スタッフのやる気がでない理由を考える

こんにちは!宮下ひろこです。
本日は、『スタッフのやる気がでない理由を考える』について、お届けします!

 
 


 
 
 
動物病院で働くスタッフの相談で、
「やる気がでないとき、どうしたらいいか?」
といったことが質問されます。
 
 
 
“やる気がでない・・・”
 
 
 
 院長先生のため息がそのまま聞こえてきそうな言葉。
 困りますよね。。。
 
 それを、もしスタッフが耳にしたら、
 もっと溜息がもれそうです。
 
 
 
でも、心配しないでください(*´∀`)
 
 
やる気がなくなることって、誰にでもあります。
(ありませんか?)
 
 
じつは、
私もやる気が出ないときがありますし(笑)
 
 
人の感情に浮き沈みはつきもの。
長期的なものでなければ、心配いりません。
 
 
 では、慢性的にいつもやる気がない人には、
どう対処したらよいのか???
 
 
 
まず、
やる気が出ない人をどうするか?
を考えるとき、
 
 
「なぜ、〇〇さんはやる気がないんだ!」
 
 
 
という、
批判や叱責の気持ちがある場合は、
ひとます心に納めましょう(^^)/
 
 
(これ、大事です)
 
 
そして、
 
 
大きく2つの視点に分けて
考えるとよいかもしれません。
 
 
 
やる気が出ない原因探し、
1つ目の視点は、
「メンタル不調の状態であるか、ないか」
 
 
 
そして2つ目は、
「個人の問題なのか、組織の問題なのか?」
です。
 
 
 
メンタル不調の状態が認められるスタッフで、
かつ個人的な問題が原因の場合は、
動物病院でできることは限られてきます。
 
 
またかえって「やる気を出させよう」と
働きかけることがプレッシャーになり、
本人にとってマイナスになることもあるので、
 
できるだけ早めに
専門家(医者やカウンセラーなど)へ
相談を促していくようにお願いしています。
 
 
 
 
次に、
メンタル不調の状態ではない人で、
個人的な問題なのか組織の問題なのかを、
見極めるようにしています。
 
 
 
個人的な問題(例えば、個人の性格や家族問題など)を
抱えている場合は、
本人の意思も影響し、時間がかかるため、
関わる優先順位としては下がります。
 
 
 
やる気がない人の中で、
最もアプローチすべきなのは、
 
 
じつは、
もともとやる気はあったのだけれど、
組織の問題(例えば、人間関係や組織運営、職場環境など)が障害となり、
結果的に「やる気がくじかれてしまった」という人、
今一時的にやる気が出ていない人に注目してほしいのです。
 
 
 
彼ら、彼女たちがもつ、
もともとあった仕事に対するやる気を、
元に戻すことに注力したほうがよいですよね。
 
 
 
たとえばの事例ですが、
 
============
 
・大学卒業後、勤務して半年以上たっても、
犬舎掃除や検査補助、入院管理が主な仕事で、
診察に出ることがなかなか許されない新人獣医師。
 
 
 
・院長に治療の相談をしたら
「自分で調べて考えろ」と言われ、
相談しなかったら
「ちゃんと事前に確認して」と叱られ、
どうしていいかわからない状態が繰り返される勤務獣医師。
 
 
 
・忙しい病院で昼休みも交代で一人でとり、
なかなか先輩とも仲良くなれず孤立状態、
院長には叱られてばかりで相談できる人がいない新人の動物看護師。
 
 
 
・飼い主さんのために栄養学の勉強をして、
受付で相談にのっていたら、
「無駄話していないで、早く手伝って」
と言われた動物看護師。
 
 
 
 
・動物看護師の意見をまとめて、
会議で業務改善の提案を発言をしても、
十分に話を聞いてもらえぬまま、
獣医師の一言で反対されてしまう動物看護師長。
 
============
 
上記は、相談された例のごく一部ですが、
大抵は人間関係のことが原因で、
やる気がそがれてしまったケースです。
 
まさに、
 
アドラー心理学で言われる
「勇気づけ」とは反対のこと
「勇気くじき」がそこにはあります。。。
 
 
 
やる気がないスタッフと決める前に、
「やる気がくじかれていないかどうか」、
組織の人間関係やコミュニケーションを
見直すことが大切ですね。
 
 
やる気がもとに戻るように、
(願いも込めて・・・)
 
まずは
「勇気づけ」や「承認」を意識した
コミュニケーションで過ごしましょう(*´∀`)
 
 
そして、
相手の心に、
「やる気の火」が灯ってくれるまで、
信じて待ってみませんか?
 
