スタッフと共に一緒に受講することで、 距離が縮まっている

定期的にうかがっている動物病院の院長先生からご感想が届きました!

ありがとうございます^^

許可をいただいているので、以下ご紹介します。
 
 
 
◆院内セミナーを導入したきっかけは?
 
 
社会人一年目(新人)が入るので、
院長から接遇や仕事の仕方などを注意するのではなく、
同じ内容でも、第3者が入ることで、
聞き入れてもらいやすいかと思ったから。
 
 
一般的なマナーが自分自身もわかっていない点もあるし、
今まで院内での常識が合っているのかわからないまま、
新人におしえることはあまり良くないと思い、
お願いしようと思った。
 
 
 
◆継続的にセミナーを受講しての感想
 
 
スタッフと共に一緒に受講することで、
皆と距離が縮まっているなと思う。
 
病院内でのマナー、患者さんとの接し方、
スタッフ間のコミュニケーションなどを、
獣医師、動物看護師同時に学ぶことで、
共有意識がそれぞれに出てきた。
 
 
同じ事を聞いて、
立場の違いで意見を言い合える場って、
とてもいいと思うし、
言われたことだけやっていればいいんだ、
というだけでなく、
スタッフが自分で気付いてできるようにすることが、
自分にも必要だと思うようになった。
 
 
自分で考えて判断してもらうように、
接し方・伝え方を意識するようになってきている
自分が変わったことで、
スタッフにも仕事が頼みやすくなり、
業務が進みやすくなったと思う。
 
 
 
◆ターミナルケアのセミナーを受講して
 
 
ペットの死に対する
スタッフの受け止め方について、
業務の中で直接聞く機会がなかった。
 
 
スタッフが動物の死について
実際どう思っているか、
入院中に亡くなったときや、
ペットが亡くなったときに
報告に来てくださる患者さんに対して、
スタッフがどのように感じているか、
死に対する価値観を理解しておきたいと思った。
 
 
 
対応についても、
おしえてもらったことをそのまま右にならえではなく、
看護師なりに考えて、答えがでないまでも、
考える過程が大切だと思う。
 
========================
 
 
以上です。
 
院長先生はじめ、皆さんが積極的に参加してくださるので、
同じ目線でいろんなお話ができます。
毎回とても楽しみにしている動物病院です。
 
ご協力ありがとうございます!
 
 
 
 

承認って、照れくさい?

 
さて、
本日はコーチングについて書きたいと思います。
 
 
 
コーチングでは、
「承認」を大切にしていますが、
「誉めること」と同じことだと思うようで、
普段あまり人を誉めない人にとっては、
とても照れくさいようです(笑)
 
 
先日動物病院の院長先生にも
同じようなことを言われたばかり。
 
 
「承認」には、
もちろん誉めることも入りますが、
それだけではありませんよね。
 
 
 
また同時に、
相手をおだてて動かすために、
思ってもいないことを言葉にすることでもありません。
 
 
まずは目に見える「事実」に注目し、
そのまま素直に言葉にすればよいのです。
 
 
 
簡単なのは「あいさつ」。
 
 
相手が存在する事実に対して、
「わかっているよ」「認めているよ」
と伝えるメッセージですよね。
 
 
 
相手の表情を見て、笑顔であいさつをしていますか?
 
簡単なことなのに、毎日のことだから
意外におざなりになっていることありませんか?
 
 
また、
ちょっと素直に「ありがとう」と言えなくても、
 
笑顔で「整理して片づけてくれたんだ」
と言えばいいですし、
 
「すごく良くなった!」と誉められなくても、
「前回に比べて○○ができるようになったね」
 
と事実を具体的に伝えればいいのです(*´▽`*)
 
 
 
 
そのためには、
日々相手の様子を観察し、
それぞれが持つ強みや長所、
また変化や成長に「あっ」と気づき、
心に留めることから始まります。
 
 
 
ぜひ職場やご家庭で、
まずは自分からの「承認」を
始めてみてくださいね。
 
 
本日は以上です!
 
 
 
急に朝晩冷え込み始めました。
風邪などにはお互いに気をつけましょう~
 
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
 
 
 
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 ベーシック講座&実践講座開催
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 

VSJ Summit 2017に参加してきました

VSJ Summit 2017に参加してきました
 
9月30日まで早期割引です!
=======☆お知らせ☆=======
動物看護師さん主催の
キャリアアップセミナーが
10月に開催されます!
 ↓  ↓  ↓
========================
 
 
9月10日に都内で開催された、
VSJ Summit 2017」に参加してきました。
 
獣医師や動物看護師など獣医療関係者が、
学術ではないテーマで真剣に話し合うサミット。
5つのテーマごとに、
スピーカーとなる先生方が個々の意見を述べ、
会場の参加者も含めてディスカッションする、というものです。
どのテーマも充実していて、
一日ではとてもとても足りない内容でした。
 
以下は、取り上げられたテーマです。
 
=============
・Session1:
 これからの獣医師の働き方改革
 
・Session2:
 これからの日本の獣医大学のあり方・役割とは?
 
