紙に書いた目標が達成できない理由

紙に書いた目標が達成できない理由

 

あっという間に新年が始まりましたね。

今後の未来のイメージ、
しっかり掴めていらっしゃるでしょうか。
 
 
 
具体的なイメージが描けて、
スラスラとやるべきこともリスト化し、
行動している自分自身が
リアルにイメージできている人。
 
 
 
そのような人は
1年の境い目など関係なく、
着実に行動していける方々でしょう。
 
 
以前の私はというと、
お恥ずかしいですが、
1年のはじめの目標も三日坊主。
 
 
 
あるべき目標を紙に書いて、
行動をリスト化し、
目指す相手をモデリングしても、
(まさにコーチング!)
なかなか行動に繋げられず、
当然、現実も変わらない・・・
 
 
と、迷走していた時期が長~くあります(笑)
 
 
 
 
じつはその原因、
最近なんとなくわかってきたのですが、
行動できない自分が悪いのではなく・・・
 
(言い訳ではありません…笑)
 
 
つまり、本当に心の底から(自分でも気づいていない部分で)
望む目標(理想)が、描けていなかったから。
 
 
 
言葉を変えると、
自分自身の将来のイメージが弱かったから。
 
 
 
なんとなく頭だけで考えていて、
できている感覚がつかめていなかったから。
 
 
 
自分にはできる!
という“できている感覚”が、
あるようでなかったんです。
 
 
 
この思い込みではない、リアルな感覚、
理想を現実に近づけていくためにはとても大事です。
 
 
実は2017年の1月から新しく学び始めていた
ストレスクリアコーチングというものを通して、
気づくことができました。
 
 
 
 
コーチングという名前はついてますが、
カウンセリングのようで、
コーチングでもないアプローチです。
 
 
 
このアプローチに出会ってから、
周りで変化していく人の多くをみていると、
この内面でのリアルな「感覚」を
しっかりと「先に」掴んでいる人だということがわかります。
 
 
 
『逃げずにとことん掴みにいく!』
 
 
これができると、現実が変わります。
 
 
私の場合、
その現実変化のプロセスに、いろんなことがありました。
 
 
自分のネガティブな面との対面、
認めたくない現実(苦笑)、
逃げたくなる(見たくない)という感情との葛藤・・・
 
と、いろいろ(笑)。
 
 
 
『今の目の前の現実は、
 じつは自分が選択して創っている・・・』
 
 
 
 
アドラー心理学でも
「自己決定性」のなかで、
“未来は自分の手で作られる”
ということをいっていますが、
 
 
 
私はこのことを、
理解していたつもりでしたが、
じつは頭(思考)でのみ理解していて、
感覚ではわかっていなかったんですよね。
 
 
 
 
本当に望む自分の姿、
心から欲している自分の世界、
そこの感覚と先につなげていくのがストレスクリア。
 
 
 
そこに至るまで、
いろいろな気づきや変化がありましたが、
それが人間の心理って面白いなぁと感じる所以です。
 
 
 
「ストレスクリア」という名前のイメージが先行して
よく質問されるのですが、
表面的なストレスを軽くするという、
それだけのものでは実はないんです(笑)
 
 
 
 
そこがわかってくると、ますます面白いです。
そんなストレスクリアコーチング、一緒に学んでいきませんか?
 

同じ志や価値観をもつ仲間と共に、
コーチとして活躍できる講座を来年も開講します。

以下は講座開催スケジュールです。
(すでにお申込みいただいているので、開催決定です!)
 
=======================
《ストレスクリア説明会》
1/6(土)13:00~14:30 
1/9(火)13:00~14:30
€
《コーチになれる養成講座》
1/15, 1/23, 2/19, 2/27(4日間)
 
詳しくはこちらをご覧下さい↓
☆お仲間募集中!☆
 
自分を癒やし心を満たすストレスクリアコーチング☆
心のブレーキを外し「できない」を「できる」にする
好きなペットの仕事で自分らしく生きたい女性をサポート!
協会認定ストレスクリア®トレーナー
獣医師/産業カウンセラー 宮下ひろこ
=======================
 
 

 

 

 

 

目標は「Want to」を意識してみましょう!

目標は「Want to」を意識してみましょう!

もう11月も下旬になってしまいました(早い!)

この時期あらためて、
残りをどう過ごすかを考えること、
とても重要です。

 

少し時間を作り、
今後のスケジュールを
見直してみましょう。

 

行動修正ですね^^

 

一日の過ごし方、
スケジュールの確認、
今後の目標の見直し…

 

 

その際、
意識すると良いのは、
「本当に達成したいこと(Want to)」
のための時間を優先することです。

 

 

仕事をしていると、
本来したくなくても
「しなくてはいけないこと(Have to)」
に縛られがちですが、
時間は限られています。

 

 

「Have to」ではなく
「Want to」を意識することは、
自分にとってプラスになる目標が
出てきやすいです。

 

 

さらに、
取り組む動機にも影響します。

 

 

「やらされている感」や、
「時間に追われている感」が減り、
楽しみや充実感を感じられます。

 

 

結果的に、
心が喜ぶことを行うと、
目標達成するまでの時間が短くなり、
より多くのことを実現することができます^^

 

 

自分だけでなく、
スタッフ指導や後輩育成の際にも、
意識すると良いと思います。

 

 

彼らに課していることは、
本人の「Want to」になっているでしょうか?

 

目的を忘れて、
彼らは作業に追われていませんか?

 

本人にとって、
意味のある事になっているでしょうか?

 

 

人が仕事に関わる時間は、
長い人生の中でかなり長時間です。

 

 

できれば、
楽しく充実した心が満たされる時間に
していきたいですよね。

 

ぜひ、日々の業務も、
「自分の意志でやりたいからやること」
だらけにして、取り組んでみてください。

 

同じ業務も、
意識して捉え直すだけで、
「Have to」が「Want to」の内容になります!