セミナーで必ず自問する質問 ~人生は質問力次第

 
10月21日(日)に都内で
「VSJサミット2018」がありました。
 
毎年1回開催され、今年で4回目だそうです。
 
 
運営しているVSJ代表の
三好先生も辻田先生も、
とても素晴らしい方々で、
そのお人柄によって世界レベルで活躍するメンバーが集まるサミット。
 
私にとっては、とっても刺激的な場所で、
毎回「スゴイ!!!」と感動することばかり。
会場のプラスのエネルギーを
もらいにいっている感じです(笑)
 
 
 
会場にいくのは私は3回目ですが、
まさにVSJのテーマである
「つながり」のありがたさを感じるサミットでした。
 
 
 
年々、参加するごとに知り合いの方が増え、
立場や役職の壁を越えて
話ができるのも魅力だと思います。
 
 
今年のテーマは「change!」
 
獣医業界といっても、様々な分野があります。
動物看護職、獣医療のチームワーク、
救命救急、学術論文など、幅広いテーマでのお話でした。
 
 
いろんな情報を得て、
また立場の違う人の考え方に触れ、
参加する度に毎回自分自身に質問します。
 
問われる質問力。(笑)
 
 
『さぁ、具体的に何をする?』
 
 
 
セミナーに参加したときには
必ず自分に問う質問です。
 
人生は『質問力』で決まります。
 
 
わたしの現在の答えは・・・
 
動物医療にかかわる人が、
健康で、幸せに暮らしていくため、
その最善策を探求していきたいなぁということ。
 
そして、
 
人の『メンタル』からアプローチで、
動物たちの幸せにつながることをする!
 
そうあらためて心に決めた日となりました。
 
 
具体策は秘密ですが(笑)、
また新たに未来が見えてきました!(^_^)
 
 
 
来年も参加したいです
貴重な一日をありがとうございました。
 
 

先輩動物看護師に学ぶキャリア交流会報告

「より良く、より長く、働くために!

 先輩動物看護師に学ぶ キャリア交流会」のご報告

 

所属するHAAC(ハーク)主催の動物看護師のキャリア交流会が

2017年7月17日(月・祝)に開催されました。
 
 
現役の動物看護師さんや専門学校生、関係者と共に

50名ほどが集まり、楽しい交流会となりました。

当日の画像と共に、

詳細はこちらのブログでご紹介しています。

ご覧ください。

  ↓   ↓   ↓

 >>>こちらをクリック

 

 

第3回PET JOB交流会 開催報告

第3回PET  JOB交流会 開催報告
 
2017年6月19日に、
都内で「PET JOB交流会」を開催しました。
 
 
女性獣医師ネットワークの
箱崎 加奈子先生と主催している
ペットのお仕事に関わる方々との
ビジネス交流会。
 
 
おかげさまで今回で3回目。
 
 
リピートして
参加してくださる方もいて、
主催者側としては
感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 
内容は、
獣医師/牛草先生の「獣医療における
最新の予防医療」のお話からスタート。
詳細はこちらのブログでご案内しています。
 
ご覧ください ↓
 
 
 

「第1回 PET JOB交流会」のご報告

「第1回 PET JOB交流会」のご報告

「第一回 PET JOB交流会」のご報告です。

※PET JOBは昨年から始めたFacebookグループです。
こちらをクリックしていただくと、詳細が確認できます。
(FBにご登録されている方は、グループに参加できます)
 
 
 
今回の下北沢の会場には、
約30名の方々にお集まりいただきました。
 
参加者の職業は様々で、
獣医師の資格を持った方が約3分の1。
開業された院長先生や、
ペット保険会社などで働く方もいらっしゃいました。
 
 
 
そのほかにも、
ペット関連のグッズやサプリなどを扱う会社の方や、
ペット信託を扱う保険業の方、ペット関連のHP作成やペット住宅などを扱っていらっしゃる方、キャットインストラクターやトリマーさん、トレーナーさん、ライターさんなど・・・
 
