期待に応える働き方

 
 
最近ありがたいことに、
動物病院の院長先生はじめ、
経営者の方と人材のお話をすることが
多くなりました。
 
 
そのなかで出てくる
「あるある人材」のひとつ(笑)。
 
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
をどうしたらよいかといった話です。
 
 
 
皆さんの身近には、
そのように思う人、
いらっしゃいますか?^^
 
 
 
あるコンサルタントの方が、
このようなことを以前メルマガに書いていらっしゃいました。
 
 
   ↓ ↓ ↓
 
============
 
自分の「給料を上げる方法」
について。



結論だけまとめてご紹介すると、
 
もらっている額より働くこと!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相手の期待を超えること!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とのこと。
 
 
そして最後に、こんな一言も。
 
=============
相手が
「給料を上げないと申し訳ない」
と思うぐらい貢献しよう。
=============
 
 
※株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング代表取締役
 
 
この考え方って、
自営の人であれば
「給料」ではなく、
「仕事」に変えてもいいですよね。
 
 
 
「仕事」を増やす方法は、
もらっている仕事量より多く働き、
相手の期待を超える働きをすること。
 
 
例えば、
自分の仕事のクオリティばかり追求して、
それが相手の期待に応えられていなければ、
次の仕事につながりませんし、
単なる自己満足です。
 
 
 
従業員であれば、
雇用主やお客様の要望を
満たしていないので、
給料も上がりません。
 
 
どのような仕事でも、
自分の心のなかで、
「ここまで」と決めてしまうと、
成長は止まります。
 
 
わたし自身も、
偉そうなことは言えません(;’∀’)
常にその点は忘れずにいたいです。
 
 
===============
人に何かを期待するより、
人から期待される働き方をしましょう!
===============
 
 
PET JOB交流会(ビジネス交流会)でも
様々な経営者の方々と話をさせていただきますが、
 
あらためて、
「相手の期待に応える働き方」
を肝に銘じたいと思いました。
 
 
そして、
 
はじめの話に戻りますが・・・
 
 
「給料分か、それ以下しか
 働いていない(と思われる)人」
 
と話す機会があるときは、
 
たいてい現状に対する「不満」あるので、
まずはそれを聞いて、
 
「今のあなたは雇用主の期待に100%応えていると
胸を張って言えますか?」
 
と問いかけることがあります。
 
 
少し厳しいことかもしれませんが・・・
 
自分の権利を100%主張したいときは、
まず自分に期待されている役割を100%果たしてからにしないと、
相手の耳には届かない
 
と思うからです。
 
仕事って、そういう厳しい面もあること、
誰かが伝えていく必要がありますよね。
厳しいからこそ、やりがいや楽しみもある!
そう思います。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 
 

選挙の報道から学ぶリーダー論

 

日曜日の選挙が終わり、

最近のTV番組をみていると、

いろんな方がいろんなことを発信していますね。
 
 
 
そのなかで、
私が面白いなぁと思った視点は、
希望の党の敗因について。
 
 
 
小池さんのリーダー資質を
いろんな立場の方が批判的な発言をして、
論じています。
 
 
特に、
希望の党の出現に振り回された
議員の方々の発言を聞いていると、
客観的な批判だけでなく、
個人的な感情が見え隠れ。
 
 
小池さんに、
「振り回された」
「期待してしまった」
「結局信頼されていなかった」・・・等々
 
 
 
その背景には、
「(振り回された自分に)腹立たしい」
「(期待を裏切られて)悲しい」
「(信頼してもらえず)残念」
 
 
といった周りの議員の感情が見えました。
 
 
 
なぜ、
希望の党の候補者が
このような気持ちになってしまったのでしょうか?
 
 

一晩で追い風が向かい風になったリーダー

 
 
 
それは小池さんが
今回の選挙の方針や戦略などを
周りにオープンにしなかったことだと言われていますよね。
(真偽はわかりません)
 
 
 
自分一人の心の中で考えて、
一人で決めて発言してしまう。
 (少なくとも周りにはそう見えていたようです)
 
 
 
「なんでも意見を聞きます」
といった態度を信じて
実際に意見を言うと、
結果的に遠ざけられてしまう。
 
 
 
なんか似たような話を、
動物看護師さんからのメール相談で
聞いたような・・・(-_-;)
 
 
 
選挙が終わってみると、
小池さんの「側近」とされた人は、
いなくなってしまいました。
 
もしかしたら、
はじめから存在しなかったのかも、
とも思います・・・
 
 

有能なリーダーとは?

