紙に書いた目標が達成できない理由

紙に書いた目標が達成できない理由

 

あっという間に新年が始まりましたね。

今後の未来のイメージ、
しっかり掴めていらっしゃるでしょうか。
 
 
 
具体的なイメージが描けて、
スラスラとやるべきこともリスト化し、
行動している自分自身が
リアルにイメージできている人。
 
 
 
そのような人は
1年の境い目など関係なく、
着実に行動していける方々でしょう。
 
 
以前の私はというと、
お恥ずかしいですが、
1年のはじめの目標も三日坊主。
 
 
 
あるべき目標を紙に書いて、
行動をリスト化し、
目指す相手をモデリングしても、
(まさにコーチング!)
なかなか行動に繋げられず、
当然、現実も変わらない・・・
 
 
と、迷走していた時期が長~くあります(笑)
 
 
 
 
じつはその原因、
最近なんとなくわかってきたのですが、
行動できない自分が悪いのではなく・・・
 
(言い訳ではありません…笑)
 
 
つまり、本当に心の底から(自分でも気づいていない部分で)
望む目標(理想)が、描けていなかったから。
 
 
 
言葉を変えると、
自分自身の将来のイメージが弱かったから。
 
 
 
なんとなく頭だけで考えていて、
できている感覚がつかめていなかったから。
 
 
 
自分にはできる!
という“できている感覚”が、
あるようでなかったんです。
 
 
 
この思い込みではない、リアルな感覚、
理想を現実に近づけていくためにはとても大事です。
 
 
実は2017年の1月から新しく学び始めていた
ストレスクリアコーチングというものを通して、
気づくことができました。
 
 
 
 
コーチングという名前はついてますが、
カウンセリングのようで、
コーチングでもないアプローチです。
 
 
 
このアプローチに出会ってから、
周りで変化していく人の多くをみていると、
この内面でのリアルな「感覚」を
しっかりと「先に」掴んでいる人だということがわかります。
 
 
 
『逃げずにとことん掴みにいく!』
 
 
これができると、現実が変わります。
 
 
私の場合、
その現実変化のプロセスに、いろんなことがありました。
 
 
自分のネガティブな面との対面、
認めたくない現実(苦笑)、
逃げたくなる(見たくない)という感情との葛藤・・・
 
と、いろいろ(笑)。
 
 
 
『今の目の前の現実は、
 じつは自分が選択して創っている・・・』
 
 
 
 
アドラー心理学でも
「自己決定性」のなかで、
“未来は自分の手で作られる”
ということをいっていますが、
 
 
 
私はこのことを、
理解していたつもりでしたが、
じつは頭(思考)でのみ理解していて、
感覚ではわかっていなかったんですよね。
 
 
 
 
本当に望む自分の姿、
心から欲している自分の世界、
そこの感覚と先につなげていくのがストレスクリア。
 
 
 
そこに至るまで、
いろいろな気づきや変化がありましたが、
それが人間の心理って面白いなぁと感じる所以です。
 
 
 
「ストレスクリア」という名前のイメージが先行して
よく質問されるのですが、
表面的なストレスを軽くするという、
それだけのものでは実はないんです(笑)
 
 
 
 
そこがわかってくると、ますます面白いです。
そんなストレスクリアコーチング、一緒に学んでいきませんか?
 

同じ志や価値観をもつ仲間と共に、
コーチとして活躍できる講座を来年も開講します。

以下は講座開催スケジュールです。
(すでにお申込みいただいているので、開催決定です!)
 
