スタッフのやる気がでない理由を考える

こんにちは!宮下ひろこです。
本日は、『スタッフのやる気がでない理由を考える』について、お届けします!

 
 


 
 
 
動物病院で働くスタッフの相談で、
「やる気がでないとき、どうしたらいいか?」
といったことが質問されます。
 
 
 
“やる気がでない・・・”
 
 
 
 院長先生のため息がそのまま聞こえてきそうな言葉。
 困りますよね。。。
 
 それを、もしスタッフが耳にしたら、
 もっと溜息がもれそうです。
 
 
 
でも、心配しないでください(*´∀`)
 
 
やる気がなくなることって、誰にでもあります。
(ありませんか?)
 
 
じつは、
私もやる気が出ないときがありますし(笑)
 
 
人の感情に浮き沈みはつきもの。
長期的なものでなければ、心配いりません。
 
 
 では、慢性的にいつもやる気がない人には、
どう対処したらよいのか???
 
 
 
まず、
やる気が出ない人をどうするか?
を考えるとき、
 
 
「なぜ、〇〇さんはやる気がないんだ!」
 
 
 
という、
批判や叱責の気持ちがある場合は、
ひとます心に納めましょう(^^)/
 
 
(これ、大事です)
 
 
そして、
 
 
大きく2つの視点に分けて
考えるとよいかもしれません。
 
 
 
やる気が出ない原因探し、
1つ目の視点は、
「メンタル不調の状態であるか、ないか」
 
 
 
そして2つ目は、
「個人の問題なのか、組織の問題なのか?」
です。
 
 
 
メンタル不調の状態が認められるスタッフで、
かつ個人的な問題が原因の場合は、
動物病院でできることは限られてきます。
 
 
またかえって「やる気を出させよう」と
働きかけることがプレッシャーになり、
本人にとってマイナスになることもあるので、
 
できるだけ早めに
専門家(医者やカウンセラーなど)へ
相談を促していくようにお願いしています。
 
 
 
 
次に、
メンタル不調の状態ではない人で、
個人的な問題なのか組織の問題なのかを、
見極めるようにしています。
 
 
 
個人的な問題(例えば、個人の性格や家族問題など)を
抱えている場合は、
本人の意思も影響し、時間がかかるため、
関わる優先順位としては下がります。
 
 
 
やる気がない人の中で、
最もアプローチすべきなのは、
 
 
じつは、
もともとやる気はあったのだけれど、
組織の問題(例えば、人間関係や組織運営、職場環境など)が障害となり、
結果的に「やる気がくじかれてしまった」という人、
今一時的にやる気が出ていない人に注目してほしいのです。
 
 
 
彼ら、彼女たちがもつ、
もともとあった仕事に対するやる気を、
元に戻すことに注力したほうがよいですよね。
 
 
 
たとえばの事例ですが、
 
============
 
・大学卒業後、勤務して半年以上たっても、
犬舎掃除や検査補助、入院管理が主な仕事で、
診察に出ることがなかなか許されない新人獣医師。
 
 
 
・院長に治療の相談をしたら
「自分で調べて考えろ」と言われ、
相談しなかったら
「ちゃんと事前に確認して」と叱られ、
どうしていいかわからない状態が繰り返される勤務獣医師。
 
 
 
・忙しい病院で昼休みも交代で一人でとり、
なかなか先輩とも仲良くなれず孤立状態、
院長には叱られてばかりで相談できる人がいない新人の動物看護師。
 
 
 
・飼い主さんのために栄養学の勉強をして、
受付で相談にのっていたら、
「無駄話していないで、早く手伝って」
と言われた動物看護師。
 
 
 
 
・動物看護師の意見をまとめて、
会議で業務改善の提案を発言をしても、
十分に話を聞いてもらえぬまま、
獣医師の一言で反対されてしまう動物看護師長。
 
============
 
上記は、相談された例のごく一部ですが、
大抵は人間関係のことが原因で、
やる気がそがれてしまったケースです。
 
まさに、
 
アドラー心理学で言われる
「勇気づけ」とは反対のこと
「勇気くじき」がそこにはあります。。。
 
 
 
やる気がないスタッフと決める前に、
「やる気がくじかれていないかどうか」、
組織の人間関係やコミュニケーションを
見直すことが大切ですね。
 
 
やる気がもとに戻るように、
(願いも込めて・・・)
 
まずは
「勇気づけ」や「承認」を意識した
コミュニケーションで過ごしましょう(*´∀`)
 
 
そして、
相手の心に、
「やる気の火」が灯ってくれるまで、
信じて待ってみませんか?
 
