気づけ」。

 

 

アドラー心理学の本を読んだ人に

ときどき感想を聞くと、

 

「頭では理解できるけど、

理想論で実践が難しいよね」と、

返ってくることがあります。

 

 

たしかに・・・

 

 

そういった面はあるかもしれないですね。

私もまだまだ探求中・・・(笑)

 

今日あつかった勇気づけの実践は、

比較的行動しやすいのではないかな?

と思っています。

 

そして、

 

実践する上で大切なことは「自己信頼」。

 

「自分自身を信頼し、

自分自身の可能性を信じること」。

 

 

あなたはいかがでしょうか?

自分の可能性、信じられますか?

 

 

 

 

これからも動物病院で働く人が

個々にセルフイメージを高く持って、

自分の幸せを自ら選択して

つかみ取ってもらえるようサポートしていきたいです。

 

 

そんな想いを胸に、

明日からも頑張りたいと思います ^^

スタッフの努力や変化に気をつけるようになりました

スタッフの努力や変化に気をつけるようになりました

定期的にうかがっている動物病院の先生から、

ご感想をいただきました。

こちらの動物病院では、 院内コミュニケーションやマナーに関する研修を、

昼の時間帯に毎回90分程度実施しています。

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃1、スタッフ研修をなぜ導入しようと思いましたか?

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

マナー・接遇に関して

自分自身が教わった経験が無く、

自分の考え方が常識的である自信も無いので、

以前から勉強して見たいと思っていました。

 

 

スタッフに対しては、

うちは小さな動物病院で、

この狭い社会で院内の気まずい雰囲気が居づらいし、

その空気を患者さんが読み取ってしまうので、

益々言い難く困っていました。

 

 

オーナーさんから

スタッフの態度についてご指摘を受けたり、

友人を介して耳に入ったりで、

対処に苦慮していました。

 

そういう話を税理士さんに話したら

紹介していただき、実現出来ました。

 

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃2、具体的にどのような効果や変化がありましたか?

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

直接言葉にされるのは4%程度しかない

オーナーさんからの信号を受け取り、

サービスの向上に努めるスタッフの言動を

見聞きして良かったと思います。

 

意識の個人差もあり、

その努力がわかりやすい人と

わかりにくい人もいるとは思いますが、

その変化を感じてあげたいと

自分自身が気をつけるようになりました。

 

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃3、もし院内研修を勧めるとしたら、どのような動物病院におすすめしますか?

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

何の問題も抱えていない動物病院は、

まず無いと思いますので、

どのような動物病院にも勧められると思います。

 

問題意識が無いと難しいとは思います。

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃4、講師個人の印象や人柄について

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

穏やかで理性的で、優しいけど、

優柔不断では無いのが、素晴らしいと思います。

 

・゜゜・*:.。..。.:*・゜・゜・*:.。..。.:*・゜

 

 

ご多忙にもかかわらず、ご協力いただき、

ありがとうございました。

 

研修の導入をご検討されている方の

今後の参考にしていただけると嬉しく思います。