自己肯定感を高める方法

 
関東は昨日に引き続き、本日もよいお天気になりました。
近所を散歩すると、春の花々がみられて、
新型コロナのことを一瞬忘れられます。
 
早く終息するといいですね。
 
 
さて早速本題ですが・・・
 
「自己肯定感」とは、
自分で自分の存在価値を認める感情のこと。
 
 
 
自己肯定感がもともと高い人には、
もしかしたらピンとこない言葉かもしれません。
 
 
 
小さい頃から
「自分は自分」
「自分はこれでいいんだ」
「自分が大好き」
 
と生きてこれた人は、
わざわざ高めようとしなくても
すでに備わっていることだからです。

 
その生き方、
じつは当たり前にできることではないのです。

 
すでに出来ている人は、
そのままでいてくださいね^^
 

本日は、そのように生きていない方へのメッセージ。

自己肯定感が低い生き方をしていると、

・自分より出来る周りの人が気になって自信を無くしたり、

・他人の評価が気になって、自分のやりたいことができなかったり、

・逆に、やりたくないことでも、断れなくて請け負ってしまったり、

・周りに気を遣い過ぎて、他人とのコミュニケーションに疲れやすかったり、

・何をやっても、どれだけ努力しても、全く自信が持てずに自己嫌悪・・・(>_<)

そんな日々が繰り返されて、ますます「自分はダメだ―」と
負のループに陥ってしまいがちになります。
 

でも、大丈夫。

そのループから抜け出す方法は、あるんです(*^^*)

なにより、
過去の私はまさに、
自己肯定感がどん底でしたから(苦笑)

そこから抜け出す方法、山ほど試してきました。

 
そこで、

最終的に行き着いたのがコレです。


=======
自分軸で生きる
=======
 
 
自分軸で生きられるようになると、
自己肯定感も高まります。

 
「自分軸」とは、
他人の価値観の基準に振り回されず、
自分の本当の考え方(思考)や感情を
理解して、それを尊重して生きること。

(注)決してわがまま放題に生きることが、
「自分軸で生きること」ではありませんので、
誤解のないようにお願いします。

 

自己肯定感が低い人は、「他人軸」で生きています。

「他人軸」とは、
自分の価値や考え方の基準を、
他人に合わせてしまい、
それに応えようと生きること。

自分の考えや価値観は、
完全に無視している状態です。

簡単に言ってしまうと
「自分がよくわからない」
という状態。

だからこそ、

まずは「自分」という人間を
よく理解することから始めていく必要があります。
 

まずは、丸裸になる勇気をもって、
自分と向き合うことが大切。
 

「自分をみつめる作業」
具体的なやり方は色々ありますよね。

たとえば、

・関連の書籍を読んで実践してみる
・自己理解を深めるワークなどを試してみる
・心理系・自己啓発系のワークショップに出る
・カウンセリングを継続的に受ける
・人を支援する仕事の養成講座に参加する
・コーチ養成講座など研修に参加する
・あえて自分の価値観とは異なるコミュニティに参加する

など

個人作業で終わるのではなく、
できれば相手がいて、多様な意見を聞けたり、
自身へのフィードバックを受けられるほうが
より自己理解につながると思います。

 

私は、動物病院で行うスタッフの面談でも、
目の前の問題や課題解決だけでなく、
個々人が自分を理解して、
自分で判断して動けるようになるまでを
サポートしたいと思っています。
 
そういったことから、
20分くらいを予定していても、
1時間に及ぶこともありますし、
1回だけでなく複数回必要となることもあるんです(^-^;
 

そのような時間を作ってくださる
動物病院には感謝しかありません。

 
忙しいなかでも、
時間をかけて丁寧にかかわりを継続していくことで、
「自分軸」で働けるスタッフが増えていけば、

おのずと組織全体も活性化して
プラスの好循環を生み出せる
エネルギーの高い職場になるのではないかと考えています。

簡単にはいかないこともありますが、
あきらめないことをモットーに
続けていきたい仕事のひとつです。

 
この機会にぜひ、
“自分は自己肯定感が低いなぁ”と感じている方、

「自分軸で生きる」とは?

まずは自分にこの問いかけをして過ごしてみてくださいね(^^)

休日こそ、時間管理

 
動物病院での仕事は
それぞれの連携で成り立っているので、
自分が考えた予定通りには進まないものです。

当然ですが、診察も病状や内容によって
時間が読めませんし、急な手術も入ります。

 
本日のテーマ「時間管理」は就業時のことではなく、
個々に自由に過ごせる休日の時間についてです。

いきなりですが、
お休みの日は何時に起きていますか?

9時?

10時?

(*’▽’)(笑)

 

“お休みだから、ゆっくり寝ていたーい”

という気持ちはとってもよくわかりますが(笑)

休日こそ早めに起きて「時間管理」を意識してみましょう。

 

そして、

普段できないこと、自分の心が豊かになることを積極的に行い、
時間を有効に使いましょう。

好きな趣味の時間を沢山とってもよいですし、

集中して勉強をする時間を作ってもよいですよね。

家族や友人、大切な人と過ごす時間を増やす、なんてことでもいいかもしれません。

ちなみに・・・

時間管理ができていない人には、
以下のような特徴があると言われています。

=========

・整理整頓が苦手
・遅刻が多い
・能力以上のことを抱え込む
・仕事を溜め込む
 (締切に間に合わない)
・体調を崩しやすい
=========

いかがでしょうか?

