最高の学びの時間(リーダーズ研修)

最高の学びの時間(リーダーズ研修)
 
 
 こんにちは!
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
先日、沖縄に行ってきました!
 
観光ではなく・・・(笑)
リーダーズ研修です^^
 
 
「マネジメント」、「ホスピタリティ」
そして、
「リーダーとして備えるべきマインド」etc
 
多くの学びの機会をいただきました。
 
 
それも憧れの念願の場所で☆
素晴らしい方々と一緒に!
とても素晴らしい時間とお仲間で、
最高の3日間でした(*’▽’)
 
簡単に内容をご紹介すると・・・
 
============
 
 
仕事に対するマインド、
使う言葉、立ち居振舞い、
職場への愛着や誇り、
役割に対する責任。
 
 
 
あらゆることを、
いろいろな立場の方からおしえていただく
とても濃いプログラム。
 
 
同じ空間や時間を過ごした感動を、
今もかみしめています。
 
 
 
 
セミナー内容しかり、
書ききれないほどの
課題やエピソードがありますが、
印象に残っていることの1つをご紹介。
 
 
 
最終日の夕食会の席で従業員の方に
不躾ですが以下のような質問を
させていただきました。
 
 
 
 「◯◯さんにとって、
  会社の魅力は何でしょうか?」
 
 
 
どのように
答えてくださったと思いますか?(^-^)


しばし考えられたあと
このように答えてくださいました。
 
 
「私にとっての会社の魅力は、
”常に向上心をもてること” です」と。
 
一見
シンプルな言葉ですが、
その言葉に宿る
今までのご経験に対する誇りや
会社への感謝の気持ちが伝わってきて、
感動いたしました(o^O^o)
 
 
 
さすが、
部門をまとめあげるリーダーの方のお言葉。
 
 
 
このようにサラリと上司が答える職場は、
部下も、もちろん、
生き生きと楽しく働けるでしょう。
 
 
 
 
また、
お客様が喜んでくださった
実際のエピソードを
スタッフさんがシェアしてくださったんですが、
 
 
お客様の幸せな気持ちを想像すると、
目が潤んできました^^
 
 
 
居心地のよい、
安心できる空間は、
このようなスタッフの方々の力に、
支えられているんですね。
 
 
 
さりげない人の優しさや真心、心遣いを体感☆
 
 
 
 
獣医業界で働く方々の
マネジメントやメンタルヘルス、
人材育成に活かすヒントが
いっぱいの三日間でした!
 
 
 『リーダーシップ』
 『ホスピタリティ』
 『マネジメント』
 
 
これから1つ1つ。
 
あらためて
実践していくための具体策を
考えていきたいと思います。
 
 
 
 
また今回、
獣医業界で活躍されている
頼もしい先生方とご一緒できたことも、
わたしにとって財産となりました。
 
 
 
 
それぞれに
熱いパッションと
ユーモア、
そして
冷静な分析力を
もちあわせた
魅力的な三人男性陣。
 
 
 
 
高い志をもった方々と一緒に過ごすだけで、
エネルギーが高まりますね。
 
 
主催者の鈴木克彦先生、
ご縁をつなげてくださった牧田先生、
素晴らしいご縁に感謝です☆
 
 
 
また参加したい贅沢な沖縄合宿。
 
時々は必要ですね。こういった時間。
 
 
自分をさらに高められる
最高の学びの旅でした!
 
 
今回の学びを自分なりにまとめ、
ブログでも今後シェアしていきたいと思います。
 
 
 
本日は以上です^^
 

動物病院のためのアドラー流マネジメント

動物病院のためのアドラー流マネジメント

先週の2016年11月27日(日)、

大阪で講演をさせていただきました。

 

ものごころついてから中学3年生まで
12年以上暮らしていた愛着のある街。

大阪は心の故郷なので、大好きな場所です。

今回、歴史ある「大阪麻布獣医臨床研究会」で、
臨床獣医師の先生方を前にお話をさせていただき、

私にとって大変貴重な機会となりました。

 

代表幹事の大下先生はじめ、
役員の先生方、お集まりいただいた先生方、
ありがとうございました。

また、懇親会でも温かく迎えていただき、
この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

皆さま、近畿地域だからなのか、
朗らかで冗談を交えながら話されるので、
その楽しい雰囲気に囲まれながら、
昔を思い出して懐かしくもありました。

 

また、
動物医療ではまだ馴染みのない
テーマにも関わらず取り上げていただき、
積極的なご意見や質問をいただけたこと、
心からありがたかったです。

 

 

わたしにとって、
近畿地域で活躍する先生方のお話を
直接うかがう機会は少なかったので、
大変勉強にもなりました。
今後に生かしていきたいと思っています。

 

 

ご参加いただいた先生方、
ご多忙の中、ありがとうございました。

これからも引き続き、どうぞ宜しくお願いします。