気持ちのよい「返事」が行き交う職場

 
動物病院だけでなく、
歯科医院や役所、コンビニ、
飲食店や美容院・・・
ここ数週間で、
いろいろな場所を利用していますが、
そのときに感じること。
 
 
それは、
その場所で働く人同士の会話の気持ちよさです。
 
 
「〇〇お願いします^^」
「はい^^」
 
 
「手伝ってもらえますか?^^」
「はい、すぐにいきます!^^」
 
 
 
声だけでも、心の笑顔が見える
気持ちのよい会話のやりとり。
 
 
 
直接利用者には
関係がないやりとりでも、
さりげなく耳に入ってくるときに、
従業員どうしの関係性や心のやりとりが、
じつは伝わっています。
 
 
人間関係がよく、
楽しく働いている人が集まる職場では、
その場の空気や雰囲気が明るく軽い!
 
 
心地いいなぁと感じ、
また利用したいと素直に思います。
 
 
一方で、
 
人間関係にほころびがあり、
不満や不平を抱えて働く人が多い職場では、
空気が重く、ひんやりする雰囲気。
 
 
これは、
隠しようがなく、
自然と伝わってしまうものです。
 
 
あなたの働く職場は、いかがでしょうか?
 
 
=============
気持ちの良い「返事」が
行き交っていますか?
=============
 
 
 
時々、
上司から指示されているのに、
背中を向けたまま返事をしない人や、
 
 
 
部下から「今よろしいですか?」
と声かけしているにもかかわらず、
「無視」で返す人を
見かけることがあります。
 
 
 
「返事をしない」とか、
「無視をする」というのは、
相手の存在そのものを否定すること。
 
 
社会で生きていく以上、
絶対にやってはいけないこと
です。
 
 
 
逆の立場の気持ちを想像できたら、
できないことだと思うのですが、
 
それでもしているということは、
「無視」に何かしらのメッセージを
こめているのかもしれません。
 
 
そのメッセージ、
人間なのだから、
相手が受け入れやすい「言葉」にして、
伝えてもらえたら・・・
 
と思います。
 
 
 
 
職場でもし同じようなことが見られたら、
勇気をもって注意しましょう。
 
 
 
注意する立場でなければ、
信頼できる人に相談してくださいね。
 
 
とても大事な基本的なことですし、
組織や職場を健全に保つためにも、
「気持ちの良い返事」から心がけましょう。
 
 
 
本日は、以上です。
 
 

あいさつの、ちから

 
全くの赤の他人から
かけられた言葉に、
涙したことありますか?
 
 
私はあります・・・
 
 
 
大学生の頃に、
ものすごく落ち込むことがあって、
誰にも言えずにつらくてつらくて、
 
 
それでも時は残酷なまでに流れ、
日常を送る重荷に
押しつぶされそうになっていたときです。
 
 
 
~~~~~☆~~~~~☆~~~~~
 
 
郵便局での何気ない窓口での会話。
 
「こんにちは。今日はいいお天気ですね^_^」
 
たしか、こんな感じの
ごくごく普通の言葉を、
窓口の女性が素敵な笑顔で、
包み込むような優しい笑顔で、
私にかけてくれた言葉。
 
 
わたしはそのときに、
頑なに固くなって、
冷たくなった心や体が、
一瞬で解けていく感覚を感じました。
 
 
相手の何気ない、
他愛もない挨拶に、
ものすごく救われ、
 
 
大袈裟ですが、
その人に抱きしめられたような
温もりを感じ、
生きていることを許されたような、
そんな感覚になりました。
 
 
そして、
不思議と自然に涙が溢れてきて、
止まらなくなりました。
 
 
「大丈夫だよ」って、
言ってもらえたようで、
心が温かくなり、
救われたんです。
 
 
その経験を通して私は、
何気ない挨拶や会話にも、
人を癒やす力があることを
おしえられました。
 
 
恥ずかしい話ですが・・・
大学生になって初めて、
人との触れ合いの大切さや、
挨拶の無限の力に気づいたのです。
 
 
 
わたしは、
動物病院スタッフさん向けに
研修をすることがあり、
その際は、
「ビジネスマナー」や「第一印象」など、
挨拶の大切さをお話します。
 
 
 
挨拶には、
「人を癒やす力や、救う優しさ」がある。
 
 
その確信から、
挨拶の大切さを伝えていきたいと思っています。
 
 
また、
自分も日々実践し、
自分自身のことを大切にしながら、
日常の何気ない人とのやりとりも
大事にしていきたいですね。