怒りの感情とうまく付き合っていますか?

 
先日、産業カウンセラー協会が開催する
「アンガーマジメント」の講座に
一日参加してきました!
 
 
 
 
ずっと勉強したい!
と思っていたので、
ようやく日程が合い
楽しみにしていました。
 
 
 
 
講師の方はカウンセラーでもあり、
キャリアコンサルタントでもあるベテランの先生。
 
 
 
アンガーマネジメントの先生なので、
失敗談などはないのかと思っていましたら、
いろんな怒りの体験談をお話くださり、
おもしろくてリアルで、
聞き入ってしまいました(笑)
 
 
 
 
アンガーマネジメント講座の内容は、
今とても問題になっている
セクハラやパワハラといった
ハラスメント問題や、
クレーム対応にも大変役立つ内容です。
 
 
 
 
「怒り」は適切に表現して、
うまく付き合えばよい感情。
 
ネガティブな感情だと決めつけ、
抑えて隠すのではなく、
怒りの感情との付き合い方を学ぶ講座でした。
 
 
 
 
講座の最後に
カウンセリングのロールプレイをしたのですが、
グループ毎に先生から毎回的確にアドバイス。
 
 
 
実際にどのように
カウンセリングに活用するのか、
ツールを使うことでイメージしやすく、
講義内容をすぐに実践し学ぶことができました。
 
また、
私自身の『〇〇するべき』がたくさん!(笑)
 
 
みなさんにも
『〇〇するべき』があると思います。
 
 
 
 
その考え方をじっくり見ていくと、
自分自身がどのようなことを
大事にしているかがわかります。
 
 
 
 
その大事にしていることが
失われそうになったり、
相手に軽く扱われたりすると、
「怒り」が生まれることがありますよね。
 
 
 
 
怒りの感情といった自覚がなくても、
「イライラ」とか「不快感」
「モヤモヤ」みたいな感覚。
 
 
 
 
ただその怒りの感情の背景には、
「悲しみ」や「落胆」、
「嫉妬」や「心配」など・・・
いろいろな感情が隠れています。
 
 
 
そこにも目を向けること、
とても大事なことです。
 
 
 
自分を理解すると共に、
人の気持ちにも思いやることができますね。
 
学んだことをこれからの仕事に
活かしていければと思っています。
 
 
 
 

動物病院の個人面談で大事にしたいこと

動物病院の個人面談で大事にしたいこと

「動物病院の個人面談で大事にしたいこと」

 

動物病院での研修以外に、
スタッフの個人面談の仕事を
お受けすることがあります。

 

 

実施する目的は、
動物病院によって違いますが、
大きく2つあります。

 

1つは、
スタッフが目標をもって
働ける職場環境を整えるため。

 

モチベーションを高く持ち、
業務で成果を出してもらえるように、
コーチングでサポートします。

 

 

2つめは、
メンタルヘルスの側面から。

 

健康維持・体調管理ができているか、
確認するためです。

 

 

動物の命と向き合い、
常に緊張感のある現場で働くことは、
じつは大変なことです。

 

業種として、
「当然のこと」とされていますが、
生死に関わる仕事のストレスは
相当ですよね。

 

 

また、20代、30代は
いろんな悩みをもつ世代でもあります。

 

 

最も多いのは、人間関係。

 

 

そのほかに、

 

今後のキャリアの方向性、

職場での仕事内容の悩み、

女性であれば、結婚や出産、

家庭の問題など、、、

 

 

すべてを抱えながら働くのは、
ときに大変に感じることもあるでしょう。

 

 

わたしのような業務に直接関係のない、
外部の者だからこそ、
話せることもあると思います。

 

 

メンタルケア目的の場合は、
傾聴を主体に、
カウンセリングでアプローチします。

 

 

明確に上記2つの役割を
分けて行うのではなく、
状況や対象によって、
変える場合もあります。

 

 

それぞれ個性がありますし、
院長先生の考え方や、
動物病院の目指す方向性によっても、
求められることが異なるからです。

 

 

一番難しいなぁと感じることは、

 

 

院長がスタッフに伝えてほしいと
思っていることと、

スタッフが職場(院長)に求めていること、
この両者のギャップです。

 

たいてい一致していません(笑)

 

 

話を聴くときは、
目の前にいる人に焦点を当て
聴くようにしますが、
必要があれば少し厳しいことも
スタッフに伝える必要があります。

 

それが、一番難しいと感じます。

 

いつも大事にしたいと思うことは、

 

==============
たとえ言いづらいことでも、
その背景にある院長の想いを
言語化して伝えること。
==============

 

 

私が訪問する動物病院は、
ほぼ院長が男性です。

 

一方で、
スタッフは女性が多い。

 

男性って、大事なことを
あまり言葉にしないと思いませんか?(笑)

 

 

女性は、頭でわかってはいても、
何か言葉が欲しいもの。

 

 

スタッフを大事に思うからこそ
厳しくなる院長先生の熱い想いや、
その根底にある優しさを、
出来る限りスタッフの心に
まっすぐ届けたいと思っています。

 

そして、

スタッフ個々の想いや願いを
院長先生と共有できるようにし、
お互いに「Win-Win」の職場を創る
お手伝いができたら嬉しいです。

 

ペット業界で働く人が、
みんな笑顔で働けますように(*^-^*)

 

 

================
スタッフの個人面談の導入をお考えの
動物病院やペット関連業の方へ

↓  ↓  ↓

こちらからお問い合わせください。

ただいま関東近郊に限り、
無料でご相談受付中です!(^_^)

================
 

入社一年目の動物病院スタッフに伝えたいメッセージ

入社一年目の動物病院スタッフに伝えたいメッセージ

新人スタッフに伝えたい6つのマインドセット  

~転職や離職を考える前に~


 

本日はいつもと違い、

動物病院で働く新人の方へ向けて、

(あくまでも個人的な視点ですが)

長く働き続けてもらいたいという想いも込めて、

お伝えしたいと思います。

 

なぜのようなことを書こう!

と思ったかというと・・・

 

ひとつは、

交流がある獣医学生さんから要望があったこと。

 

そして、

小動物臨床に進む獣医学生が少なくなっている現在、

貴重な人材が流出しないためにも

何かをお伝えしたいなぁと感じたからです。

 

とくに、やる気に溢れていた人や、

気持ちが優しい優秀な人材が辞めていくことは、

とても残念に感じています。

 

現時点でわたしなりに考えたことをまとめてみました。

  ↓  長文ですのでお時間のあるときにお読みください!(笑) (*^^*) 

Read more