新人獣医師&看護師がはじめにおぼえるマナー

新人獣医師&看護師がはじめにおぼえるマナー

本日は、

動物病院で新人スタッフにこれだけは教えておきたい、

ビジネスマナーについて書きたいと思います。

 

いくつかありますが、

 まずは、

基本中のきほん!から。

 

 

できている人には当たり前すぎて、

研修内で聞いても出てこないくらいです(^-^;

 

 

答えは

 

・・・

 

 

「気持ちの良い挨拶」です(*^-^*)

 

 

『おはようございます』

 

『こんにちは』

 

『こんばんは』

 

 

来院される飼い主さんとだけでなく、

スタッフどうしも気持ちよい挨拶が出来ていますか?

 

また、出入りする営業の方や業者さんにも、

しっかり声が出ているでしょうか?

 

動物病院には様々な方が出入りしますが、

誰よりも早く、

気持ちよく挨拶をするようにしましょう。

 

 

そうです!

 

挨拶は『自分から』が基本。

 

 

初めて訪問するときに、

スタッフさんがあちこちから自然に「こんにちは!」

と笑顔で声をかけてくれる病院は、

全体の雰囲気も良く、患者さんで溢れています。

 

 

一方で、

顔もあげずチラリとこちらをみて自分の業務に戻ってしまう人や、

こちらが挨拶しても会釈だけの人が一人でもいる病院は、

院長先生が院内の人間関係に悩んでいる場合があります。

そのような事情が、じつは挨拶だけでわかったりします。

 

こわいですね(>_<)

 

 

より良い人間関係を構築するには、

何よりも第一印象が大切だと言われています。

一説では、『第一印象は出会いの瞬間3秒で決まる』とか。

 

そのあとの人間関係を左右する要因は、

挨拶であると言っても過言ではありません。

 

————————————————

気持ちのよい挨拶で1日を始め、

 心のこもった挨拶で1日を締めくくりましょう。

————————————————-

 

「気持ちよい挨拶」って、

あらためて教える機会はあまりないですが、

もし出来ていないスタッフが一人でもいるのであれば、

経験年数関係なく、

「挨拶の大切さ」からおしえてあげて下さい。

 

 自分が挨拶した相手からいつも返事がなかったり、

顔もあげてくれなかったら、

どう感じますか?って。

 

「感じ悪い(-_-;)」と思う人もいるでしょうし、

 「もう挨拶するのやめた」って思う人もいるかもしれません。

 

 

そこまで思わなくても、

 「わたし、何か悪いことしたかな?」とか、

 「体調悪くて元気ないのかな?」とか、

 心配になります。

 

☆—☆—☆—☆—☆

挨拶は、

人間関係の潤滑油。

☆—☆—☆—☆—☆

 

 

挨拶は自分から率先して行うことで、

自分にとっても、他のスタッフにとっても、

居心地のよい病院創りに貢献できます(^^)

 

 

挨拶のことだけで、長くなってしまいました…

 

他のマナーについては、

また別の機会にお話したいと思います。

 今日はこのへんで終わります。

 読んでいただいて、ありがとうございました!

 

こわい!逃げたい!クレーム応対。あなたの接客大丈夫?

こわい!逃げたい!クレーム応対。あなたの接客大丈夫?

ビジネスマナー講座シリーズ第2弾☆

日程が決まりました!
(特別価格は2016/6/3まで)

 

2016年7月3日(日)にHAACでクレーム応対の講座を開催します。

3月に開催した研修のフォローアップでもありますが、

前回参加していない方でも参加大歓迎です。

特別価格は期間限定(6月3日まで)です。

ぜひお申し込みはお早目に!

 

☆ただいまメルマガにご登録いただくと、

さらにお得な価格でご案内中です!

