「心、ここにあらず」になっていませんか?

 
以前の私は、いつも以下のような感じでした。
 
 
・先々の心配事で頭がいっぱい
 
・嫌なことが忘れられずに眠れない
 
・あれこれと色々考えてしまう
 
 
 
いつも頭の中がごちゃごちゃで、
考えれば考えるほど整理ができず、
ただただ毎日をこなすのが精一杯。
 
 
 
 
悩みやストレスが多かったです(>_<)
 
 
だからこそ、
カウンセリングやコーチングを学び始めたのですが
みなさんは、いかがでしょうか?
 
 
 
 
まだ起きていない未来のこと。
すでに終わって変えることができない過去のこと。
 
 
 
 
 
そのような思い悩むことに費やす
脳の「アイドリング状態」ともいえる活動に、
どのくらいエネルギーが費やされているか、ご存知でしょうか?
 
 
 
じつは、
意識的な反応に
費やされるエネルギーの、
 
 
 
 
 
『20倍!!!』 
 
 
 
にも達するということが、
最近の脳科学の研究からわかってきたそうです。
 
 
 
 
この状態の時、
意識は内向きになって、
自己にとらわれているといいます。
 
 
 
「マインドフルネス~親が変わり、子どもも変わる~」
(光文社新書)
山口 創 著より
 
 
 
 
マインドフルネスとは、


========
今、この瞬間の体験に
意図的に意識を向け、
評価をせずに、
とらわれのない状態で、
ただ観ること
========
(日本マインドフルネス学会)
 
 
と定義されています。
 
 
「観る」の意味は、
見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらに
それらの行為によって生じる心の働きをも観る、
 
 
ということだそうです。
 
 
 
目の前のことをしながら、
別のことを考えていないと、
仕事や生活に支障がでてくる「今」という時代。
 
 
 
なかなか、
目の前の「いま、このとき」
集中できることって、ないですよね。
 
 
 
 
まさに、
マインドフルな状態になれる時間は、
意識して作らないといけなくなりました。
 
 
 
一方で、
 
 
子どもや動物たちをみていると、
じつに上手にマインドフルネスを
実践しているなぁと感じます。
 
 
 
彼らは無意識だと思いますが、
ただただ「いま、ここ」に
注意が向いている生き方をしています。
 
 
 
私たち大人よりも、
上手にエネルギーを使って、
生活しているようです。
 
 
 
 
 
 
今日から1日5分でも、
「マインドフルネス」の時間を
意識してみませんか?
 
 

新人獣医師や動物看護師向け限定!メルマガ開始

動物病院で働く
新人の獣医師さんや動物看護師さん向け
限定メルマガを新しく始めます!

 
その想いは、
「動物が好きでこの仕事を選んだ人たちが、
この業界でメンタル強く働き続けてほしいから」
です(*^^*)

 

内容ですが、
1分くらいで読める短いものにチャレンジしようかと思っています。
いつも長いのに、できるのでしょうか???(笑)
 
 
【内容】
・動物病院スタッフ間コミュニケーションのコツ
・診察や受付でのビジネスマナー
・新人に必要な「うまくいく思考」 など
 
 
【対象】
・動物病院で働く新人スタッフさん
(ご登録はどなたでもOKです^^)
 
 
 
内容もさることながら、
短くまとめること、続けること、
ハードルがたくさんありますが(笑)
応援をお願いします!^^

 

 

 

以下が、メルマガ登録フォームです。
 
 
『動物病院で働く新人スタッフのための
 1分で読めるコミュニケーションいろはノート』手紙
 
     ↓  ↓  ↓
 
 
 
ご紹介なども大歓迎(*^▽^*)
ご登録をお待ちしています♪
 
 
 

成長の好循環を作る

動物病院のお仕事で、
最近特に嬉しかったこと。
 
 
それは、
スタッフの成長がみられること。 
 
診察時の獣医療コミュニケーションをみてほしいと依頼をいただき、
定期的に伺っている動物病院があります。
 
 
 
もともとは、
院長先生ご自身の診察で、
気になる点をフィードバックしてほしいということで、始まりました。
(この点も素晴らしいですね ) 
 
 
もちろん、
私が見させていただくのは、
獣医学的な観点からではなく、
あくまでもマナーやコミュニケーション面に関してです。
 
 
 
「動物と、飼い主さんが、
安心して診療を受けられて、
満足していただくためには
どうしたらよいか?」
 
 
その一点のみを考えて、
コミュニケーション上の
アドバイスをします。
 
 
 
 
機会があれば、
院長先生だけでなく、
勤務医の方々にも、
フィードバック。
 
 
 
そのときは、
コーチングスキルを使った
関わりかたを心がけています。
 
 
 
とくに、
本人や、周りの人は、
より良い変化に気づかないことが多いので、
その点は意識して伝えています。
 
 
今回、2年目に入る先生も、
ものすごく変わっていました。
 
 
飼い主さんに対する態度や聞き方、
動物への接し方や、診察の進め方。
飛躍的に伸びていました!!!^^
 
 
その堂々とした態度や、
無理なく余裕ある会話、
先生自身の、内面の「自信」からだと思います。
 
はじめからうまくいく人はいないです。
 
 
それでも、
あきらめずに、
1つ1つ学んできたことが、
必ずこうして実をなし、
「成長」につながるということを、
おしえてもらいました。
 
 
 
4月からは彼女が先輩になり、
新しく入社する先生を、
指導していく立場。
 
 
 
教えることで、人は成長します。
 
 
 
 
こうした成長の好循環。
 
 
 
たのもしく、
また楽しみでもありますね!
 
