夢をかなえる一歩!2019年はどんな一年にしますか? 

 
 
新年明けましておめでとうございます!
 
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
 
 
2019年もあっという間に
1週間が経ってしまいました。
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
私はお正月に、姪っ子から風邪をもらってしまったようです(>_<)
喉の痛みに始まり、発熱・・・
おかげでお正月はゆっくり過ごせました(^^ゞ
 
 
 
 
 
年明け早々、ずっこけ気味にスタートしていますが(笑)
 
七草粥を食べて早く治したいと思います。
 
みなさんも、風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。
 
 
 
さて、すでにお仕事が始まっている方も多いと思います。
わたしも年末にお問い合わせがあった方の
カウンセリングのお仕事がありました。
 
 
 
テーマは、「ペットロス」。
 
 
大切なペットとの別れを経験すると、
いろんな後悔や自責を感じることがあります。
 
「あのとき、こうしていれば・・・」
 
 
誰にも話せなくて、
悩みに悩んでご連絡くださる方が多いです。
 
 
 
 
また、動物病院で担当の先生から言われた言葉の意味や、
ペットの最期の様子を獣医学的に詳しい説明を聞きたい
と、尋ねてこられるかたもいらっしゃいます。
 
 
 
 
生前に、私が直接診たわけではないので、
お答えできることは限られますが、
 
 
動物病院で働いた経験が、
ペットロスのカウンセリングでも役立っています。
 
 
 
 
昨年までは、
あまりペットロスのカウンセリングに
時間をさけなかったのですが、
 
 
 
 
お問い合わせも増えてきているので、
今年はもう少し、頑張ろうかと思っています。
 
 
 
 
特に、動物医療にかかわる方々の
仕事上で感じるペットロスへのサポート。
 
 
 
 
セミナーを行うだけでなく、
1対1のメンタルケアを
今年の目標として、何かカタチにしていきたいです。
 
 
 
 
 
 
みなさんは、今年の目標は立てましたか?
いろんな立て方があると思うのですが、
 
私は大きなテーマとして、
継続業務を深めて、
「質を高めること」
を目指したいと考えています。
 
 
 
 
 
今まで行ってきたこと、
まだまだ未熟で足りないところがいっぱいあります。
 
 
 
 
昨年は新しいことに挑戦したので、
今年は、それぞれを極めるために、
質を高めるために、行動していきたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
もし良かったら、
どんな目標を立てたか、メッセージください(*´▽`*)
 
 
 
 
┏━┓
┃☆┃メッセージをお待ちしています!
┗━╋*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
 
 こちらからどうぞ
 ↓   ↓   ↓
「メッセージ☆フォーム」
 
 
 
 
まずは、誰かに話すことが目標を叶える近道、第一歩です。
メッセージをいただけたらうれしいです( *´艸`)
 
 
 
それでは、本年もどうぞ宜しくお願い致します!
 
 
 
 
 

セミナーで必ず自問する質問 ~人生は質問力次第

 
10月21日(日)に都内で
「VSJサミット2018」がありました。
 
毎年1回開催され、今年で4回目だそうです。
 
 
運営しているVSJ代表の
三好先生も辻田先生も、
とても素晴らしい方々で、
そのお人柄によって世界レベルで活躍するメンバーが集まるサミット。
 
私にとっては、とっても刺激的な場所で、
毎回「スゴイ!!!」と感動することばかり。
会場のプラスのエネルギーを
もらいにいっている感じです(笑)
 
 
 
会場にいくのは私は3回目ですが、
まさにVSJのテーマである
「つながり」のありがたさを感じるサミットでした。
 
 
 
年々、参加するごとに知り合いの方が増え、
立場や役職の壁を越えて
話ができるのも魅力だと思います。
 
 
今年のテーマは「change!」
 
獣医業界といっても、様々な分野があります。
動物看護職、獣医療のチームワーク、
救命救急、学術論文など、幅広いテーマでのお話でした。
 
 
いろんな情報を得て、
また立場の違う人の考え方に触れ、
参加する度に毎回自分自身に質問します。
 
問われる質問力。(笑)
 
 
『さぁ、具体的に何をする?』
 
 
 
セミナーに参加したときには
必ず自分に問う質問です。
 
人生は『質問力』で決まります。
 
 
わたしの現在の答えは・・・
 
動物医療にかかわる人が、
健康で、幸せに暮らしていくため、
その最善策を探求していきたいなぁということ。
 
そして、
 
人の『メンタル』からアプローチで、
動物たちの幸せにつながることをする!
 
そうあらためて心に決めた日となりました。
 
 
具体策は秘密ですが(笑)、
また新たに未来が見えてきました!(^_^)
 
 
 
来年も参加したいです
貴重な一日をありがとうございました。
 
 

自分の働き方、人生は、自分でデザインする

 

JAHAの記念講演で、高野さんのお話を聴講させていただきました。

テーマは、

「ホスピタリティ溢れる組織づくり~モチベーション・アップを目指す~」。

 

・ホスピタリティとは?
・仕事との向き合い方
・自分の存在意義
・チームにおける思考回路
・センターピン

等々

 

一字一句逃したくないくらい、貴重なお話でした。

 

 

個人的に印象に残っているのは、

『自分の働き方、人生は、自分でデザインする』という言葉。

 

 

また、高野さんがメンターから受けたというパワフルな質問。

 

「あなたという存在の何が、
    周りの人(動物)を、
    幸せにしているのですか?」

 

この問いかけを、私自身、続けていきたいと思いました!