 
 

動物看護師主催の 交流会

動物看護師主催の 交流会

動物看護師さん主催の
交流会を見学する機会をいただきました。

 

現在、動物病院に勤務している人や、
過去に勤務していた人など計6名の交流会。

 

「動物看護師の役割」「マーケティング」、
「動物病院でのより良い働き方」など、
色々なテーマについて話し合っていましたが、
その中で出てきた「モチベーション」の話が
興味深かったです。

 

動物看護師として
やりがいを持って取り組めるテーマには、
「しつけ」や「栄養学」、
「デンタルケア」、
「介護」、「リハビリ」など色々あります。

 

チャレンジしてみたい気持ちはあるけれど、
毎日忙しくて余裕がないとか、

その考えを意見として出したり、
皆で話し合う機会がないとのこと。

 

 

そもそも、
そのような分野について勉強することや、
業務に取り入れることが、

実際どこまで求められているかどうかがわからない・・・
言い出せる雰囲気ではなかった、
という人もいました。

 

動物病院の業務に活かしたいけれど、
そのことを話し合う時間や余裕が、
物理的にも、精神的にも病院にない・・・
というのが現状なのでしょうか?

 

一方で、入社前から、
パピークラスが実施されていた
動物病院で働いていたスタッフさんは、

自分がやりたかった分野だったこともあり、
その機会を存分に活用して、
とても充実していたと話していました。

 

交流会を見学しながら、
スタッフが個々に何に興味があるのか、
これからどのような分野に力を入れていきたいか、
しっかり考える「時間確保」(研修など)と共に、

 

病院サイドから「必要性を発信する機会」
(例えばミーティングや院長自ら話す機会)
を作っていく必要性を感じました。

 

今回の参加者の方々が
今まで勤めてきた動物病院では、
朝のミーティングはありますが、
業務の申し送りのような短いもので、

 

 

スタッフが全員顔を合わせて、
病院運営やサービスについて
情報共有する時間はなかった、
という人がほとんどでした。

 

 

「動物病院として、こんなことをやっていきたい」
と話し合う機会(ミーティング)や、

 

「今後、どのような分野に興味があるかどうか」
などを確認する機会(個人面談など)を作ること。

 

また、

 

スタッフに対して院長先生の考えや、
動物病院としての方向性を
継続的に伝えていくことは、

 

スタッフがやりがいを持って
業務に取り組むためにも必要です。

 

そして、スタッフ自ら
「〇〇を学びたい!」
「チャレンジしたい!」
と言える環境を整えていけると、
動物看護師のモチベーション維持に
役立つのではないでしょうか?

普段思っていることをアサーティブに伝える習慣

普段思っていることをアサーティブに伝える習慣
 
動物病院で初めて研修を導入する場合、
内容をイメージしていただくために、
「体験プレ研修」を実施することがあります。
 
 
 
その際、
私からの簡単な自己紹介のあとに、
スタッフの他己紹介
お願いするのですが・・・
 
 
 
そうすると、
ちょっと照れくさそうに(笑)、
皆さん相手の「良いところ」を紹介してくれます。
 
 
 
お互いに笑顔になりますし、
初回で緊張している場が和むので、
とても好きなアイスブレイクです。
 
 
終わったあとの感想でも、
私が伝えた内容よりも(笑)(^-^;
 
この「他己紹介」が
記憶に残っている人が多いことに驚きます。
 
 
 
「普段思っていても、
 伝える機会がなかったので良かった」
 
「同期から良いところをきいて、
 モチベーションにつながった」

など。

 
「良いところ探し」は嬉しい効果があります。
 
 
 
 
簡単に取り入れられるものなので、
ぜひ所属する組織内で
試してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
「相手の良いところ」はもちろん、
「相手への感謝の気持ち」を
伝えてもいいですね♪
 
 
 *・゜゜・*:*・*・゜゜・*:*・
 
 
実際にやってみるとわかりますが、
 
言われた相手も、
言葉にした自分自身も、
 
ちょっと嬉しい、
あったかい気分になります。
 
 
言葉にして伝えるのが難しい場合は、
カードに書いて相手に届ける方法でもいいですね(*^^*)
 
 
 
================
普段思っている相手の良いところを
アサーティブに、率直に伝えること。
================
 
 
日常の習慣にしてみるのはいかがでしょうか?
 
 
 
===================
人財育成に関するご相談、院内研修などのご要望など、
お気軽にご連絡ください。

 ■ お問い合わせはこちらのフォームからお願いします ■