安心感を届ける大切な3つのポイント

 
最近のお天気、寒暖さが激しくて
体調管理が大変ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
 
 
新型コロナのこともありますし、
十分に健康にはお気をつけください。
 

さて、

前回は「モチベーションを保つこと」を
テーマにお届けしましたが、覚えていらっしゃいますか?

大事な要素として「新鮮さ」について書きました。

今回は、

 

行動を促すために必要な快となる「安心感」を
どのように生み出すかについて考えたいと思います。

自分の「居場所」に対する安心感や、
「自分自身」への信頼や安心があると
余計な心配や不安から解放され、
目の前のことに集中でき、
モチベーションも保ちやすくなります。

結論からいいますと、

職場で最もわかりやすく安心を相手に届ける方法は、

「周囲からの評価」です。

 

評価の内容も色々あり、まとめると以下の3つになります。

=========

①感謝や賞賛されること
 =“過去”の自分を認められる

②信頼して任せてもらえること
 =“現在”の自分の認められる

③期待されること
 =“未来”の自分を認めてもらえる

=========

以上のような機会をスタッフにどれだけ与えられているか、

また、

個人ベースでも、上記のような3つを得るために
どういった行動や工夫ができるか考えることも大切です。
 

例えば、

①のために

日頃の「ありがとう」を伝えられる面談をする

②のために

どんどん仕事を振り分けてやってもらう

③のために
何か1つ専門性を身につける機会を与える 

 

等々。
方法はいろいろありますよね。
 
お互いの働きかけや行動で、
それぞれのモチベーションを保つこと、
職場内でどのようなことができるか
一度考えてみてはいかがでしょうか?

承認って、照れくさい?

 
さて、
本日はコーチングについて書きたいと思います。
 
 
 
コーチングでは、
「承認」を大切にしていますが、
「誉めること」と同じことだと思うようで、
普段あまり人を誉めない人にとっては、
とても照れくさいようです(笑)
 
 
先日動物病院の院長先生にも
同じようなことを言われたばかり。
 
 
「承認」には、
もちろん誉めることも入りますが、
それだけではありませんよね。
 
 
 
また同時に、
相手をおだてて動かすために、
思ってもいないことを言葉にすることでもありません。
 
 
まずは目に見える「事実」に注目し、
そのまま素直に言葉にすればよいのです。
 
 
 
簡単なのは「あいさつ」。
 
 
相手が存在する事実に対して、
「わかっているよ」「認めているよ」
と伝えるメッセージですよね。
 
 
 
相手の表情を見て、笑顔であいさつをしていますか?
 
簡単なことなのに、毎日のことだから
意外におざなりになっていることありませんか?
 
 
また、
ちょっと素直に「ありがとう」と言えなくても、
 
笑顔で「整理して片づけてくれたんだ」
と言えばいいですし、
 
「すごく良くなった!」と誉められなくても、
「前回に比べて○○ができるようになったね」
 
と事実を具体的に伝えればいいのです(*´▽`*)
 
 
 
 
そのためには、
日々相手の様子を観察し、
それぞれが持つ強みや長所、
また変化や成長に「あっ」と気づき、
心に留めることから始まります。
 
 
 
ぜひ職場やご家庭で、
まずは自分からの「承認」を
始めてみてくださいね。
 
 
本日は以上です!
 
 
 
急に朝晩冷え込み始めました。
風邪などにはお互いに気をつけましょう~
 
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
 
 
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 ベーシック講座&実践講座開催
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 

承認欲求って、あってはダメなもの?

 

この時期、動物病院で働く
新人の獣医師さんや動物看護師さんから、
お仕事の相談をされることが増えます。
 
 
 
 
6月に入り、
少しずつ仕事にも慣れて、
忙しさも落ち着いてくるからでしょうか。
 
 
仕事内容、人間関係、将来への不安・・・
内容はいろいろです。
 
 
 
 
話を聞きながら、
 
「頑張っている私を認めてほしい」
 
「役立っていることを感じたい」
 
といった「承認欲求」を感じます。
 
 
 
 
 
「承認欲求」は
どのような方にもあるといわれています。
 
 
最近思うのですが、その承認欲求・・・
 
 
持っていることを認めたくないのか、
時々否定する方がいますが、
 
そんなとき、
あってはダメなのかな?
と思うのです。
 
 
 
 
もちろん、
承認欲求が過剰になりすぎて、
他人に対して
「認めて、認めて」だけになると、
 
期待通りの反応がない場合、
自分自身が苦しくなることがありますよね。
 
 
 
 
でも、
 
 
「私のことを認めて欲しい」って欲求は、
実は否定すればするほど、
追いかけてくるような、
まとまりついてくるようなもの。
 
 
 
 
周囲の人から、
「社会人として甘えている」とか、
「周りの評価は関係ないでしょう」と
 
否定されればされるほど、
 
承認欲求が全開になっていると、
余計に認めてもらいたくて、
空回りながらも頑張ってしまう。
 
 
 
 
“仕事って周りがどう評価しようが関係ないよ。
あなたはあなた”
 
って考え方は、頭ではわかるけど、
 
 
承認欲求の真っただ中の人には、
ものすごく受け入れるのが大変だと思うのです。
 
 
 
正しいのかもしれませんが、
他人から言われたところで、
素直に目を向けることができるほど余裕がない。
 
だって、
自分を認めてもらいたんだから。
 
 
 
 
まずは、
承認欲求の存在に気付き、
そんな自分自身であること、
そのままの自分を否定せずにいることが、
大切なのではないかと。
 
 
 
 
そのためには、
周りもそのことを
広い目で受け止めることが必要な気がします。
 
 
 
あってもいいんだ、と思えると、
自分のことだけでなく、
他人の「承認欲求」も、
当たり前に受け止められます。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。