なぜ、「ペット」の仕事なのか?

 
==☆==ご案内==☆==
女性のためのキャリアコーチング!
 
メルマガ読者は「1,000円」割引♪
ぜひこの機会にご利用ください!
 ↓メルマガ登録はこちら↓
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃動物医療&ペットのお仕事のための
┃メンタルタフネス・人財育成のヒン
□━━━━━━━━━━━━━━━━━
=============
 
 
 
新年明けましておめでとうございます!
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
さて、本日のタイトル、
なぜこんな内容にしたかというと・・・
 
 
たまたま勉強のために、
人間の葬儀会社を経営している方の話をビデオでみていまして、
 
 
その人は、高校生のときに葬儀社のアルバイトをして、
「人の役に立つ仕事だ!」
とそのまま社員になり、さらに13年目には独立開業。
 
仕事に対してゆるぎない信念をもって邁進してきた方の話でした。
 
その方の話を聞きながら、
私はなぜこんなに「ペット」に関わる仕事をしたいのだろう?
と、今更ですが(笑)考えてみたんです。
 
 
 
皆さんは、いかがでしょうか?
 
 
そのとき、
ふと思い出したのが、
小学生のときの経験。
 
 
もともと私は動物が大好きで、
当時住んでいた大阪で
幼稚園児の頃から
いろんなペットを飼っていました。
 
セキセイインコ、モルモット、ウサギ、猫 …
田舎だったので、
猫は野良猫で、
庭先にごはんを置いて可愛がる
という世話のしかた。
最近では
「無責任」と言われてしまうかもしれませんが、
自由な猫の飼い主でした。
 
あるとき、
かわいがっていた野良猫が、
当然ですが妊娠して、
3頭子どもを産みました。
 
 
そのうちの1頭は死産。
残り2頭のうち、
白い猫は自宅で飼うことになり、
もう1頭は、近所のお宅へ引き取られました。
 
 
 
引き取られた先は、
母親同士が知り合いで、
ご両親とその子ども、そして
高齢のおばあちゃんが
一緒に住むご家族。
 
 
 
私は子どもながらに、
可愛い子猫を手離すのが嫌で、
寸前まで駄々をこねていた記憶があります。
 
 
その後、
1年くらい経ってからだったか
再会する機会があり、
お宅に伺ったのですが、
そのときの猫の変わりように驚きました。
 
 
 
 
赤いリボンに鈴のついた首輪。
丸々太っていて、艶々の毛。
 
おばあちゃんに抱かれている猫は、
最高に幸せそうな顔をしていました。
 
 
そして、
 
そのおばあちゃんに手を握られ、
「ありがとう」、「本当にありがとう」
と子どもが戸惑うほどに、感謝されたんです。
 
 
 
後から聞いた話によると、
子猫をもらってくれた当時、
おじいちゃんが亡くなったばかりだったそうです。
ご家族は、
とても気持ちが沈んでいる
おばあちゃんの様子をみて、
子猫を飼うことを決めたらしいのです。
 
 
 
猫が家に来てくれたことで、
おばあちゃんの表情が変わったと、
ご家族からもとても感謝されました。
 
 
 
私は子どもながらに、
動物には凄い力がある!
と感動したことを覚えています。
 
 
 
「人の心を変えて、
生きる力にまでする動物の存在」
 
 
そんな素晴らしい動物に
何かしら関わる仕事をすることを決めたのは、
子ども心に感じたこのときの感動からだったかもしれない。
 
 
 
そんなことを、
ふと思い出す時間となりました。
 
 
 
ペットに関わる仕事をされている方、
またはこれから始めたい方が多いと思いますが、
みなさんは、なぜ?その仕事を選ばれたのでしょうか?
 