=======================
《ストレスクリア説明会》
1/6(土)13:00~14:30 
1/9(火)13:00~14:30
€
《コーチになれる養成講座》
1/15, 1/23, 2/19, 2/27(4日間)
 
詳しくはこちらをご覧下さい↓
☆お仲間募集中!☆
 
自分を癒やし心を満たすストレスクリアコーチング☆
心のブレーキを外し「できない」を「できる」にする
好きなペットの仕事で自分らしく生きたい女性をサポート!
協会認定ストレスクリア®トレーナー
獣医師/産業カウンセラー 宮下ひろこ
=======================
 
 

 

 

 

 

女性獣医師アンケート~まとめ~

 
2017年の7月から女性獣医師の方々にご協力をお願いし、
インタビュー&アンケートを実施しました。
 
期間:2017年7月〜8月 
対象:女性獣医師ネットワークのメンバー
年齢:20〜50代 
計12名の方にご協力いただきました。
 
 
現在、ご結婚されている方10名、未婚の方2名。
小動物臨床に関わっている正社員、パート、独立開業の方が主で、
その他に、企業にお勤めの方もいらっしゃいます。
 
 

●「人生で大切にしていること」
上位3つ選んでいただきました。

① 仕事/キャリア「8」
② お金/経済 「3」
③ 健康 「5」
④ 家族/恋人/パートナー 「12」
⑤ 友人/知人/人間関係  「4」
⑥ 自己啓発/学び 「1」
⑦ 遊び/余暇   「3」
⑧ 物理的環境   「ゼロ」
 
 
1番はやはり「家族 / 恋人 / パートナー 」。
2番に「仕事 / キャリア」です。
3番は「健康」という結果でした。
 
 

●現在の暮らしの満足度(10点満点)

平均は「6、8」でした。
 
10〜3といった幅があり、
低い方は不満があるというよりも、
「もっとこうしたい」といった夢や目標が明確で、
それに達していないので数値が低かったようです。
 
 
それぞれの理由の中から抜粋すると、
「収入」をあげる方が多かったです。
将来への経済的な不安があり、そのぶんマイナス。
 
また、
家庭と仕事の両立が、
バランスよくいかないことが
マイナスポイントに挙げている方も半分いました。
 
家族との十分な時間がとれない、
仕事のための学ぶ時間がとれない、
決して楽な仕事ではないので、
年齢的な健康面も心配・・・等。
 
 
それから、
現状では仕事に「やりがい」や「充実度」が感じられないから、
という方もいらっしゃいました。
 
 
 

 ●お悩みや心配事

 
 ・仕事と家庭のバランス(時間確保)

 ・家庭との両立で勉強の時間が足りない

 ・パート勤務のため、担当症例を他の先生に任せることが心苦しい

 ・親の介護が必要になったときの対応

 ・休みが少なくプライベートの時間がない

 ・女子獣医師としての将来像が全く見えない

 ・仕事上の人間関係

 ・家族・子供と過ごす時間が足りない

 ・育児へのサポートや周囲から理解が得られるか心配

 ・現場でのパートに対する男尊女卑的な発言

・将来の休職時ブランクが現場に対応できるか心配

・小動物臨床は体力的にも大変、続けていけるかどうか

 ・将来への経済的・体力的な不安
 

など

 

●個々のメッセージ

 
 
・子育てと仕事の両立が難しいために、やむなく離職している方が多いと思うので、子育てしながらも仕事をしやすい環境の整備とそれに対する雇用側の理解が必要だと思う。
 
 
・特別な資格をもっているので、何かしらの犠牲は伴うかもしれないが、やりがいもあり、「やりたいことを、やる」という想いで仕事を続けていきたい。
 
 
・女性ネットワークのメンバーの方と話すと、いろんな方法で働いていることを知ることができた。資格を絶対に生かそうとこだわって働いていたが、それにこだわる必要はないのではないか?
 
