組織が大きくなるときに 置き去りにされるスタッフの気持ち

☆*・゜゜☆ ご案内 ☆*・゜゜☆
先日、第7回目を迎えたPET JOB交流会。
無事に終えることができました^^
ご参加くださった方々、ありがとうございました!
☆*・゜゜・*.:・゜゜・*:.☆・゜゜
 
 
 
さて先日、ある動物看護師さんと、
お話をする機会がありました。
 
 
 
彼女は、10年近く動物病院に勤めているのですが、
最近、スタッフの人数が増えてきて、
「情報共有」に戸惑っているとのこと。
 
 
その中で、
気になったことがあったので、
今回はそのことについて、
お届けいたします。
 
 

==========

組織運営で必要な情報共有

==========

 

どのような組織でも必要とされる「情報共有」。
みなさんの職場では
どのようになさっているでしょうか?
 
 
動物病院では、
日々の来院業務だけでなく、
入院管理などもあるので、
カンファレンスといって、
毎日スタッフ間で情報共有が行われます。
 
 
 
また同時に、
 
病院の運営上必要とされる
システムやルール、シフトや在庫管理等の変更があれば、
情報を全員が共有し、話し合う場も作る必要があります。
 
 
 
最近では、月に1回は必ず
全体ミーティングを実施している病院が増えてきていますよね^^
 
 
 
 
ただ、
気をつけていただきたいのは、
スタッフの人数が増えてきている
移行期である場合です。
 
 
 
規模が大きくなってくると
一部の人間で、事前に話し合い、
ある程度まとめた上で
「全体ミーティング」に議題をあげないと、
限られた時間では、話し合いや情報共有が進まなくなります。
 
 
 
今回お会いした
動物看護師さんの病院内でも、
全体ミーティングの前に、
院長先生と一部の勤務獣医師で、
何やらミーティングがあるようなんです。
 
 
 
それは、問題ありません。
 
 
しかし、
 
彼女は何に戸惑っているかというと


 
最終的に、その内容がわからない、というのです。
 
 
 
「いつもドアを閉めて話し合っているけど、
 内容がまったくわからず、
 会議でそれに関する話もでない。
 なんだか、
 (私は)必要ないと言われているようで・・・」
 
 
彼女いわく、
 
 
ミーティングを円滑に進める上で、
上の立場の人が
事前に話し合うのはわかる。
 
 
けれど、
 
一緒に働いている他の動物看護師や、
長年働いてきた自分の耳に、
「今、どのようなことが話し合われていて、
 何が決まったのか」など、
全く情報が入ってこない。
 
 
動物病院が大きくなるって、
こういうことなのでしょうか?
 
とのこと。
 
 
 

===========

組織が大きくなるときに
置き去りにされるスタッフの気持ち

===========

 
 
 
モヤモヤとした
彼女の気持ちを代弁すると、
 
 
「同じスタッフなのに、
 獣医師と動物看護師で
 扱いに違いがあって悲しい」
 
 
「秘密裏に話が進み、
 蚊帳の外で物事が進んでいくのをみると
 存在を無視されている気がして寂しい」
 
このような感じでしょうか?
 
「悲しい」とか「寂しい」とか、
感情論で仕事はするものではない、
と思われている方が
もしかしたら
いらっしゃるかもしれません。
 
 
しかし、
動物看護師さんは特に、
「共感力」が強く、
人の気持ちを大事にする方が多いです。
 
 
気持ちや感情といった部分を
無視することはできません。
 
 
実際、彼女の仕事への意欲は萎えていました。
 
 
 
どんどん変わっていく
新しい動物病院に、
気持ちがついていけないのです。
 
 
 
 
私には、
彼女の悲しい気持ち、
とてもよく伝わってきました。
 
 
 
 
後輩への影響もあるため
自分の感情を抑え、
表面的には冷静に働いている
ベテランと言われる彼女、
 
「仕事では感情を出してはいけないので…」
と本音を話してくれました。
 
 
 
今回のエピソード、
あなたはどのように受け止めますか?
 
