日々成長する新人獣医師から おしえられたこと

============
日々成長する新人獣医師から
おしえられたこと
============

春に入社したばかりの
新人獣医師の診察に
同席させてもらうことがあります。
 
 
彼らの成長は、日に日に加速し、
久々に会うと驚くことばかり。
 
(私は同じような時期、ただ焦って空回りしてました…苦笑)
 
 
 
先日も、診察時のコミュニケーションで、
少し気になる点があり、
終了後にどうフィードバックしようかなぁと、
考えていたら・・・
 
 
その新人獣医師は、
「あっ!」と何か気づいたらしく、
自分で後から飼い主さんに確認しに行ってました。
 
 
 
まさに、
フィードバックしようとした内容を
自分で振り返り、気付き、
不足点を自力で補っていたんです。
 
 
 
私のフィードバックの
タイミングが早かったら、
気づく機会を奪っていたかもしれないですねf(^_^;
 
 
あらためて
人の素晴らしい場面を
目の当たりにし、
この繰り返しが、人の成長につながるんだなぁと、
感動しました。
 
 
そして、
 
こうした新人さんの成長には、
本人の取り組みや姿勢以外に
支えとなる必要な要素があります。
 
 
 
それは、
獣医学的な知識や技術を
日々サポートしてくれる
先輩獣医師や動物看護師の存在や、
なんでも気軽に相談できる
病院全体の雰囲気です。
 
 
 
私が新人のころは、
スピードや効率に追われ、
動物看護師が一人もいなかったので、
たくさんの先輩獣医師から頼まれる
様々な業務をこなすことに精一杯でした。
 
 
 
気軽に先輩に質問するなんて、
忙しくてなかなか難しい雰囲気。
 
 
緊張感があり
適切な表現ではないかもしれませんが、
戦場のような動物病院でした。
 
 
指示なのか、叱責なのか(笑)、
どちらともとれる指導のもとで、
十分考える余裕もなく、
ただただ目の前のことをこなすだけ。
 
 
そこで得られたことは、
もちろんたくさんありますが、
最終的には体力と精神的な限界で、
辞めることになりました。
 
 
社会人になって、初めての大きな挫折。
 
 
いま振り返れば、
自分なりに精一杯したので
後悔はないけれど、
あの挫折感は、そのあとかなり尾をひきました。
 
 
 
自分なりの今までの反省と、
獣医業界への恩返しの気持ちがあり、
今こうした仕事をしていますが、
 
 
あらためて・・・
 
 
夢や希望を持って
この業界に入ってくる人が
できれば一人も退くことなく
幸せに働き続けられる
環境づくり・人づくりに
引き続きたずさわっていきたいです。
 
 
 
今まで支えてくださった
多くの人に感謝をこめて、
本日のメルマガは終わりにしたいと思います。
 
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 
 
猛暑に負けず、暑さ厳しい夏を乗り越えましょう~(^-^)/
 
 

新人スタッフを迎える際に必ず伝えていること

新人スタッフを迎える際に必ず伝えていること

 

東京は本日桜が満開予報。

 

4月に入り、少しずつ暖かくなってきました。

 

お花見はいかれましたか^^

 

 

 

さてこの時期、

 

職場に新しいスタッフを迎え、

フレッシュな気持ちで

スタートした職場も多いのではないでしょうか?

 

 

 

私がうかがっている動物病院でも、

新しいメンバーが増えています。

 

 

 

 

そして、

新人の方だけ別の時間をもうけ、

「新人研修」を行うことがあります。

 

 

その際、必ずお伝えすること。

 

 

本日はそのことについて、

お伝えしたいと思います!

 

 

 

 

わたしは「あいさつ」と同じくらいに

大切だと思っています。

 

 

 

それは

 

 

Cleanliness(クリンリネス)です。

 

 

 

 

ある有名な飲食チェーン店が

店舗運営の基本とした「QSC

 

Quality:品質「Q

Service:サービス「S

Cleanliness:清潔感「C

 

といった、3つの原則のうちの1つです。

 

 

 

 

 

クリンリネスとは、

 

「清潔な(輝くような)状態を維持すること」。

 

 

その効果として、

 

・職場環境の美化

・従業員のマナーの向上

・顧客満足向上

 

などが挙げられます。

 

 

 

そして、

クリンリネスを実行していくために、

必要な5つの項目、

5Sという有名な用語がありますので、

ご紹介します。

 

 

 

 

日本語でのローマ字表記で、

頭文字が「S」となるため、

5Sというそうです。

 

 

==============

① 整理(せいり、Seiri

 →不要なものは捨てる

 

② 整頓(せいとん、Seiton

 →使用後は決められた元の場所に戻し、いつでも使える状態にしておく

 

③ 清掃(せいそう、Seisou

 →常に掃除をして、職場環境を清潔に保つ

 

④ 清潔(せいけつ、Seiketsu

 →3S(上記の①~③)を維持する

 

⑤ 躾(しつけ、Shitsuke)※(もしくは、習慣)

 →決められたルール・手順を正しく守る「習慣」をつける

 

==============

 

 

上記の5つは、

どのような職場でも社会人として、

とても重要なことです。

 

みなさんの職場ではいかがでしょうか?

実行できているでしょうか?^^

 

 

 

 

動物病院のクリンリネス。

 

 

「待合室」や「診察室」、

「お手洗い」といった

飼い主さんが入る場所だけをみても、

中の様子、じつは想像できます。

 

 

 

細かいことかもしれませんが、

個々のスタッフの

クリンリネスへの意識が

習慣化されていないと、

 

身だしなみや、

言葉遣いだけでなく、

 

会計や薬の処方、

器具の扱い方、動物への接し方…

などにも影響していきます。

 

 

 

 

 

おおげさかもしれませんが、

私はクリンリネスへの意識は、

人としての「在り方」にも

つながっているように思います。

 

 

 

 

 

まずは、

「クリンリネス」の目的を理解し、

実行できるように「意識」をもつこと。

 

そして、

それを継続し習慣化する

「感覚」として身につける努力をすること。

 

 

 

 

じつは、

言葉でいうのは簡単ですし、

頭では誰もが理解できることですが、

実行が難しいですよね(>_<)

 

 

 

なぜ難しいか・・・

 

 

それは、

 

小さい頃からの教育や

家庭環境によって

 

個々に感覚が異なり、

「清潔さの基準」に、

差があるからです。

 

 

 

 

もし習慣化ができていないのであれば、

どこにその問題があるのか

検討することから始まります。

 

 

実行できるような「仕組み」が

できていないのかもしれませんし、

 

 

個々の「意識」の問題で、

必要性が十分に伝わっていないのかもしれません。

 

 

 

また、

動物病院のクリンリネスの基準は、

院長先生や、リーダーの

考え方や意識によっても異なります。

 

 

 

まずはそこを明確にして、

スタッフ全員に伝えていくことからのスタート。

 

 

 

『クリンリネス』

 

ぜひ4月から、

しっかり徹底して、

顧客満足向上にもつなげていってくださいね。

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