※価格はメルマガ内でお伝えしています。

いつでも解除可能です。この機会にご登録ください。

 

■ーーーーーーーーーーーーーー■
 こわい!逃げたい!クレーム。
 あなたの接客大丈夫?
『いざというときのためのクレーム応対の極意』
■ーーーーーーーーーーーーーー■

知っていると知らないとでは、
いざというときに差が出るクレーム応対。
この機会に学びませんか?(^o^)

 

===== お申し込みはこちら↓ =====

https://ws.formzu.net/dist/S20301051/

 割引コード
   ↓
「AHR-20160502」

※お申し込み時に必ずご記入ください
===============================

【日程】
2016年7月3日(日)

13:30~16:30

【内容】

1)クレーム応対の極意
・クレーム発生の原因
・クレーム応対の3ステップ

2)クレームを起こさないためのコミュニケーション
・マネージャーゲーム
・PDCAサイクルの重要性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【場所】あうるすぽっと会議室(東池袋)

【講師】髙山千衣

【早期特別価格】 

 ※この価格は2016年6月3日まで

  8,640円 (定価10,800円)

  ペア同時申込みの場合はさらにお得!

        → 13,500円
   (HAACメルマガ同時登録者限定)

【お申し込みコード】AHR-20160502
※お申し込み時に必ずご記入ください

  ↓   ↓   ↓

 〇お申し込みはこちらからお願いします!
  https://ws.formzu.net/dist/S20301051/

【主催 】HAAC-Education

 

仕事のスイッチは〇〇〇チェックから!

仕事のスイッチは〇〇〇チェックから!
 
信頼&安心の
動物病院・ペットクリニック創りを
応援する宮下ひろこです。
 
 
4月から5月は動物病院で最も忙しい時期。
 
 
院長先生からは、
大変な狂犬病集合注射が、
やっと終わったとお聞きしていますが、
まだまだ動物病院は大変な時期が続きますね。
 
 
 
フィラリアやノミダニ予防の薬も、
最近ではいろんな種類が出てきています。
 
私は動物病院によって
使っているものが異なるので、
違いや名前をおぼえるのに
苦労しています(>_<)
 
 
 
 
 
さてさて、
先日ある動物病院で、
コミュニケーションの研修をさせていただきました。
 
初めての病院では、
ベースとなるマナーに関することも
お話します。
 
言葉遣いや挨拶など、
接客で気をつけるべきことを復習しながら、
身だしなみについても
院内でチェックします。
 
たとえば、
 
〇爪はのびていないか
 
〇ユニホームは汚れていないか
 
〇髪はまとめているか
 
・・・など
 
そして、
 
毎回確認しますが、
動物病院内に「鏡」があるかどうか。
 
 
 
 
ときどき、
全くない動物病院があります。
 
皆さんが働いている病院では、
いかがでしょうか?
 
 
 
最低限、
洗面所や更衣室、休憩室には、
欲しいですね。
 
 
 
仕事を始める前、
朝や昼に身だしなみをチェックできる鏡、
設置されているでしょうか?
 
 
 
出来るのであれば、
バックヤードに1つか2つ、
鏡があるといいですね。
 
そして、
顔だけでなく、
全身が見れる姿見があると
もっといいのですが・・・
ご用意されていますか?
 
 
 
私がずいぶん前に務めていた病院では、
トイレにも鏡がなくて、
自分で用意した記憶があります。
 
仕事中は、
犬舎のステンレスで
なんとなく整える感じ(笑)
(これではダメですね)
 
 
 
自分がどう周りから見えるか、
仕事の前に必ずチェックしておきましょう。
 
顔色は暗くないですか?
 
不健康な印象ではないですか?
 
逆に化粧は濃すぎたり、
華美な髪飾りなど、
つけていませんか?
 
髪は寝起きのままでなく、
櫛をとおして結んでいますか?
 
 
 
鏡をうまく使い、
表情チェックもして、
プライベートと仕事の
切り替えスイッチを入れましょう。
 
 
 
朝の鏡チェック、
病院全体で意識化し、
習慣にしていくことをおススメします!
 
 
 
本日は
 
==============
 仕事のスイッチは、
 
「かがみ」チェックで入れましょう!
==============
 
でした(^-^)