 

仕事のやりがいのみつけ方

動物病院での面談だけでなく、

おかげさまで動物病院で勤務している

獣医師や動物看護師さんからのご相談を受けることが増えてきました。

 

 

そういったご相談を通して、

「やりがいをもって働く人」と

「やりがいがみつからない人」の違い

何があるのだろう? って、最近よく考えます^^

 

 

みなさんは、どう思われますか?

そもそも、“やりがい”って、何でしょう?(笑)

 

「やりがい」って何???

 

デジタル大辞泉(小学館)によると、

 

「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り」

 

と書かれています。

 

 

他の言葉で表現すると、

「達成感」とか、「満足感」など、でしょうか?

 

 

 

やりがいをもって働いている人は、

そもそも、「やりがいがある、ない」なんて、

考えることもなく、

日々過ごしているかもしれませんが(^-^;

 

 

やりがいがみつからない!と話す人は、

 

「何のために働いているのだろう?」

といった虚無感、

 

「仕事にやりがいが感じられない」

といった焦り、

 

「やりがいがない仕事は、自分に合わないのかも」

といった不満・・・等々

 

その人の状況や、考え方で色々だとは思います。

 

 

そして、

 

本人が気づいているかはわかりませんが、

 

「やりがいある働き方をしたい!」

 

といった強い欲求を感じます。

 

と同時に、

 

「やりがいをもって働かなければならない!」

 

といった思い込みもあるのかなぁと。

 

 

そんな方に朗報!!!

(おおげさですね笑)

 

 

先日、毎月継続で学んでいる

「ストレスクリア(R)コーチング」の

フォロー講座の中で、代表の森さんがこんな話をしてくれました^^

 

 

 

「仕事にやりがいをもてない」、または

「仕事に楽しさを見出せない」と悩んでいる方の

ヒントになるのではないかと思い、シェアしますね。

 

仕事のやりがいと、楽しさって、共存するの?

 

============

“そもそも仕事は「人が喜ぶことをすること」

 

仕事という行為に、

自分の楽しさを求めるのがおかしい。

 

責任をもってやれば、苦痛も楽しさに変わる。

 

仕事をするとは、

自分と向き合わざるを得ないことだ。”

と。

============

 

ようは、

お客さんがあってすること、ですよね。仕事って。

 

そこで、

やりがいや、

楽しさといったことが、

仕事で見いだせない!

と自分のために考えて悩んで、

足踏みをしているくらいなら、

 

まずは大変でも、しんどくても、

全て自分が引き受ける覚悟で、

責任もって取り組んでみよう!

 

と。

 

その結果、

苦痛に感じていた仕事を通して、

「楽しさ」や「喜び」、「達成感」などの

やりがいを掴めるということ。

 

 

私は、そう理解しました(*^-^*)

 

 

また、

 

 

=============

 “受動的に

「やらされ感」をもってやっていると、

いつまでも仕事はつまらない。

 

でも責任感をもって、

能動的にする仕事は、

楽しい。”

=============

 

とも。

 

いかがでしょうか?

 

「仕事にやりがいが感じられない」

とか、

 

「やりたいことがわからない」

といったことで、

 

 

もし悩んでいる方がいらしたら、

 

いま、この瞬間から、まずは、

自分の全てをかけるほどの強い覚悟で、

「責任」をもって、「主体的」に、

目の前にある仕事に取り組んでみてくださいね。

 

 

 

それでも、

「なんだかモヤモヤして働けない」とか、

「そんなエネルギー、わいてこない」とか、

「頭ではわかるけど、生きるのが苦痛でしんどい」

・・・等々

 

といったお悩みがある方は、

メッセージをお待ちしています(*^-^*)

 ↓  ↓  ↓

「メッセージフォームはこちら」

 

 

動物と人が幸せになるための獣医療マネジメント研究会

 
動物病院は獣医師である院長先生が
経営者であることが多いです。
 
 
トップダウンで運営し、
組織を大きく成長させています。
 
 
 
特に、勢いがある動物病院は、
リーダーである院長先生に統率力があり、
皆で同じ方向を向いて、一気に駆け上がっていきますよね。
 
 
ただ、
 
組織が大きくなり始めると、
少しずつ問題が表面化してくることがあります。
 
 
 