・Session3:
 獣医業界のあらたなサービス
 
・Session4:
 日本での動物看護師の現状と活かし方の展望
 
・Session5:
 女性獣医師の働き方改革
=============
 
様々な分野で活躍されている方々が、
日本全国から、
またアメリカからも、
オンラインで参加され、
懇親会も含め熱気に溢れていました。
 
 
わたしは最後のセッションの
モデレーターとして参加させていただき、
「女性獣医師の働き方」について
進行役を務めました。
 
女性獣医師に限らず、
男性獣医師も、動物看護師も、
個々に自分のライセンスを活かして、
どのように社会に貢献していくか、
キーワードとして、
「ライフ・ワーク・バランス」が出ていました。
※ワークとライフの順番に意味があります。
 
仕事だけでなく、
プライベートや家族との時間を
大切にする人が増えてきています。
 
女性は特に、結婚や出産、育児など、
ライフイベントによって、
様々な選択を迫られますよね。
 
 
また、女性だけでなく、
年齢を重ねるにつれて、
体力的なことや、
家族の介護の問題など、
人生において考えさせられるタイミングもやっていきます。
 
「ライフ」と「ワーク」のバランス。
 
皆さんは、
どのようにバランスをとっていますか?
上手くいっているでしょうか?
 
 
私は臨床にたずさわっている時は、
そのようなことも考える余裕がなくて、
今ようやくですが・・・
理想に近い働き方ができています。
 
 
ただやはり、悩むことは多いです。
 
 
ある先生からは、
動物病院で生涯勤務医として働くことを考えると、
家庭をもって、子どもの将来を考えると、
お給料面で経済的に不安が拭えない現状は、
実際あるのではないか、
といったお話もありました。
 
 
また、
 
獣医師や動物看護師の資格を取得し、
夢をもって社会に出てくる方々が、
将来への不安を感じて、
小動物臨床を選ばなくなっている現状のお話もありました。
 
 
職場環境の改善はもちろんですが、
現場から意識改革をして、
 
女性が結婚や出産・育児をしながら、
安心して働けるような職場を現場から整えていく仕組みづくりの必要性を、
あらためて考える一日。
 
懇親会では、
男性の獣医師の方々ともお話ができ、
 
「理解するためにコミュニケーションを意識したい」
といったことや、
「女性の立場をもっと配慮したい」
と仰っていました。
 
また中には、
すでに「キッズルーム」を計画している
といった院長先生もいらして、
確実に変化はしています。
 
 
少しずつですが、
良い方向に変化していると思います。
 
 
VSJサミットは、毎年開催されていますので、
まだ参加されたことがない方は
ぜひ来年の今頃情報をチェックしてみてくださいね。
 
 
次回はメルマガでも、
事前にご案内を紹介をさせていただきます!
 
 

怒りの感情とうまく付き合っていますか?

 
先日、産業カウンセラー協会が開催する
「アンガーマジメント」の講座に
一日参加してきました!
 
 
 
 
ずっと勉強したい!
と思っていたので、
ようやく日程が合い
楽しみにしていました。
 
 
 
 
講師の方はカウンセラーでもあり、
キャリアコンサルタントでもあるベテランの先生。
 
 
 
アンガーマネジメントの先生なので、
失敗談などはないのかと思っていましたら、
いろんな怒りの体験談をお話くださり、
おもしろくてリアルで、
聞き入ってしまいました(笑)
 
 
 
 
アンガーマネジメント講座の内容は、
今とても問題になっている
セクハラやパワハラといった
ハラスメント問題や、
クレーム対応にも大変役立つ内容です。
 
 
 
 
「怒り」は適切に表現して、
うまく付き合えばよい感情。
 
ネガティブな感情だと決めつけ、
抑えて隠すのではなく、
怒りの感情との付き合い方を学ぶ講座でした。
 
 
 
 
講座の最後に
カウンセリングのロールプレイをしたのですが、
グループ毎に先生から毎回的確にアドバイス。
 
 
 
実際にどのように
カウンセリングに活用するのか、
ツールを使うことでイメージしやすく、
講義内容をすぐに実践し学ぶことができました。
 
また、
私自身の『〇〇するべき』がたくさん!(笑)
 
 
みなさんにも
『〇〇するべき』があると思います。
 
 
 
 
その考え方をじっくり見ていくと、
自分自身がどのようなことを
大事にしているかがわかります。
 
 
 