 
 
 

スタッフさんの様子をみていると、
休日の時間管理が上手に出来ているか否かは、
仕事のやり方を見ているとわかります。

若いうちはなかなか実感がないかもしれませんが、
特に社会人になって1~2年目の時間の過ごし方は、
その後の一生を左右します。

 

あっという間に1年は経っていきますので、
ぜひ今から自分の大切な時間の管理を心がけ、
習慣化していきましょう。

「心、ここにあらず」になっていませんか?

 
以前の私は、いつも以下のような感じでした。
 
 
・先々の心配事で頭がいっぱい
 
・嫌なことが忘れられずに眠れない
 
・あれこれと色々考えてしまう
 
 
 
いつも頭の中がごちゃごちゃで、
考えれば考えるほど整理ができず、
ただただ毎日をこなすのが精一杯。
 
 
 
 
悩みやストレスが多かったです(>_<)
 
 
だからこそ、
カウンセリングやコーチングを学び始めたのですが
みなさんは、いかがでしょうか?
 
 
 
 
まだ起きていない未来のこと。
すでに終わって変えることができない過去のこと。
 
 
 
 
 
そのような思い悩むことに費やす
脳の「アイドリング状態」ともいえる活動に、
どのくらいエネルギーが費やされているか、ご存知でしょうか?
 
 
 
じつは、
意識的な反応に
費やされるエネルギーの、
 
 
 
 
 
『20倍!!!』 
 
 
 
にも達するということが、
最近の脳科学の研究からわかってきたそうです。
 
 
 
 
この状態の時、
意識は内向きになって、
自己にとらわれているといいます。
 
 
 
「マインドフルネス~親が変わり、子どもも変わる~」
(光文社新書)
山口 創 著より
 
 
 
 
マインドフルネスとは、


========
今、この瞬間の体験に
意図的に意識を向け、
評価をせずに、
とらわれのない状態で、
ただ観ること
========
(日本マインドフルネス学会)
 
 
と定義されています。
 
 
「観る」の意味は、
見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらに
それらの行為によって生じる心の働きをも観る、
 
 
ということだそうです。
 
 
 
目の前のことをしながら、
別のことを考えていないと、
仕事や生活に支障がでてくる「今」という時代。
 
 
 
なかなか、
目の前の「いま、このとき」
集中できることって、ないですよね。
 
 
 
 
まさに、
マインドフルな状態になれる時間は、
意識して作らないといけなくなりました。
 
 
 
一方で、
 
 
子どもや動物たちをみていると、
じつに上手にマインドフルネスを
実践しているなぁと感じます。
 
 
 
彼らは無意識だと思いますが、
ただただ「いま、ここ」に
注意が向いている生き方をしています。
 
 
 
私たち大人よりも、
上手にエネルギーを使って、
生活しているようです。
 
 
 
 
 
 
今日から1日5分でも、
「マインドフルネス」の時間を
意識してみませんか?
 
 

第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加してきました!

毎年、パシフィコ横浜で開催されている
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加してきました。
 
 
最終日(2019年2月17日)に、
「動物病院のメンタルヘルスマネジメント」
というタイトルで発表をし、
大変貴重な経験となりました。
 
 
この場をかりて、
声をかけてくださった0先生に、感謝申し上げます。
 
とても大きすぎる会場で緊張マックスでしたが、
以前よりは多少は落ち着いて話せたようた気がします。
 終了後も、会場でいろいろな方と名刺交換をさせていただき、
発表資料もご興味がある方にはメールでお配りしたのですが、
 私が思っている以上に反響があり、一番自分が驚いています。
 

 
獣医療業界では「メンタルヘルス」は
まだまだとてもマイナーなテーマですが、
本日の経験は私に勇気をくれました
 
 

 
会場に足を運んでくださった皆さん、
終わってから声をかけてくださった方々、
ありがとうございました。

第39回動物臨床医学会年次大会に参加してきました

 
2018年11月16~18日に大阪で開催された
「第39回動物臨床医学会年次大会」にて
無事に発表を終えてきました。

 

 
今回の発表タイトルは、
 
「院長先生!スタッフはこんなところで悩んでいます
 事例で学ぶマネジメント」でした。

 
 
 
職場のストレスで、

最も多い問題は「人間関係」だといわれています。

以前の私、
動物病院に獣医師として
勤務していたときのストレスも同じく
人間関係でした。

誰との関係かというと・・・
上司となる
「院長との関係」に悩んでいました(笑)。

この仕事をするようになって、
はじめて院長先生の本音を理解できるようになりましたが、
当時は心の余裕がありませんでした。

 
 
 

そんな反省点も含め、
今現在、動物病院で働いている
スタッフの心の声も届けられたら・・・

という思いから1時間お話をさせていただきました。
 
 
 
 

動物病院で働くスタッフが抱えている悩み、
経験年数やそれぞれの性格、おかれた環境によっても、
 内容は多岐にわたります。

 
 
 

限られた時間ではありましたが、
発表後に共感くださった先生方から声をかけていただき
大変嬉しかったです。

 

このような貴重な機会をいただけたご縁、
ありがたいことだと思っています(*^-^*)

 

 
まだまだ未熟な発表に
耳を傾けてくださった先生方に
この場をかりて感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。