新しく入社した人がすぐに辞めてしまい、
定着しなかったり、
 
情報共有ができず、クレームにつながったり、
 
期待していた人材が、急に離職したり・・・
 
 
今までのやり方では、通用しなくなります。
 
 
スタッフが少人数で、毎日のように顔を合わせ、
朝から夜まで家族以上に一緒にいるときは問題にならなかったことが、
いろいろな障壁となって、あらわれてくる・・・。
 
 
考えられる原因は、もちろん1つではありません。
 
 
ただ、
その障壁をうまく乗り越えて、
成長し続けている組織には、
ひとつの共通項があるかなぁと思います。
 
 
それは




 
適切に機能する「ナンバー2」の存在です。
 
 
 
動物病院という組織全体を
院長と共にマネジメントする存在。
 
 
 
経営的な視点も忘れず、
獣医学的な知識も持ち、
スタッフを一人一人つなぎ、
まとめていく存在。
 
 
 
 
動物病院によっては、
マネージャーといった役職で、
新しく雇用している場合もありますし、
 
 
院長先生自身が、臨床現場から離れて、
マネジメントに集中している場合もありますが、
 
 
 
それが出来るのは、
かなり規模が大きくなっている動物病院です。
 
 
 
通常の動物病院では、なかなか難しいです・・・
 
 
 
その場合、どうするか???
 
 
今いるスタッフの中で、育てていくしかありません。
 
 
 
「え~、そんな人材、病院にいないよー」と思われますか?^^
 
 
大丈夫です(笑)
 
そんなに難しく考える必要はありません。
 
 
私は、マネージャーって、特別な能力は必要ないと思っています。
 
 
 
人を魅了するカリスマ性とか、
先頭で引っ張っていくような行動力とか、
そういったものではなく、
 
 
一言でいうと、
 
「自分のことをよく理解し、他人のことも理解できる人」。
 
 
 
はい、そうなんです。
 
ごくごく当たり前のこと、なんです(笑)
 
 
 
頭ではわかっていることだと思いますが、
じつは実践することが一人では難しいこと。
 
 
 
 
獣医学的な知識や技術力も、
もちろん大切なんですが、
それ以上に求められる能力。
 
 
 
・コミュニケーション能力
・マネジメント能力
・人間力
 
 
 
 
上記のようなことを、
じつは学ぶことが必要です。
 
 
今、そういったことを学ぶ勉強会を
動物看護師さん向けに企画中です。
 
 
 
いわゆる「座学」ではなく、実践型の勉強会。
 
 
 
「本気で自分を成長させて、動物業界で役立ちたい!」
 
 
と考えるメンバーで創れたらと思っています。
 
 
そのために、
 
「動物と人が幸せになるための獣医療マネジメント研究会」
 
というFacebookグループを発足させました。
 
 
マネジメント全般について考えていく上で、
私一人の知識や経験では全く足りませんので、
様々な方の知識や経験のお力をお借りして運営していきたいと思っています。
 
 
もし、興味がある!という方がいらしたら、
ご協力をお願い致します。
 
 
 
獣医療マネジメントについて、
真剣に考えたい!学んで実践したい!
といった方々の役職や経歴を超えたコミュニティです。
 
 
┏━┓
┃☆┃お問い合わせフォーム
┗━╋*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
 
 こちらからどうぞ
 ↓    ↓   ↓
 
“獣医療マネジメント研究会について” とご記入の上ご連絡下さい。
 
 
 
グループは、秘密のFBグループ(検索できないグループ)です。
まずはWEB上でコミュニケーションがとれたら、と考えていますので、
ぜひお気軽にメッセージをいただけたら嬉しいです!
ご連絡を心よりお待ちしています^^
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
2018年5月23日(水)開催予定
参加申し込みはこちらをご覧ください。
 
講演テーマ
「ペット保険関連獣医療サービスの現状と、予防ビジネスについて」
 
過去の交流会の様子はこちら
→ https://ameblo.jp/vet-communication/entry-12352862892.html
 
 
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
 
個別説明会☆開催中です!
お問い合わせください。
===========
 
 

最高の学びの時間(リーダーズ研修)

最高の学びの時間(リーダーズ研修)
 
 
 こんにちは!
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
先日、沖縄に行ってきました!
 