 
何かきっかけや、想いがあるかと思います^^
 
もしも、
人の上に立って
部下などを動かす立場の方がいらしたら、
そういった経緯や想いを、
新年という良いタイミングでもありますので、
言葉にして伝えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
動物病院を開業されている
院長先生であれば、
なぜ開業されたのか?
なぜこの場所、そのタイミングだったのか?
そもそも、
どうして獣医師になったのか? etc
 
それぞれに想いがあって、
それはきっと志となり、
未来像へもつながっていくはずです。
 
 
ぜひあなたが持つ想いを、
書くなり、話すなりして、
アウトプットしてみてくださいね。
 
 
初心に戻ることで、
また何か新しいヒントが
見えてくるかもしれません(^-^)
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
説明会開催中☆詳しくはこちら↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/stressclear
 
《ストレスクリアコーチになれる養成講座》
次回説明会は、1/9(火)13:00~14:30 
 
講座に申し込みしなくても大丈夫です!
まずは話だけ聞きたい方、大歓迎(*’▽’)。
お問い合わせ、お待ちしています。
 
 
 
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
 
動物看護師対象 キャリアセミナー
2018年1月21日(日)
詳しくはこちら↓
https://www.anicomjobs.com/blog/1234
 
 
 
第6回PET JOB交流会(ペットビジネス交流会
次回は2月13日開催です
https://www.facebook.com/events/316845435461915/
 
 

“人間力”を高めるためには

 
 
==☆==ご案内==☆==
年末年始特別コーチング!
↓詳細&お申込みはこちら↓
「女性のキャリア相談体験コーチング」
ぜひこの機会にご利用ください。
=============
 
 
 

“人間力”を高めるためには

 
 
今年も残り4日となりました。
いかがお過ごしでしょうか?
さて以前、
人間力を磨く必要性をお伝えしました。
 
 
本日は、そのことについて、少し書いてみたいと思います。
 
 
そもそも人間力って、何でしょう?
 
そして、
どのように身につくものなのでしょうか?
 
Wikipediaによると、
 
「人間力」という言葉は造語で、
組織革新研究会を主宰する藤田英夫氏が、
自身の人間観と仕事観に基づき、
1983年から同研究会で使用したことが始まりのようです。
 
 
 
様々な捉え方があると思いますが、
内閣府の「人間力戦略研究会報告書」では、
 
 
==============
『社会を構成し運営するとともに、
自立した一人の人間として
力強く生きていくための総合的な力』
==============
 
 
と定義されています。
 
 
ますます曖昧で、わかりづらいでしょうか(笑)
 
 
「人間力」の構成要素として、
 
・知的能力的要素
・社会・対人関係力的要素
・自己制御的要素
 
と3つあり、それぞれ細かく定義されています。
 
 
 
 
詳しくは専門書にお任せするとして、
 
わたしの個人的な定義は・・・
ざっくりと以下のように考えています。
 
 
 
 
「人間とは何か」
「自分とは何か」
といったことを考え、
日々自分と向き合うこと
 
が、「人間力」を磨くことにつながると思っています。
 
 
そのために必要なこと。
 
まずは「自己理解」と「自己一致」。
 
 
 
人と良い関係を築くためには、
まずは自分のことを理解していないと
始まらないですよね。
 
 
 
自己理解のための方法は、
いろいろあると思いますが、
私は心理学の学びや
カウンセリングを通して、
自己理解を進めてきました。
 
 
 
 
自分の強みや良いところを
素直に受け入れ、
また弱さやズルイ点など、
ネガティブに捉えがちな所も、
そのまま認める。
 
 
 
とてもシンプルで簡単なことを、
複雑にしている自分。
 
 
 
そんな自分を、
まず理解することから始めること、
とても大切です。
 
 
 
忙しい師走は
なかなか大変かと思いますが、
自分とじっくり向き合う時間の確保、
この時期だからこそ、
ぜひ意識してみてくださいね(^-^)
 
 
 
 
 

ペットロス☆お話し会を開催して

 
定期的に行っている
ペットロスの「分かち合いの会」
開催してきました。
 
 
今年から3ヵ月に1回ペースで始めて、今回は4回目。
 
 
参加者の方々に、
ペットとのお別れの経験や、
その後感じていることを
自由に話していただく会です。
 
 
それぞれに、
ある程度お話をしていただきたいので、
少人数で実施しています。
 
 
 