 
 

動物医療の現場に、勇気づけの心理学を!

動物医療の現場に、勇気づけの心理学を!

定期的にうかがっている

動物病院で院内研修でした。

 

 

テーマは、アドラー心理学の「勇気づけ」。

 

 

アドラー心理学の本を読んだ人に

ときどき感想を聞くと、

 

「頭では理解できるけど、

理想論で実践が難しいよね」と、

返ってくることがあります。

 

 

たしかに・・・

 

 

そういった面はあるかもしれないですね。

私もまだまだ探求中・・・(笑)

 

今日あつかった勇気づけの実践は、

比較的行動しやすいのではないかな?

と思っています。

 

そして、

 

実践する上で大切なことは「自己信頼」。

 

「自分自身を信頼し、

自分自身の可能性を信じること」。

 

 

あなたはいかがでしょうか?

自分の可能性、信じられますか?

 

 

 

 

これからも動物病院で働く人が

個々にセルフイメージを高く持って、

自分の幸せを自ら選択して

つかみ取ってもらえるようサポートしていきたいです。

 

 

そんな想いを胸に、

明日からも頑張りたいと思います ^^

動物病院のためのアドラー流マネジメント

動物病院のためのアドラー流マネジメント

先週の2016年11月27日(日)、

大阪で講演をさせていただきました。

 

ものごころついてから中学3年生まで
12年以上暮らしていた愛着のある街。

大阪は心の故郷なので、大好きな場所です。

今回、歴史ある「大阪麻布獣医臨床研究会」で、
臨床獣医師の先生方を前にお話をさせていただき、

私にとって大変貴重な機会となりました。

 

代表幹事の大下先生はじめ、
役員の先生方、お集まりいただいた先生方、
ありがとうございました。

また、懇親会でも温かく迎えていただき、
この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

皆さま、近畿地域だからなのか、
朗らかで冗談を交えながら話されるので、
その楽しい雰囲気に囲まれながら、
昔を思い出して懐かしくもありました。

 

また、
動物医療ではまだ馴染みのない
テーマにも関わらず取り上げていただき、
積極的なご意見や質問をいただけたこと、
心からありがたかったです。

 

 

わたしにとって、
近畿地域で活躍する先生方のお話を
直接うかがう機会は少なかったので、
大変勉強にもなりました。
今後に生かしていきたいと思っています。

 

 

ご参加いただいた先生方、
ご多忙の中、ありがとうございました。

これからも引き続き、どうぞ宜しくお願いします。

 

自分で気づいて、自分で行動を変える

自分で気づいて、自分で行動を変える

先日動物病院内で、
アドラー心理学に基づくワークショップをしました。

テーマは、
「さまざまな見方・考え方の存在を認める」
といった内容でした。

参加していた動物看護師さんに、
そのあと、あらためて会う機会があり、
感想を聞いてみました。

彼女には後輩が何名かいて、
現在は指導する立場にいます。

それまでは、
後輩に指導を行う上で、
自分とは反応や考え方が違う人がいて、
どのように対応すればよいか悩んでいたようです。

しかし、
今回のワークショップの中で、
色々な人の意見を聞き、
こう思ったそうです。

「なぜあんな態度なのかな?
と自分には理解できないと思っていたけれど、

その人なりの理由があってやっているのかも、
と気付けたことで、

少しその人に対する見方が変わりました」

とのこと。

自分の見方が変わったことで、
その人に対して接し方が変わったようです。

自分から困ったことがないか、
聞くようになったとのことでした(*^_^*)

 

「自分で気づいて、自分で行動を変える」

素敵なことですね。

自分で気づいたことは、
人から指示されて動くこととは違い、
持続します。

自分が今までかけていた心のメガネを変え、
相手に対する見方や捉え方を変えたことで、
自分自身で状況を変えたのです。

いまのところ、
彼女のある後輩への悩みは、
なくなったようです。

また出てくるかもしれませんが、
似たような状況であれば、
きっと自分自身で解決できるでしょう。

こういった話を聞かせてもらえて、
心理学のセミナーが
現場のスタッフに役立ててもらえたこと、
とても嬉しくなりました(´▽`)

継続して行う予定なので、
こちらでも今後の内容をご紹介していけたらと思っています。