いろんなパターンがあることを知れると、働くのを諦めずに復職も可能だと思う。
自分のやりたい方向性をみつけてほしい。
 
 
・獣医師としての仕事はもちろん大切だが、育児をしながら感じたことは、仕事をはなれたコミュニティをもつ大切さ。人生が豊かになると思う。
 
スポーツや地域のコミュニティなど何でもいいが、いろんな経験をして欲しい。
 
 
・女性獣医師でも開業は可能ですが、これからの時代は厳しい状況になるかもしれない。いずれにしても、現状や自身の性格等を考えて仕事を選択することをおすすめします。
 
 
・あれができなきゃ、これをしなければ、ではなく、自分ができる範囲でやればいいと思う。“まぁ、いいかな”と思えることが必要かも。
 
 
・子育て中で時短勤務をさせてくれるような動物病院はないとあきらめず、直接連絡をしてみるなり、ネットで探してみると、意外にあるものです。
 
 
・もう少し女性が働きやすい、後ろめたさを感じずに仕事ができる環境が整って欲しいと思う。
 
 
・同じ女性だからこそ、お互いに理解し合って、高め合えるような機会が増えてくれたらと思います。
 
 
・女性のほうが働き方の自由度は大きいように思うので、やりたいと思った仕事をその方の方法で形にしていけると思う。
 
 
・焦る必要はない。何事もタイミングが大切。
 
 
・子育て中の女性獣医師を軽く扱う職場もまだありますが、志をもって探せば、理想の職場は見つかります!本当に犬猫が好きなら、あきらめないでください!
 
 
・あきらめなければ、細く、長く、続けることのできる仕事だと思います。
 
 
・臨床に関しては、子育て中の女性獣医師が働く職場としては、やりにくさみたいなものがあるかと思いますが、それでも時短オッケーというところもあります。ご自分のやりたいことをあきらめないでほしいと思います。
 
 
・女性はキャリアを積みたいときに、ライフステージの変化も訪れるもの。働き盛りといわれるときに、心身のバランスも崩しやすいもの。
 
自分一人が良ければそれで良いではなく、パートナーや家族にもそれぞれ人生があり、それを受け入れつつ、なりたい自分を常に探している状況は、皆一緒かと思います。
 
一職業としては大変ではありますが、獣医師はとてもやりがいのある、誇りのもてる仕事です。
ともに頑張ることが、将来の日本の獣医学の向上にもつながり、人生を豊かにしてくれることと信じています。
 
 
 =====================
 
ご多忙の中、ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。
直接お話ができた先生方とは、じつに様々なお話ができました。
 
女性獣医師ネットワークのご協力もあり、
先生方の現状や本音、キャリアへの課題も見えてきました。
 
今後もいろんな方との交流を通して、
できることを探していきたいと思います。
 
 
 
ただいま、体験コーチング実施中です!
詳しくはこちらをご覧ください↓ 
 
 
 

コーチングの魅力

 
 
先日コーチングの研修をさせていただく機会があり、
とても充実した一日を過ごすことができました。
 
 
 
あらためて、
コーチングって好きだなぁと思います。
 
 
私自身がコーチングを学んで、
とても大きな変化を実感していることも
1つの理由です。
 
 
 
でも以前は・・・
 
 
 
コーチングを初めて受けたとき、
カウンセリングと違い、
質問を次々にされて戸惑ったことを覚えています。
 
 
 
アドバイスや、コーチ自身の個人的な意見もあり、
とても強制的な感じがしたんですよね
 
 
正直、「コーチングって嫌い」って思ってしまいました(笑)。
 
 
 
そんな苦い経験をしたおかげで、
今はそのような気持ちに
クライアントさんがならないように気をつけることができます。
 
 
何事も経験ですね(笑)
 
 
コーチングもカウンセリングも、基本は「相手軸」。
 
 
 
相手の役に立ち、
良さを実感してもらわないと
どんなに良い方法でも、
その人にとっては意味がないものになってしまいます。
 
 
 
人生において無駄になることも何もない・・・
と思いたいですが、
お金をいただく以上、
コーチとして向き合うときは、
やはり相手が成果を出せることにフォーカスし、
サポートするのが仕事。
 
 
 
ゴールまでのプロセスを共に歩み、
一緒にその成果を喜べるコーチング。
 
 
これを経験すると、
とてもやりがいを感じます。
 
 
 
今回の研修では、
コーチングの基礎をお伝えしましたが、
動物業界の人材育成の現場でも
マネージャークラスの方々には
取り入れていただきたいです!
 