観光ではなく・・・(笑)
リーダーズ研修です^^
 
 
「マネジメント」、「ホスピタリティ」
そして、
「リーダーとして備えるべきマインド」etc
 
多くの学びの機会をいただきました。
 
 
それも憧れの念願の場所で☆
素晴らしい方々と一緒に!
とても素晴らしい時間とお仲間で、
最高の3日間でした(*’▽’)
 
簡単に内容をご紹介すると・・・
 
============
 
 
仕事に対するマインド、
使う言葉、立ち居振舞い、
職場への愛着や誇り、
役割に対する責任。
 
 
 
あらゆることを、
いろいろな立場の方からおしえていただく
とても濃いプログラム。
 
 
同じ空間や時間を過ごした感動を、
今もかみしめています。
 
 
 
 
セミナー内容しかり、
書ききれないほどの
課題やエピソードがありますが、
印象に残っていることの1つをご紹介。
 
 
 
最終日の夕食会の席で従業員の方に
不躾ですが以下のような質問を
させていただきました。
 
 
 
 「◯◯さんにとって、
  会社の魅力は何でしょうか?」
 
 
 
どのように
答えてくださったと思いますか?(^-^)


しばし考えられたあと
このように答えてくださいました。
 
 
「私にとっての会社の魅力は、
”常に向上心をもてること” です」と。
 
一見
シンプルな言葉ですが、
その言葉に宿る
今までのご経験に対する誇りや
会社への感謝の気持ちが伝わってきて、
感動いたしました(o^O^o)
 
 
 
さすが、
部門をまとめあげるリーダーの方のお言葉。
 
 
 
このようにサラリと上司が答える職場は、
部下も、もちろん、
生き生きと楽しく働けるでしょう。
 
 
 
 
また、
お客様が喜んでくださった
実際のエピソードを
スタッフさんがシェアしてくださったんですが、
 
 
お客様の幸せな気持ちを想像すると、
目が潤んできました^^
 
 
 
居心地のよい、
安心できる空間は、
このようなスタッフの方々の力に、
支えられているんですね。
 
 
 
さりげない人の優しさや真心、心遣いを体感☆
 
 
 
 
獣医業界で働く方々の
マネジメントやメンタルヘルス、
人材育成に活かすヒントが
いっぱいの三日間でした!
 
 
 『リーダーシップ』
 『ホスピタリティ』
 『マネジメント』
 
 
これから1つ1つ。
 
あらためて
実践していくための具体策を
考えていきたいと思います。
 
 
 
 
また今回、
獣医業界で活躍されている
頼もしい先生方とご一緒できたことも、
わたしにとって財産となりました。
 
 
 
 
それぞれに
熱いパッションと
ユーモア、
そして
冷静な分析力を
もちあわせた
魅力的な三人男性陣。
 
 
 
 
高い志をもった方々と一緒に過ごすだけで、
エネルギーが高まりますね。
 
 
主催者の鈴木克彦先生、
ご縁をつなげてくださった牧田先生、
素晴らしいご縁に感謝です☆
 
 
 
また参加したい贅沢な沖縄合宿。
 
時々は必要ですね。こういった時間。
 
 
自分をさらに高められる
最高の学びの旅でした!
 
 
今回の学びを自分なりにまとめ、
ブログでも今後シェアしていきたいと思います。
 
 
 
本日は以上です^^
 

スタッフのやる気がでない理由を考える

こんにちは!宮下ひろこです。
本日は、『スタッフのやる気がでない理由を考える』について、お届けします!

 
 


 
 
 
動物病院で働くスタッフの相談で、
「やる気がでないとき、どうしたらいいか?」
といったことが質問されます。
 
 
 
“やる気がでない・・・”
 
 
 
 院長先生のため息がそのまま聞こえてきそうな言葉。
 困りますよね。。。
 
 それを、もしスタッフが耳にしたら、
 もっと溜息がもれそうです。
 
 
 
でも、心配しないでください(*´∀`)
 
 
やる気がなくなることって、誰にでもあります。
(ありませんか?)
 