 
 
有能なリーダーには、有能な側近がいます。
 
 
 
有能な側近とは、
たとえ意見が違っても
必要なことは言ってくれて
力になってくれる人です。
 
 
 
良きリーダーとされる人は
日頃から自分の考えや方向性を
周りに話します。
 
 
 
ブレがないので、
いつでも同じことを言いますが、
それが周りの人の思考や感情に
繰り返し影響を与えます。
 
 
 
側近も知らないという秘密主義で
物事を進めていくことはしません。
 
 
 
皆さんが所属している組織や会社では、
いかがでしょうか?
 
 
良きリーダーがいて、うまく機能していますか?
 
 
 
じつは良きリーダーは、
その人の資質だけで
作られるわけではありません。
 
 
 
周りのフォロワーの存在にも
影響を受けます。
 
 
 
いずれの立場にしろ、
同じ目的をもって、
同じ方向に進めるように、
最低限の情報を共有するための努力は必要です。
 
 
「最低限の情報」と考える領域が、
それぞれで違うことを忘れずに(^^)/
 
 
 
組織は「人」」で創られます。
 
 
人の考えや気持ちをお互いに理解すること。
 
そこから始まることを、
あらためて忘れずにいたいと思います。
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
 
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
<10月開催>
・動物看護師主催のキャリアアップセミナー
 
 
 
<11月開催>
 
 

ペットの終末期のケアを、スタッフと共に考える

はじめにイベント情報です! 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
▼イベント情報▼

↓ 詳しくはこちら ↓
 
先輩動物看護師に学ぶキャリア交流会&セミナー
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 
さて、
 
先日動物病院で、
「ターミナル期にペットを抱える
飼い主さんへのサポート」について、
お話をしてきました。
 
 
 
 
ある事例を題材にし、
「安楽死」という重いテーマについて
ディスカッションをする、
という研修です。
 
 
 
 
一般の飼い主さんには
あまり聞きなれない言葉で、
ドキッとするテーマですよね。
 
 
驚かせてしまったら、
申し訳ございません。
 
 
 
 
ただ、
 
「安楽死」の問題は、
 
動物病院では外せないテーマです。
 
 
 
個々のストレスマネジメントの観点からも、
一度は時間を作り、
じっくり考える必要がある内容だと思っています。
 
 
 
 
動物の安楽死は、
 
動物のQOL(生活の質)を著しく損ない、
痛みのコントロールが難しいときや、
呼吸が苦しいといった状況の場合に、
獣医師と相談の上行う場合があります。
 
 
 
 
 
研修後の感想の中で、
 
 
ある獣医師は、今まで、
自分からはそういった話は
一切したことがなく、
どのタイミングで飼い主さんに切り出したらいいか迷う、
とのことでした。
 
 
 
状況によっては、
飼い主さんにショックを与える場合もあり、
 
伝え方によっては、
信頼関係が崩れることもあるので、
 
確かにタイミングは重要で、
伝えるときは配慮が必要です。
 
 
 
一方で、
 
 
ペットロスのカウンセリングなどでは、
「自分からはなかなか言い出せず、
先生から言ってもらいたかった」
 
といった飼い主さんの声を、
耳にすることもあります。
 
 
 
どのタイミングでお話をするか、
飼い主さんからお話くださるまで
言わないほうがよいのか・・・
 
難しい選択ですが、
ケースバイケースです。
 
 
正解はないのですが、
「獣医師からは絶対に言わない」
と決めずに、
柔軟に対応していただくように
お伝えしました。
 
 
 
また、
 
 
一緒に参加していた
動物看護師さんからは、
 
「自分のペットは心臓が悪いので、
いつか肺水腫になって苦しい状況になるかもしれない。
 
そういったとき、
あまりに苦しい様子であれば、
安楽死も考えるけれど、
自分から言い出せないかも・・・」と。
 
 
「でも、獣医さんから言ってもらえたら、
少し気持ちが楽になるかもしれない」
 
と話してくれました。
 
 
 
獣医師によっては、
「動物の命を助けることが使命」なので、
「安楽死は絶対にしない」
といった先生もいらっしゃいます。
 
 
そのお気持ち、私はとてもわかります。
 
以前、臨床現場にたずさわらせていただいていた時、
私自身やりたくなかったからです。
 
 
 
ですが、
飼い主さんのご様子を間近でみる機会の中で、
また直接お話をお聞きしながら思うのは、
 
獣医師も迷いながら、
飼い主さんも迷いながら、
 
共にペットのために考え、
十分に話し合った結果であれば、
場合によっては安楽死をする場合も
あっていいのではないか?
 