 
 
コーチングの個人セッションもしていますので、
 
「一度受けてみたい!」とお考えの方は、
ぜひご連絡ください^^
 
体験セッションがおすすめです。
 
 
また、
スタッフの成長、組織の成長に、
とても役立つ有効なコーチング講座も行っています。
 
「学びたい!」と思われたたこちらまでご連絡くださいね。
 ↓   ↓   ↓
 
「コーチング講座(またがセッション)の問い合わせ」
とご記入いただき、受けたい理由なども添えて
ご連絡くださいませ。
 
 

承認って、照れくさい?

 
さて、
本日はコーチングについて書きたいと思います。
 
 
 
コーチングでは、
「承認」を大切にしていますが、
「誉めること」と同じことだと思うようで、
普段あまり人を誉めない人にとっては、
とても照れくさいようです(笑)
 
 
先日動物病院の院長先生にも
同じようなことを言われたばかり。
 
 
「承認」には、
もちろん誉めることも入りますが、
それだけではありませんよね。
 
 
 
また同時に、
相手をおだてて動かすために、
思ってもいないことを言葉にすることでもありません。
 
 
まずは目に見える「事実」に注目し、
そのまま素直に言葉にすればよいのです。
 
 
 
簡単なのは「あいさつ」。
 
 
相手が存在する事実に対して、
「わかっているよ」「認めているよ」
と伝えるメッセージですよね。
 
 
 
相手の表情を見て、笑顔であいさつをしていますか?
 
簡単なことなのに、毎日のことだから
意外におざなりになっていることありませんか?
 
 
また、
ちょっと素直に「ありがとう」と言えなくても、
 
笑顔で「整理して片づけてくれたんだ」
と言えばいいですし、
 
「すごく良くなった!」と誉められなくても、
「前回に比べて○○ができるようになったね」
 
と事実を具体的に伝えればいいのです(*´▽`*)
 
 
 
 
そのためには、
日々相手の様子を観察し、
それぞれが持つ強みや長所、
また変化や成長に「あっ」と気づき、
心に留めることから始まります。
 
 
 
ぜひ職場やご家庭で、
まずは自分からの「承認」を
始めてみてくださいね。
 
 
本日は以上です!
 
 
 
急に朝晩冷え込み始めました。
風邪などにはお互いに気をつけましょう~
 
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
 
 
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 ベーシック講座&実践講座開催
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 

人が行動したくない理由

 
本日は「コンフォートゾーン」
についてお届けしたいと思います。
 
 
コンフォートゾーンって、
お聞きになったことありますか?
 
 
 
「安全領域」と訳されたりしますが、
ストレスや恐れ、不安を感じることがない
安心して過ごせる環境のことで、
「居心地のよい快適な環境」のことです。
 
 
 
たとえば、
 
 
新しい職場に入った当初は、
とても緊張した時間が続き、
家に帰るとドッと疲れを感じたりしますが、
 
 
 
徐々に環境にも慣れてくると、
時間の経過とともに、
はじめの緊張感がなくなり、
仕事もおぼえて居心地が良くなっていきますよね。
 
 
 
この状態が「コンフォートゾーン」です。
 
 
そして、
このコンフォートゾーンですが、
人間はよっぽどのことがない限り、
そこに留まる性質があります。
 
 
 
 
仮に長年勤務していて、
職場に不平不満があったとしても、
他で良い条件の転職先があったとしても、
 
 
 
人はそこから抜け出て、
新しい場所へ行くことを
「無意識に」避けようとします。
 
 
 
ストレスが多いことが、
潜在意識でわかっているからです。
 
 
 