 
 
この業界ですでにご活躍されている方、
これから仕事を始めたいとお考えの方など、
ペットに関わるお仕事に関わる方なら、
どなたでも参加できます。
 
 
普段全く話す機会がない方とのご縁をつなげ、
人脈を広げていただく交流会です。
 
 
初回は都内で開業されている
獣医師の野澤先生にご講演いただき、
 
ペットに関わる仕事を行う上で、
忘れてはいけない「人間のこころの二重性」
「心に寄り添うペットセラピスト」の視点について
おしえていただきました。
 
 
おかげさまで、大変有意義な時間を過ごすことができました。
 
 
参加者の方からは、
 
「新しいビジネスにつながった」
 
「仕事に繋がりそうな出会いがあった」
 
「コラボで出来そうなアイディアが生まれた」
 
など、嬉しいお声をいただきました。
 
 
このたびは、
野澤先生はじめ、参加してくださった皆さま、
誠にありがとうございました。
 
 
主催者として、いたらない点が多々あったかと思いますが、
皆様のご協力のおかげで無事に終えることができました。
 
 
次回は3月31日(金)の夜開催の予定です。
さらに良い交流会を目指していきますので、宜しくお願いします!
 

動物看護師主催の 交流会

動物看護師主催の 交流会

動物看護師さん主催の
交流会を見学する機会をいただきました。

 

現在、動物病院に勤務している人や、
過去に勤務していた人など計6名の交流会。

 

「動物看護師の役割」「マーケティング」、
「動物病院でのより良い働き方」など、
色々なテーマについて話し合っていましたが、
その中で出てきた「モチベーション」の話が
興味深かったです。

 

動物看護師として
やりがいを持って取り組めるテーマには、
「しつけ」や「栄養学」、
「デンタルケア」、
「介護」、「リハビリ」など色々あります。

 

チャレンジしてみたい気持ちはあるけれど、
毎日忙しくて余裕がないとか、

その考えを意見として出したり、
皆で話し合う機会がないとのこと。

 

 

そもそも、
そのような分野について勉強することや、
業務に取り入れることが、

実際どこまで求められているかどうかがわからない・・・
言い出せる雰囲気ではなかった、
という人もいました。

 

動物病院の業務に活かしたいけれど、
そのことを話し合う時間や余裕が、
物理的にも、精神的にも病院にない・・・
というのが現状なのでしょうか?

 

一方で、入社前から、
パピークラスが実施されていた
動物病院で働いていたスタッフさんは、

自分がやりたかった分野だったこともあり、
その機会を存分に活用して、
とても充実していたと話していました。

 

交流会を見学しながら、
スタッフが個々に何に興味があるのか、
これからどのような分野に力を入れていきたいか、
しっかり考える「時間確保」(研修など)と共に、

 

病院サイドから「必要性を発信する機会」
(例えばミーティングや院長自ら話す機会)
を作っていく必要性を感じました。

 

今回の参加者の方々が
今まで勤めてきた動物病院では、
朝のミーティングはありますが、
業務の申し送りのような短いもので、

 

 

スタッフが全員顔を合わせて、
病院運営やサービスについて
情報共有する時間はなかった、
という人がほとんどでした。

 

 

「動物病院として、こんなことをやっていきたい」
と話し合う機会(ミーティング)や、

 

「今後、どのような分野に興味があるかどうか」
などを確認する機会(個人面談など)を作ること。

 

また、

 

スタッフに対して院長先生の考えや、
動物病院としての方向性を
継続的に伝えていくことは、

 

スタッフがやりがいを持って
業務に取り組むためにも必要です。

 

そして、スタッフ自ら
「〇〇を学びたい!」
「チャレンジしたい!」
と言える環境を整えていけると、
動物看護師のモチベーション維持に
役立つのではないでしょうか?