「心、ここにあらず」になっていませんか?

 
以前の私は、いつも以下のような感じでした。
 
 
・先々の心配事で頭がいっぱい
 
・嫌なことが忘れられずに眠れない
 
・あれこれと色々考えてしまう
 
 
 
いつも頭の中がごちゃごちゃで、
考えれば考えるほど整理ができず、
ただただ毎日をこなすのが精一杯。
 
 
 
 
悩みやストレスが多かったです(>_<)
 
 
だからこそ、
カウンセリングやコーチングを学び始めたのですが
みなさんは、いかがでしょうか?
 
 
 
 
まだ起きていない未来のこと。
すでに終わって変えることができない過去のこと。
 
 
 
 
 
そのような思い悩むことに費やす
脳の「アイドリング状態」ともいえる活動に、
どのくらいエネルギーが費やされているか、ご存知でしょうか?
 
 
 
じつは、
意識的な反応に
費やされるエネルギーの、
 
 
 
 
 
『20倍!!!』 
 
 
 
にも達するということが、
最近の脳科学の研究からわかってきたそうです。
 
 
 
 
この状態の時、
意識は内向きになって、
自己にとらわれているといいます。
 
 
 
「マインドフルネス~親が変わり、子どもも変わる~」
(光文社新書)
山口 創 著より
 
 
 
 
マインドフルネスとは、


========
今、この瞬間の体験に
意図的に意識を向け、
評価をせずに、
とらわれのない状態で、
ただ観ること
========
(日本マインドフルネス学会)
 
 
と定義されています。
 
 
「観る」の意味は、
見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらに
それらの行為によって生じる心の働きをも観る、
 
 
ということだそうです。
 
 
 
目の前のことをしながら、
別のことを考えていないと、
仕事や生活に支障がでてくる「今」という時代。
 
 
 
なかなか、
目の前の「いま、このとき」
集中できることって、ないですよね。
 
 
 
 
まさに、
マインドフルな状態になれる時間は、
意識して作らないといけなくなりました。
 
 
 
一方で、
 
 
子どもや動物たちをみていると、
じつに上手にマインドフルネスを
実践しているなぁと感じます。
 
 
 
彼らは無意識だと思いますが、
ただただ「いま、ここ」に
注意が向いている生き方をしています。
 
 
 
私たち大人よりも、
上手にエネルギーを使って、
生活しているようです。
 
 
 
 
 
 
今日から1日5分でも、
「マインドフルネス」の時間を
意識してみませんか?