 
 
 
わたしも、
一歩一歩、
焦らずに、
前に進もうと、
逆に励まされました^^
 
 

第39回動物臨床医学会年次大会に参加してきました

 
2018年11月16~18日に大阪で開催された
「第39回動物臨床医学会年次大会」にて
無事に発表を終えてきました。

 

 
今回の発表タイトルは、
 
「院長先生!スタッフはこんなところで悩んでいます
 事例で学ぶマネジメント」でした。

 
 
 
職場のストレスで、

最も多い問題は「人間関係」だといわれています。

以前の私、
動物病院に獣医師として
勤務していたときのストレスも同じく
人間関係でした。

誰との関係かというと・・・
上司となる
「院長との関係」に悩んでいました(笑)。

この仕事をするようになって、
はじめて院長先生の本音を理解できるようになりましたが、
当時は心の余裕がありませんでした。

 
 
 

そんな反省点も含め、
今現在、動物病院で働いている
スタッフの心の声も届けられたら・・・

という思いから1時間お話をさせていただきました。
 
 
 
 

動物病院で働くスタッフが抱えている悩み、
経験年数やそれぞれの性格、おかれた環境によっても、
 内容は多岐にわたります。

 
 
 

限られた時間ではありましたが、
発表後に共感くださった先生方から声をかけていただき
大変嬉しかったです。

 

このような貴重な機会をいただけたご縁、
ありがたいことだと思っています(*^-^*)

 

 
まだまだ未熟な発表に
耳を傾けてくださった先生方に
この場をかりて感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
 
 
 

 

 

 

組織が大きくなるときに 置き去りにされるスタッフの気持ち

☆*・゜゜☆ ご案内 ☆*・゜゜☆
先日、第7回目を迎えたPET JOB交流会。
無事に終えることができました^^
ご参加くださった方々、ありがとうございました!
☆*・゜゜・*.:・゜゜・*:.☆・゜゜
 
 
 
さて先日、ある動物看護師さんと、
お話をする機会がありました。
 
 
 
彼女は、10年近く動物病院に勤めているのですが、
最近、スタッフの人数が増えてきて、
「情報共有」に戸惑っているとのこと。
 
 
その中で、
気になったことがあったので、
今回はそのことについて、
お届けいたします。
 
 

==========

組織運営で必要な情報共有

==========

 

どのような組織でも必要とされる「情報共有」。
みなさんの職場では
どのようになさっているでしょうか?
 
 
動物病院では、
日々の来院業務だけでなく、
入院管理などもあるので、
カンファレンスといって、
毎日スタッフ間で情報共有が行われます。
 
 
 
また同時に、
 
病院の運営上必要とされる
システムやルール、シフトや在庫管理等の変更があれば、
情報を全員が共有し、話し合う場も作る必要があります。
 
 
 
最近では、月に1回は必ず
全体ミーティングを実施している病院が増えてきていますよね^^
 
 
 
 
ただ、
気をつけていただきたいのは、
スタッフの人数が増えてきている
移行期である場合です。
 
 
 
規模が大きくなってくると
一部の人間で、事前に話し合い、
ある程度まとめた上で
「全体ミーティング」に議題をあげないと、
限られた時間では、話し合いや情報共有が進まなくなります。
 
 
 
今回お会いした
動物看護師さんの病院内でも、
全体ミーティングの前に、
院長先生と一部の勤務獣医師で、
何やらミーティングがあるようなんです。
 
 
 
それは、問題ありません。
 
 
しかし、
 
彼女は何に戸惑っているかというと


 
最終的に、その内容がわからない、というのです。
 
 
 
「いつもドアを閉めて話し合っているけど、
 内容がまったくわからず、
 会議でそれに関する話もでない。
 なんだか、
 (私は)必要ないと言われているようで・・・」
 
 
彼女いわく、
 
 
ミーティングを円滑に進める上で、
上の立場の人が
事前に話し合うのはわかる。
 
 
けれど、
 
一緒に働いている他の動物看護師や、
長年働いてきた自分の耳に、
「今、どのようなことが話し合われていて、
 何が決まったのか」など、
全く情報が入ってこない。
 
 
動物病院が大きくなるって、
こういうことなのでしょうか?
 
とのこと。
 
 
 

===========

組織が大きくなるときに
置き去りにされるスタッフの気持ち

===========

 
 
 
モヤモヤとした
彼女の気持ちを代弁すると、
 
 
「同じスタッフなのに、
 獣医師と動物看護師で
 扱いに違いがあって悲しい」
 
 
「秘密裏に話が進み、
 蚊帳の外で物事が進んでいくのをみると
 存在を無視されている気がして寂しい」
 
このような感じでしょうか?
 
「悲しい」とか「寂しい」とか、
感情論で仕事はするものではない、
と思われている方が
もしかしたら
いらっしゃるかもしれません。
 
 
しかし、
動物看護師さんは特に、
「共感力」が強く、
人の気持ちを大事にする方が多いです。
 
 
気持ちや感情といった部分を
無視することはできません。
 
 
実際、彼女の仕事への意欲は萎えていました。
 
 
 
どんどん変わっていく
新しい動物病院に、
気持ちがついていけないのです。
 
 
 
 
私には、
彼女の悲しい気持ち、
とてもよく伝わってきました。
 
 
 
 
後輩への影響もあるため
自分の感情を抑え、
表面的には冷静に働いている
ベテランと言われる彼女、
 
「仕事では感情を出してはいけないので…」
と本音を話してくれました。
 
 
 
今回のエピソード、
あなたはどのように受け止めますか?