 

みなさんも、いかがでしょうか?(^-^)

 

気持ちのよい「返事」が行き交う職場

 
動物病院だけでなく、
歯科医院や役所、コンビニ、
飲食店や美容院・・・
ここ数週間で、
いろいろな場所を利用していますが、
そのときに感じること。
 
 
それは、
その場所で働く人同士の会話の気持ちよさです。
 
 
「〇〇お願いします^^」
「はい^^」
 
 
「手伝ってもらえますか?^^」
「はい、すぐにいきます!^^」
 
 
 
声だけでも、心の笑顔が見える
気持ちのよい会話のやりとり。
 
 
 
直接利用者には
関係がないやりとりでも、
さりげなく耳に入ってくるときに、
従業員どうしの関係性や心のやりとりが、
じつは伝わっています。
 
 
人間関係がよく、
楽しく働いている人が集まる職場では、
その場の空気や雰囲気が明るく軽い!
 
 
心地いいなぁと感じ、
また利用したいと素直に思います。
 
 
一方で、
 
人間関係にほころびがあり、
不満や不平を抱えて働く人が多い職場では、
空気が重く、ひんやりする雰囲気。
 
 
これは、
隠しようがなく、
自然と伝わってしまうものです。
 
 
あなたの働く職場は、いかがでしょうか?
 
 
=============
気持ちの良い「返事」が
行き交っていますか?
=============
 
 
 
時々、
上司から指示されているのに、
背中を向けたまま返事をしない人や、
 
 
 
部下から「今よろしいですか?」
と声かけしているにもかかわらず、
「無視」で返す人を
見かけることがあります。
 
 
 
「返事をしない」とか、
「無視をする」というのは、
相手の存在そのものを否定すること。
 
 
社会で生きていく以上、
絶対にやってはいけないこと
です。
 
 
 
逆の立場の気持ちを想像できたら、
できないことだと思うのですが、
 
それでもしているということは、
「無視」に何かしらのメッセージを
こめているのかもしれません。
 
 
そのメッセージ、
人間なのだから、
相手が受け入れやすい「言葉」にして、
伝えてもらえたら・・・
 
と思います。
 
 
 
 
職場でもし同じようなことが見られたら、
勇気をもって注意しましょう。
 
 
 
注意する立場でなければ、
信頼できる人に相談してくださいね。
 
 
とても大事な基本的なことですし、
組織や職場を健全に保つためにも、
「気持ちの良い返事」から心がけましょう。
 
 
 
本日は、以上です。
 
 

選挙の報道から学ぶリーダー論

 

日曜日の選挙が終わり、

最近のTV番組をみていると、

いろんな方がいろんなことを発信していますね。
 
 
 
そのなかで、
私が面白いなぁと思った視点は、
希望の党の敗因について。
 
 
 
小池さんのリーダー資質を
いろんな立場の方が批判的な発言をして、
論じています。
 
 
特に、
希望の党の出現に振り回された
議員の方々の発言を聞いていると、
客観的な批判だけでなく、
個人的な感情が見え隠れ。
 
 
小池さんに、
「振り回された」
「期待してしまった」
「結局信頼されていなかった」・・・等々
 
 
 
その背景には、
「(振り回された自分に)腹立たしい」
「(期待を裏切られて)悲しい」
「(信頼してもらえず)残念」
 
 
といった周りの議員の感情が見えました。
 
 
 
なぜ、
希望の党の候補者が
このような気持ちになってしまったのでしょうか?
 
 

一晩で追い風が向かい風になったリーダー

 
 
 
それは小池さんが
今回の選挙の方針や戦略などを
周りにオープンにしなかったことだと言われていますよね。
(真偽はわかりません)
 
 
 
自分一人の心の中で考えて、
一人で決めて発言してしまう。
 (少なくとも周りにはそう見えていたようです)
 
 
 
「なんでも意見を聞きます」
といった態度を信じて
実際に意見を言うと、
結果的に遠ざけられてしまう。
 
 
 
なんか似たような話を、
動物看護師さんからのメール相談で
聞いたような・・・(-_-;)
 
 
 
選挙が終わってみると、
小池さんの「側近」とされた人は、
いなくなってしまいました。
 
もしかしたら、
はじめから存在しなかったのかも、
とも思います・・・
 
 

有能なリーダーとは?

 
 
有能なリーダーには、有能な側近がいます。
 
 
 
有能な側近とは、
たとえ意見が違っても
必要なことは言ってくれて
力になってくれる人です。
 
 
 
良きリーダーとされる人は
日頃から自分の考えや方向性を
周りに話します。
 
 
 
ブレがないので、
いつでも同じことを言いますが、
それが周りの人の思考や感情に
繰り返し影響を与えます。
 
 
 
側近も知らないという秘密主義で
物事を進めていくことはしません。
 
 
 
皆さんが所属している組織や会社では、
いかがでしょうか?
 
 
良きリーダーがいて、うまく機能していますか?
 
 
 
じつは良きリーダーは、
その人の資質だけで
作られるわけではありません。
 
 
 
周りのフォロワーの存在にも
影響を受けます。
 
 
 
いずれの立場にしろ、
同じ目的をもって、
同じ方向に進めるように、
最低限の情報を共有するための努力は必要です。
 
 
「最低限の情報」と考える領域が、
それぞれで違うことを忘れずに(^^)/
 
 
 
組織は「人」」で創られます。
 
 
人の考えや気持ちをお互いに理解すること。
 
そこから始まることを、
あらためて忘れずにいたいと思います。
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
 
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
<10月開催>
・動物看護師主催のキャリアアップセミナー
 
 
 
<11月開催>