 
あえてまた新しい環境に身を置き、
居心地の悪さからスタートするのには
勇気がいりますよね。
 
 
 
今いる場所が
「安心・安全で快適な環境」
であれば、その反応は当然です。
 
 
ですが、ですが、
 
ここで本日お伝えしたいのは、
 
 
 
==============
わたしたちが成長するためには、
このコンフォートゾーンを
「広げ続けなければならない」
ということです。
==============
 
 
 
 
「成長」には「変化」がつきものです。
 
 
でも、
 
人は安心・安全な環境を変化させることに
ものすごい「恐れ」を持ちます。
 
 
 
恐れの感情は、
人として生きる上で必要な
「危機感知装置」。
 
なければならない感情です。
 
 
 
ただ、それを理由に、
「変化」を嫌い、
「行動しない」選択をしている人が
多いような気がします。
 
 
 
何か行動すれば目立つし、
もしかしたら
周囲から何か言われるかもしれない。
 
 
または、
変化することで、
ストレスが増えるので、
なるべく楽に変わる方法を探したい。
 
 
 
 
自分が変化することで、
今の環境や人間関係が
変化するかもしれない恐れって、
相当深いものです。
 
 
 
だから、
何かしらの「理由」をつけて、
人は行動しません。
 
 
 
理由というか、
よく表面的に出る言い訳は、
 
「時間がない」
「自信がない」
「経験がない」
「お金がない」
「必要がない」
 
etc
 
です。
 
 
 
 
まずは、
自分がもつ恐れをみつけてください。
 
 
 
そして、
行動しない自分を責めないことも
大切なポイントです。
 
 
(また同時に、他人に対しても、です)
 
 
 
その恐れが存在する「理由」と、
まずは向き合うことをおすすめします。
 
 
 
 
そうしないと、
行動しないことが苦しくなり、
益々行動できなくなるからです。
 
 
 
 
マネジメント相談や、
コーチングで時々あるのが、
「次は、どうしたらいいですか?」
とか、
「今こうなんですけど、
何をしたら解決できますか?」
 
 
といった直球の質問。
 
正解の答えを求められます。
 
 
 
 
次に何をするのが正解で、
問題解決するための近道を
おしえてほしいという気持ち、
とても良くわかります。
 
 
 
 
そんなとき、例えば私が
「〇〇したら、いかがでしょうか?」
とか、
「こうしたらうまくいった例があったので、
試してみては?」
といったアドバイスをさせていただくと、
 
 
 
「それはもう試しましたが、
私には向いていませんでした」
 
 
または、
 
 
「いいですね~。やってみます!」
 
 
とおっしゃいますが、何もしないパターンです。
 
 
 
変化を嫌い、コンフォートゾーンにいたい人のパターンです。
 
 
 
でも、私は気になりませんし、責めません(笑)
 
「あ、今は変わりたくないんだろうなぁ」
 
 
とは思いますが、
 
 
そういったときに無理やり
 
「やりましょう!」
「変わりましょう!」
と叱咤激励しても、
 
 
うまくいかないことが
ほとんどだからです。
 
 
 
 
以前お会いしたある起業家の方は、
自分を成長させるために、
わざと居心地の悪い環境に身を置く
と話していらっしゃいました。
 
 
 
新しいことに挑戦したり、
ワンランク上の方と接する場所に
あえて出かけるといった、
コンフォートゾーンの外に
自ら出ていくのだそうです。
 
 
 
 
そうすることで、
緊張感やストレスはあるかもしれませんが、
「コンフォートゾーン」を広げていく
のです。
 
 
 
 
そうすると、
徐々にその領域の感覚に慣れて、
気づいたら出来るようになっている
成長している、ということですね (*^-^*)
 
 
 
自分のペースで、
コンフォートゾーンを広げてみてください。
 
 
 
そしてもし今まさに、
コンフォートゾーンの中と外の境界線上で
ひとり悩んでいる方がいらしたら、
ぜひご相談くださいね。