仕事のやりがいのみつけ方

動物病院での面談だけでなく、

おかげさまで動物病院で勤務している

獣医師や動物看護師さんからのご相談を受けることが増えてきました。

 

 

そういったご相談を通して、

「やりがいをもって働く人」と

「やりがいがみつからない人」の違い

何があるのだろう? って、最近よく考えます^^

 

 

みなさんは、どう思われますか?

そもそも、“やりがい”って、何でしょう?(笑)

 

「やりがい」って何???

 

デジタル大辞泉(小学館)によると、

 

「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り」

 

と書かれています。

 

 

他の言葉で表現すると、

「達成感」とか、「満足感」など、でしょうか?

 

 

 

やりがいをもって働いている人は、

そもそも、「やりがいがある、ない」なんて、

考えることもなく、

日々過ごしているかもしれませんが(^-^;

 

 

やりがいがみつからない!と話す人は、

 

「何のために働いているのだろう?」

といった虚無感、

 

「仕事にやりがいが感じられない」

といった焦り、

 

「やりがいがない仕事は、自分に合わないのかも」

といった不満・・・等々

 

その人の状況や、考え方で色々だとは思います。

 

 

そして、

 

本人が気づいているかはわかりませんが、

 

「やりがいある働き方をしたい!」

 

といった強い欲求を感じます。

 

と同時に、

 

「やりがいをもって働かなければならない!」

 

といった思い込みもあるのかなぁと。

 

 

そんな方に朗報!!!

(おおげさですね笑)

 

 

先日、毎月継続で学んでいる

「ストレスクリア(R)コーチング」の

フォロー講座の中で、代表の森さんがこんな話をしてくれました^^

 

 

 

「仕事にやりがいをもてない」、または

「仕事に楽しさを見出せない」と悩んでいる方の

ヒントになるのではないかと思い、シェアしますね。

 

仕事のやりがいと、楽しさって、共存するの?

 

============

“そもそも仕事は「人が喜ぶことをすること」

 

仕事という行為に、

自分の楽しさを求めるのがおかしい。

 

責任をもってやれば、苦痛も楽しさに変わる。

 

仕事をするとは、

自分と向き合わざるを得ないことだ。”

と。

============

 

ようは、

お客さんがあってすること、ですよね。仕事って。

 

そこで、

やりがいや、

楽しさといったことが、

仕事で見いだせない!

と自分のために考えて悩んで、

足踏みをしているくらいなら、

 

まずは大変でも、しんどくても、

全て自分が引き受ける覚悟で、

責任もって取り組んでみよう!

 

と。

 

その結果、

苦痛に感じていた仕事を通して、

「楽しさ」や「喜び」、「達成感」などの

やりがいを掴めるということ。

 

 

私は、そう理解しました(*^-^*)

 

 

また、

 

 

=============

 “受動的に

「やらされ感」をもってやっていると、

いつまでも仕事はつまらない。

 

でも責任感をもって、

能動的にする仕事は、

楽しい。”

=============

 

とも。

 

いかがでしょうか?

 

「仕事にやりがいが感じられない」

とか、

 

「やりたいことがわからない」

といったことで、

 

 

もし悩んでいる方がいらしたら、

 

いま、この瞬間から、まずは、

自分の全てをかけるほどの強い覚悟で、

「責任」をもって、「主体的」に、

目の前にある仕事に取り組んでみてくださいね。

 

 

 

それでも、

「なんだかモヤモヤして働けない」とか、

「そんなエネルギー、わいてこない」とか、

「頭ではわかるけど、生きるのが苦痛でしんどい」

・・・等々

 

といったお悩みがある方は、

メッセージをお待ちしています(*^-^*)

 ↓  ↓  ↓

「メッセージフォームはこちら」

 

 

期待に応える働き方

 
 
最近ありがたいことに、
動物病院の院長先生はじめ、
経営者の方と人材のお話をすることが
多くなりました。
 
 
そのなかで出てくる
「あるある人材」のひとつ(笑)。
 
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
をどうしたらよいかといった話です。
 
 
 
皆さんの身近には、
そのように思う人、
いらっしゃいますか?^^
 
 
 
あるコンサルタントの方が、
このようなことを以前メルマガに書いていらっしゃいました。
 
 
   ↓ ↓ ↓
 
============
 
自分の「給料を上げる方法」
について。



結論だけまとめてご紹介すると、
 
もらっている額より働くこと!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相手の期待を超えること!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とのこと。
 
 
そして最後に、こんな一言も。
 
=============
相手が
「給料を上げないと申し訳ない」
と思うぐらい貢献しよう。
=============
 
 
※株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング代表取締役
 
 
この考え方って、
自営の人であれば
「給料」ではなく、
「仕事」に変えてもいいですよね。
 
 
 
「仕事」を増やす方法は、
もらっている仕事量より多く働き、
相手の期待を超える働きをすること。
 
 
例えば、
自分の仕事のクオリティばかり追求して、
それが相手の期待に応えられていなければ、
次の仕事につながりませんし、
単なる自己満足です。
 
 
 
従業員であれば、
雇用主やお客様の要望を
満たしていないので、
給料も上がりません。
 
 
どのような仕事でも、
自分の心のなかで、
「ここまで」と決めてしまうと、
成長は止まります。
 
 
わたし自身も、
偉そうなことは言えません(;’∀’)
常にその点は忘れずにいたいです。
 
 
===============
人に何かを期待するより、
人から期待される働き方をしましょう!
===============
 
 
PET JOB交流会(ビジネス交流会)でも
様々な経営者の方々と話をさせていただきますが、
 
あらためて、
「相手の期待に応える働き方」
を肝に銘じたいと思いました。
 
 
そして、
 
はじめの話に戻りますが・・・
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
 
と話す機会があるときは、
 
たいてい現状に対する「不満」あるので、
まずはそれを聞いて、
 
「今のあなたは雇用主の期待に100%応えていると
胸を張って言えますか?」
 
と問いかけることがあります。
 
 
少し厳しいことかもしれませんが・・・
 
自分の権利を100%主張したいときは、
まず自分に期待されている役割を100%果たしてからにしないと、
相手の耳には届かない
 
と思うからです。
 
仕事って、そういう厳しい面もあること、
誰かが伝えていく必要がありますよね。
厳しいからこそ、やりがいや楽しみもある!
そう思います。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!