「心、ここにあらず」になっていませんか?

 
以前の私は、いつも以下のような感じでした。
 
 
・先々の心配事で頭がいっぱい
 
・嫌なことが忘れられずに眠れない
 
・あれこれと色々考えてしまう
 
 
 
いつも頭の中がごちゃごちゃで、
考えれば考えるほど整理ができず、
ただただ毎日をこなすのが精一杯。
 
 
 
 
悩みやストレスが多かったです(>_<)
 
 
だからこそ、
カウンセリングやコーチングを学び始めたのですが
みなさんは、いかがでしょうか?
 
 
 
 
まだ起きていない未来のこと。
すでに終わって変えることができない過去のこと。
 
 
 
 
 
そのような思い悩むことに費やす
脳の「アイドリング状態」ともいえる活動に、
どのくらいエネルギーが費やされているか、ご存知でしょうか?
 
 
 
じつは、
意識的な反応に
費やされるエネルギーの、
 
 
 
 
 
『20倍!!!』 
 
 
 
にも達するということが、
最近の脳科学の研究からわかってきたそうです。
 
 
 
 
この状態の時、
意識は内向きになって、
自己にとらわれているといいます。
 
 
 
「マインドフルネス~親が変わり、子どもも変わる~」
(光文社新書)
山口 創 著より
 
 
 
 
マインドフルネスとは、


========
今、この瞬間の体験に
意図的に意識を向け、
評価をせずに、
とらわれのない状態で、
ただ観ること
========
(日本マインドフルネス学会)
 
 
と定義されています。
 
 
「観る」の意味は、
見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらに
それらの行為によって生じる心の働きをも観る、
 
 
ということだそうです。
 
 
 
目の前のことをしながら、
別のことを考えていないと、
仕事や生活に支障がでてくる「今」という時代。
 
 
 
なかなか、
目の前の「いま、このとき」
集中できることって、ないですよね。
 
 
 
 
まさに、
マインドフルな状態になれる時間は、
意識して作らないといけなくなりました。
 
 
 
一方で、
 
 
子どもや動物たちをみていると、
じつに上手にマインドフルネスを
実践しているなぁと感じます。
 
 
 
彼らは無意識だと思いますが、
ただただ「いま、ここ」に
注意が向いている生き方をしています。
 
 
 
私たち大人よりも、
上手にエネルギーを使って、
生活しているようです。
 
 
 
 
 
 
今日から1日5分でも、
「マインドフルネス」の時間を
意識してみませんか?
 
 

第39回動物臨床医学会年次大会に参加してきました

 
2018年11月16~18日に大阪で開催された
「第39回動物臨床医学会年次大会」にて
無事に発表を終えてきました。

 

 
今回の発表タイトルは、
 
「院長先生!スタッフはこんなところで悩んでいます
 事例で学ぶマネジメント」でした。

 
 
 
職場のストレスで、

最も多い問題は「人間関係」だといわれています。

以前の私、
動物病院に獣医師として
勤務していたときのストレスも同じく
人間関係でした。

誰との関係かというと・・・
上司となる
「院長との関係」に悩んでいました(笑)。

この仕事をするようになって、
はじめて院長先生の本音を理解できるようになりましたが、
当時は心の余裕がありませんでした。

 
 
 

そんな反省点も含め、
今現在、動物病院で働いている
スタッフの心の声も届けられたら・・・

という思いから1時間お話をさせていただきました。
 
 
 
 

動物病院で働くスタッフが抱えている悩み、
経験年数やそれぞれの性格、おかれた環境によっても、
 内容は多岐にわたります。

 
 
 

限られた時間ではありましたが、
発表後に共感くださった先生方から声をかけていただき
大変嬉しかったです。

 

このような貴重な機会をいただけたご縁、
ありがたいことだと思っています(*^-^*)

 

 
まだまだ未熟な発表に
耳を傾けてくださった先生方に
この場をかりて感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
 
 
 

 

 

 

あなたが悩んでいる本当の理由

 
本日は人の悩みについて、お届けします。
 
 
まずは、質問です!
今、あなたには「悩み」ありますか?
本気で、心から、解決したい「悩み」。
 
 
 
悩みは一切ない!という方も、
中にはいらっしゃるかもしれませんが^^
 
 
 
人の悩みには、
じつは解決につながる「理由」があるんです!
 