今まで開催してきて、
涙がない会はないのですが、
決して重く暗い時間ではなく、
毎回とても優しく、
穏やかな時間が流れます。
 
 
『また参加したい』
 
『来て良かった』
 
といった言葉に支えられ、
 
続けてこれました。
 
 
 
今までを振り返ると、
よく話題になっていたのが、
動物病院でのインフォームドコンセント。
 
「もっと説明してもらえていたら・・・」
「あのとき質問できていたら・・・」
 
といった、
後悔や自責感のお話がありました。
 
 
 
 
ペットの病状が深刻な状態であることを、
どこまで、
どのタイミングで、
どのように伝えたらよいのか・・・
 
 
 
動物病院側も悩むことが多いと思いますが、
飼い主さんのお話を聞けば聞くほど、
正解の答えがないことに気づかされます。
 
 
 
動物病院の治療方針と、
飼い主さんの要望や考えを
コミュニケーションによってすり合わせ、
動物にとってお互いに良い治療を
納得がいくように話し合って進めていくこと。
 
 
 
飼い主さんからも、
遠慮せずに聞きたいことは
質問していただきたい。
 
 
獣医師に任せるときは、
不明なことがない状態にして
信頼していただく。
 
 
 
あらためて、
ペットロスの軽減には、
両者の努力や信頼関係が
必要不可欠だと思いました。
 
 
 
コミュニケーションが
途中でこじれてしまうと、
飼い主さんにとっても
ペットにとっても不幸です。
 
 
 
ペットのターミナル期は、
できれば転院などせず、
信頼できる動物病院で
安心して最期まで過ごしてもらいたい。
 
 
 
心からそう願います☆
 
 
あらためて、
動物病院だから・・・
というわけではないですが
 
 
どのような場面でも
「コミュニケーション力」や
「人間力」を磨く努力が日々必要ですね。
 
 

コーチングの魅力

 
 
先日コーチングの研修をさせていただく機会があり、
とても充実した一日を過ごすことができました。
 
 
 
あらためて、
コーチングって好きだなぁと思います。
 
 
私自身がコーチングを学んで、
とても大きな変化を実感していることも
1つの理由です。
 
 
 
でも以前は・・・
 
 
 
コーチングを初めて受けたとき、
カウンセリングと違い、
質問を次々にされて戸惑ったことを覚えています。
 
 
 
アドバイスや、コーチ自身の個人的な意見もあり、
とても強制的な感じがしたんですよね
 
 
正直、「コーチングって嫌い」って思ってしまいました(笑)。
 
 
 
そんな苦い経験をしたおかげで、
今はそのような気持ちに
クライアントさんがならないように気をつけることができます。
 
 
何事も経験ですね(笑)
 
 
コーチングもカウンセリングも、基本は「相手軸」。
 
 
 
相手の役に立ち、
良さを実感してもらわないと
どんなに良い方法でも、
その人にとっては意味がないものになってしまいます。
 
 
 
人生において無駄になることも何もない・・・
と思いたいですが、
お金をいただく以上、
コーチとして向き合うときは、
やはり相手が成果を出せることにフォーカスし、
サポートするのが仕事。
 
 
 
ゴールまでのプロセスを共に歩み、
一緒にその成果を喜べるコーチング。
 
 
これを経験すると、
とてもやりがいを感じます。
 
 
 
今回の研修では、
コーチングの基礎をお伝えしましたが、
動物業界の人材育成の現場でも
マネージャークラスの方々には
取り入れていただきたいです!
 