 
じつは、
私もやる気が出ないときがありますし(笑)
 
 
人の感情に浮き沈みはつきもの。
長期的なものでなければ、心配いりません。
 
 
 では、慢性的にいつもやる気がない人には、
どう対処したらよいのか???
 
 
 
まず、
やる気が出ない人をどうするか?
を考えるとき、
 
 
「なぜ、〇〇さんはやる気がないんだ!」
 
 
 
という、
批判や叱責の気持ちがある場合は、
ひとます心に納めましょう(^^)/
 
 
(これ、大事です)
 
 
そして、
 
 
大きく2つの視点に分けて
考えるとよいかもしれません。
 
 
 
やる気が出ない原因探し、
1つ目の視点は、
「メンタル不調の状態であるか、ないか」
 
 
 
そして2つ目は、
「個人の問題なのか、組織の問題なのか?」
です。
 
 
 
メンタル不調の状態が認められるスタッフで、
かつ個人的な問題が原因の場合は、
動物病院でできることは限られてきます。
 
 
またかえって「やる気を出させよう」と
働きかけることがプレッシャーになり、
本人にとってマイナスになることもあるので、
 
できるだけ早めに
専門家(医者やカウンセラーなど)へ
相談を促していくようにお願いしています。
 
 
 
 
次に、
メンタル不調の状態ではない人で、
個人的な問題なのか組織の問題なのかを、
見極めるようにしています。
 
 
 
個人的な問題(例えば、個人の性格や家族問題など)を
抱えている場合は、
本人の意思も影響し、時間がかかるため、
関わる優先順位としては下がります。
 
 
 
やる気がない人の中で、
最もアプローチすべきなのは、
 
 
じつは、
もともとやる気はあったのだけれど、
組織の問題(例えば、人間関係や組織運営、職場環境など)が障害となり、
結果的に「やる気がくじかれてしまった」という人、
今一時的にやる気が出ていない人に注目してほしいのです。
 
 
 
彼ら、彼女たちがもつ、
もともとあった仕事に対するやる気を、
元に戻すことに注力したほうがよいですよね。
 
 
 
たとえばの事例ですが、
 
============
 
・大学卒業後、勤務して半年以上たっても、
犬舎掃除や検査補助、入院管理が主な仕事で、
診察に出ることがなかなか許されない新人獣医師。
 
 
 
・院長に治療の相談をしたら
「自分で調べて考えろ」と言われ、
相談しなかったら
「ちゃんと事前に確認して」と叱られ、
どうしていいかわからない状態が繰り返される勤務獣医師。
 
 
 
・忙しい病院で昼休みも交代で一人でとり、
なかなか先輩とも仲良くなれず孤立状態、
院長には叱られてばかりで相談できる人がいない新人の動物看護師。
 
 
 
・飼い主さんのために栄養学の勉強をして、
受付で相談にのっていたら、
「無駄話していないで、早く手伝って」
と言われた動物看護師。
 
 
 
 
・動物看護師の意見をまとめて、
会議で業務改善の提案を発言をしても、
十分に話を聞いてもらえぬまま、
獣医師の一言で反対されてしまう動物看護師長。
 
============
 
上記は、相談された例のごく一部ですが、
大抵は人間関係のことが原因で、
やる気がそがれてしまったケースです。
 
まさに、
 
アドラー心理学で言われる
「勇気づけ」とは反対のこと
「勇気くじき」がそこにはあります。。。
 
 
 
やる気がないスタッフと決める前に、
「やる気がくじかれていないかどうか」、
組織の人間関係やコミュニケーションを
見直すことが大切ですね。
 
 
やる気がもとに戻るように、
(願いも込めて・・・)
 
まずは
「勇気づけ」や「承認」を意識した
コミュニケーションで過ごしましょう(*´∀`)
 
 
そして、
相手の心に、
「やる気の火」が灯ってくれるまで、
信じて待ってみませんか?