 
 
その理由がわかると、その悩みは意外に簡単に解決します。
 
少し、わかりづらいかもしれませんので、続けますね。
 
 
 
わたしは職業柄、人のお悩みを聞く機会が多いです。
そのなかで、ひとつ気付いたことがあります。
 
それは、
 
『悩みの先には、
その人が一番大事にしていることが隠れている』ということ。
 
そして、多くの場合、
 
『悩みの解決策は、すでにその人の心の中にある』
 
ということです。
 
 
 
ただ、多くの場合、
そのことに本人は気づいていないことが多いです。
 
 
うっすら、なんとなく、
見えているのかもしれないのですが、
その「理由」を見るのが恐いので、
気づかないふりをしていることもあります。
 
 
 
人は通常、
自分の「外」に解決策はあるはずだ
と知識を増やしたり、
いろんな人にアドバイスを求めたりします。
 
 
 
場合によっては、
外から真の理由を指摘されると、
「そんな理由は、解決策ではない!」
と自分の心の中で拒否してしまうことも。
 
 
 
 
本当は、
解決策はあなたの心の「内側」に
すでにあるのです。
 
 
 
あなたが悩んでいる
心の奥の、本当の理由。
 
 
 
 
その真の理由に、
実は素直に従ったほうが、
物事の解決には早道。
 
 
 
カウンセリングやコーチングは、
その悩みの「理由」をご自分でみつける
お手伝いをしています。
 
 
 
その理由に向き合うのは、
少し大変な面もあるんですけどね^^
 
 
 
今の悩みを本気で解決したい方は、
ぜひカウンセリングやコーチングをぜひお試しください。
 
==============
成長と学びのためのコーチング説明会
ZOOMか都内にて説明会を開催しています!
料金:5,000円 / 約90分
 
お申込みはこちらからお願いします↓
 
==============

5~6月は離職予防月間!

5~6月は離職予防月間!
 
春から働き始めた新人さんにとって、
ゴールデンウィーク明けの5月は
少し緊張感が解けて、
いろいろ考え始めるときです。
 
 
 
4月は忙しい時期でもあり、
慣れない新しい環境に必死についてこようとします。
 
 
 
人によっては、
頑張りすぎていることもあるので、
気がつかないうちに溜まった
肉体的な疲労と精神的な緊張が
GWのお休みで少しゆるみます。
 
 
 
たとえば、
卒業後久しぶりに同期の友人と遊んだりすると、
うまく気分転換できる人がいる一方で、
 
他の動物病院の話が良く見えてきて・・・
 
自分の環境と比較して、
悩みが生まれてしまうこともあります。
 
 
 
「この仕事、私に合っているのかな?」
 
「こんな状態で続けていけるのかな?」
 
「職場選び、間違えたかな?」 
 
 等々
 
 
 
以前、ちょうど一年くらい前、
ある新人の動物看護師さんが、
 
「全然、みんなになじめていない。
 
  私の居場所がない気がします・・・」
 
 
と、涙を浮かべて話してくれたことがあります。
 
 
 
こんなふうに、
周りの人にサインを出してくれれば、
何かしらの対応ができますが、
突然辞めてしまったりすることもありますので、
この時期対策を考えておく必要があるでしょう。
 
 
 
「居場所がない」
と感じていた動物看護師さんは、
様子をみていると、
昼休みなどもポツンと1人でお弁当を食べていました。
 
 
 
他のスタッフと
仕事上では話ができますが、
みんながワイワイしている昼休みなどは、
誰とも話せていません。
 
周囲のスタッフも、
悪気は全くなく、
今までと変わらない昼休みを過ごしています。
 
でも、
新しく入ってきた人にとっては、
昼休みといっても、
まだまだ緊張しているんですよね。
 
彼女はこう思っていました。
 
「どんな風に会話に入ればいいのかわからない。
プライベートな話を、どこまで聞いていてよいのかなど、気にしてしまう。」
 
 
 
まだ入社1ヶ月足らずで、
自分はなじめていないと感じるのは、
ある意味当然なことですが、
当の本人にとっては、
とても着心地が悪く、
つらいことですよね。
 
 
 
この彼女は幸い、
今でも同じ動物病院で、
楽しく働き続けています。
 
「なじめていない」
「居場所がない」
と感じていたのが嘘のようです(笑)
 
 
 
彼女には何が必要だったのでしょうか???
 
 
 
 
 
今年新しいスタッフさんを
迎えたという場合は、
ぜひ以下の点をチェックしてみてください。
 
 
 
==================
新人スタッフの周囲に、
関心をもって話しかける人がいますか?
==================
 
誰か1人でいいんです。
 
気にかけてくれる人、
関心を持ってくれる人が、
新人さんの周りにいるでしょうか?
 
特別な話をする必要はありません。
 
昨夜のTV番組のこと、
好きなタレントや趣味の話、
休日にあった出来事、
飼っている犬猫の話や、
自分の仕事の失敗談など・・・
 
どのようなことでもよいのです。
 
自分の話をして、
相手の話も聞いてみてください。
 
 
 
少しずつ自分の話をしてくれるようになったら、
チャンスです!(*^_^*)
 
仕事で困っていることはないか、
体調は問題ないかなど、
少し深い話をしてみてください。
 
 
 
たった一人の存在が、
この5~6月を乗り越える活力となります。
周囲にいなければ、
ぜひあなたから声をかけてくださいね。
 
 
 
本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました(^-^)/