 
といった考えに、
今は落ち着いています。
 
 
 
どちらを選択するにしても、
少なからず後悔や
「もし、別の選択をしていたら」
といった想いは
残ると思います。
 
 
 
だからこそ、
 
苦しいなかでも、
大切なペットのことなので、
十分に考えて決めることは、
必要なことなのかもしれませんね。
 
 
 

承認欲求って、あってはダメなもの?

 

この時期、動物病院で働く
新人の獣医師さんや動物看護師さんから、
お仕事の相談をされることが増えます。
 
 
 
 
6月に入り、
少しずつ仕事にも慣れて、
忙しさも落ち着いてくるからでしょうか。
 
 
仕事内容、人間関係、将来への不安・・・
内容はいろいろです。
 
 
 
 
話を聞きながら、
 
「頑張っている私を認めてほしい」
 
「役立っていることを感じたい」
 
といった「承認欲求」を感じます。
 
 
 
 
 
「承認欲求」は
どのような方にもあるといわれています。
 
 
最近思うのですが、その承認欲求・・・
 
 
持っていることを認めたくないのか、
時々否定する方がいますが、
 
そんなとき、
あってはダメなのかな?
と思うのです。
 
 
 
 
もちろん、
承認欲求が過剰になりすぎて、
他人に対して
「認めて、認めて」だけになると、
 
期待通りの反応がない場合、
自分自身が苦しくなることがありますよね。
 
 
 
 
でも、
 
 
「私のことを認めて欲しい」って欲求は、
実は否定すればするほど、
追いかけてくるような、
まとまりついてくるようなもの。
 
 
 
 
周囲の人から、
「社会人として甘えている」とか、
「周りの評価は関係ないでしょう」と
 
否定されればされるほど、
 
承認欲求が全開になっていると、
余計に認めてもらいたくて、
空回りながらも頑張ってしまう。
 
 
 
 
“仕事って周りがどう評価しようが関係ないよ。
あなたはあなた”
 
って考え方は、頭ではわかるけど、
 
 
承認欲求の真っただ中の人には、
ものすごく受け入れるのが大変だと思うのです。
 
 
 
正しいのかもしれませんが、
他人から言われたところで、
素直に目を向けることができるほど余裕がない。
 
だって、
自分を認めてもらいたんだから。
 
 
 
 
まずは、
承認欲求の存在に気付き、
そんな自分自身であること、
そのままの自分を否定せずにいることが、
大切なのではないかと。
 
 
 
 
そのためには、
周りもそのことを
広い目で受け止めることが必要な気がします。
 
 
 
あってもいいんだ、と思えると、
自分のことだけでなく、
他人の「承認欲求」も、
当たり前に受け止められます。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あいさつの、ちから

 
全くの赤の他人から
かけられた言葉に、
涙したことありますか?
 
 
私はあります・・・
 
 
 
大学生の頃に、
ものすごく落ち込むことがあって、
誰にも言えずにつらくてつらくて、
 
 
それでも時は残酷なまでに流れ、
日常を送る重荷に
押しつぶされそうになっていたときです。
 
 
 
~~~~~☆~~~~~☆~~~~~
 
 
郵便局での何気ない窓口での会話。
 
「こんにちは。今日はいいお天気ですね^_^」
 
たしか、こんな感じの
ごくごく普通の言葉を、
窓口の女性が素敵な笑顔で、
包み込むような優しい笑顔で、
私にかけてくれた言葉。
 
 
わたしはそのときに、
頑なに固くなって、
冷たくなった心や体が、
一瞬で解けていく感覚を感じました。
 
 
相手の何気ない、
他愛もない挨拶に、
ものすごく救われ、
 
 
大袈裟ですが、
その人に抱きしめられたような
温もりを感じ、
生きていることを許されたような、
そんな感覚になりました。
 
 
そして、
不思議と自然に涙が溢れてきて、
止まらなくなりました。
 
 
「大丈夫だよ」って、
言ってもらえたようで、
心が温かくなり、
救われたんです。
 
 
その経験を通して私は、
何気ない挨拶や会話にも、
人を癒やす力があることを
おしえられました。
 
 
恥ずかしい話ですが・・・
大学生になって初めて、
人との触れ合いの大切さや、
挨拶の無限の力に気づいたのです。
 
 
 
わたしは、
動物病院スタッフさん向けに
研修をすることがあり、
その際は、
「ビジネスマナー」や「第一印象」など、
挨拶の大切さをお話します。
 
 
 
挨拶には、
「人を癒やす力や、救う優しさ」がある。
 
 
その確信から、
挨拶の大切さを伝えていきたいと思っています。
 
 
また、
自分も日々実践し、
自分自身のことを大切にしながら、
日常の何気ない人とのやりとりも
大事にしていきたいですね。