 
 
コーチングの個人セッションもしていますので、
 
「一度受けてみたい!」とお考えの方は、
ぜひご連絡ください^^
 
体験セッションがおすすめです。
 
 
また、
スタッフの成長、組織の成長に、
とても役立つ有効なコーチング講座も行っています。
 
「学びたい!」と思われたたこちらまでご連絡くださいね。
 ↓   ↓   ↓
 
「コーチング講座(またがセッション)の問い合わせ」
とご記入いただき、受けたい理由なども添えて
ご連絡くださいませ。
 
 

VSJ Summit 2017に参加してきました

VSJ Summit 2017に参加してきました
 
9月30日まで早期割引です!
=======☆お知らせ☆=======
動物看護師さん主催の
キャリアアップセミナーが
10月に開催されます!
 ↓  ↓  ↓
========================
 
 
9月10日に都内で開催された、
VSJ Summit 2017」に参加してきました。
 
獣医師や動物看護師など獣医療関係者が、
学術ではないテーマで真剣に話し合うサミット。
5つのテーマごとに、
スピーカーとなる先生方が個々の意見を述べ、
会場の参加者も含めてディスカッションする、というものです。
どのテーマも充実していて、
一日ではとてもとても足りない内容でした。
 
以下は、取り上げられたテーマです。
 
=============
・Session1:
 これからの獣医師の働き方改革
 
・Session2:
 これからの日本の獣医大学のあり方・役割とは?
 
・Session3:
 獣医業界のあらたなサービス
 
・Session4:
 日本での動物看護師の現状と活かし方の展望
 
・Session5:
 女性獣医師の働き方改革
=============
 
様々な分野で活躍されている方々が、
日本全国から、
またアメリカからも、
オンラインで参加され、
懇親会も含め熱気に溢れていました。
 
 
わたしは最後のセッションの
モデレーターとして参加させていただき、
「女性獣医師の働き方」について
進行役を務めました。
 
女性獣医師に限らず、
男性獣医師も、動物看護師も、
個々に自分のライセンスを活かして、
どのように社会に貢献していくか、
キーワードとして、
「ライフ・ワーク・バランス」が出ていました。
※ワークとライフの順番に意味があります。
 
仕事だけでなく、
プライベートや家族との時間を
大切にする人が増えてきています。
 
女性は特に、結婚や出産、育児など、
ライフイベントによって、
様々な選択を迫られますよね。
 
 
また、女性だけでなく、
年齢を重ねるにつれて、
体力的なことや、
家族の介護の問題など、
人生において考えさせられるタイミングもやっていきます。
 
「ライフ」と「ワーク」のバランス。
 
皆さんは、
どのようにバランスをとっていますか?
上手くいっているでしょうか?
 
 
私は臨床にたずさわっている時は、
そのようなことも考える余裕がなくて、
今ようやくですが・・・
理想に近い働き方ができています。
 
 
ただやはり、悩むことは多いです。
 
 
ある先生からは、
動物病院で生涯勤務医として働くことを考えると、
家庭をもって、子どもの将来を考えると、
お給料面で経済的に不安が拭えない現状は、
実際あるのではないか、
といったお話もありました。
 
 
また、
 
獣医師や動物看護師の資格を取得し、
夢をもって社会に出てくる方々が、
将来への不安を感じて、
小動物臨床を選ばなくなっている現状のお話もありました。
 
 
職場環境の改善はもちろんですが、
現場から意識改革をして、
 
女性が結婚や出産・育児をしながら、
安心して働けるような職場を現場から整えていく仕組みづくりの必要性を、
あらためて考える一日。
 
懇親会では、
男性の獣医師の方々ともお話ができ、
 
「理解するためにコミュニケーションを意識したい」
といったことや、
「女性の立場をもっと配慮したい」
と仰っていました。
 
また中には、
すでに「キッズルーム」を計画している
といった院長先生もいらして、
確実に変化はしています。
 
 
少しずつですが、
良い方向に変化していると思います。
 
 
VSJサミットは、毎年開催されていますので、
まだ参加されたことがない方は
ぜひ来年の今頃情報をチェックしてみてくださいね。
 
 
次回はメルマガでも、
事前にご案内を紹介をさせていただきます!