 
その大事にしていることが
失われそうになったり、
相手に軽く扱われたりすると、
「怒り」が生まれることがありますよね。
 
 
 
 
怒りの感情といった自覚がなくても、
「イライラ」とか「不快感」
「モヤモヤ」みたいな感覚。
 
 
 
 
ただその怒りの感情の背景には、
「悲しみ」や「落胆」、
「嫉妬」や「心配」など・・・
いろいろな感情が隠れています。
 
 
 
そこにも目を向けること、
とても大事なことです。
 
 
 
自分を理解すると共に、
人の気持ちにも思いやることができますね。
 
学んだことをこれからの仕事に
活かしていければと思っています。
 
 
 
 

人が行動したくない理由

 
本日は「コンフォートゾーン」
についてお届けしたいと思います。
 
 
コンフォートゾーンって、
お聞きになったことありますか?
 
 
 
「安全領域」と訳されたりしますが、
ストレスや恐れ、不安を感じることがない
安心して過ごせる環境のことで、
「居心地のよい快適な環境」のことです。
 
 
 
たとえば、
 
 
新しい職場に入った当初は、
とても緊張した時間が続き、
家に帰るとドッと疲れを感じたりしますが、
 
 
 
徐々に環境にも慣れてくると、
時間の経過とともに、
はじめの緊張感がなくなり、
仕事もおぼえて居心地が良くなっていきますよね。
 
 
 
この状態が「コンフォートゾーン」です。
 
 
そして、
このコンフォートゾーンですが、
人間はよっぽどのことがない限り、
そこに留まる性質があります。
 
 
 
 
仮に長年勤務していて、
職場に不平不満があったとしても、
他で良い条件の転職先があったとしても、
 
 
 
人はそこから抜け出て、
新しい場所へ行くことを
「無意識に」避けようとします。
 
 
 
ストレスが多いことが、
潜在意識でわかっているからです。
 
 
 
 
あえてまた新しい環境に身を置き、
居心地の悪さからスタートするのには
勇気がいりますよね。
 
 
 
今いる場所が
「安心・安全で快適な環境」
であれば、その反応は当然です。
 
 
ですが、ですが、
 
ここで本日お伝えしたいのは、
 
 
 
==============
わたしたちが成長するためには、
このコンフォートゾーンを
「広げ続けなければならない」
ということです。
==============
 
 
 
 
「成長」には「変化」がつきものです。
 
 
でも、
 
人は安心・安全な環境を変化させることに
ものすごい「恐れ」を持ちます。
 
 
 
恐れの感情は、
人として生きる上で必要な
「危機感知装置」。
 
なければならない感情です。
 
 
 
ただ、それを理由に、
「変化」を嫌い、
「行動しない」選択をしている人が
多いような気がします。
 
 
 
何か行動すれば目立つし、
もしかしたら
周囲から何か言われるかもしれない。
 
 
または、
変化することで、
ストレスが増えるので、
なるべく楽に変わる方法を探したい。
 
 
 
 
自分が変化することで、
今の環境や人間関係が
変化するかもしれない恐れって、
相当深いものです。
 
 
 
だから、
何かしらの「理由」をつけて、
人は行動しません。
 
 
 
理由というか、
よく表面的に出る言い訳は、
 
「時間がない」
「自信がない」
「経験がない」
「お金がない」
「必要がない」
 
etc
 
です。
 
 
 
 
まずは、
自分がもつ恐れをみつけてください。
 
 
 
そして、
行動しない自分を責めないことも
大切なポイントです。
 
 
(また同時に、他人に対しても、です)
 
 
 
その恐れが存在する「理由」と、
まずは向き合うことをおすすめします。
 
 
 
 
そうしないと、
行動しないことが苦しくなり、
益々行動できなくなるからです。
 
 
 
 
マネジメント相談や、
コーチングで時々あるのが、
「次は、どうしたらいいですか?」
とか、
「今こうなんですけど、
何をしたら解決できますか?」
 
 
といった直球の質問。
 
正解の答えを求められます。
 
 
 
 
次に何をするのが正解で、
問題解決するための近道を
おしえてほしいという気持ち、
とても良くわかります。
 
 
 
 
そんなとき、例えば私が
「〇〇したら、いかがでしょうか?」
とか、
「こうしたらうまくいった例があったので、
試してみては?」
といったアドバイスをさせていただくと、
 
 
 
「それはもう試しましたが、
私には向いていませんでした」
 
 
または、
 
 
「いいですね~。やってみます!」
 
 
とおっしゃいますが、何もしないパターンです。
 
 
 
変化を嫌い、コンフォートゾーンにいたい人のパターンです。
 
 
 
でも、私は気になりませんし、責めません(笑)
 
「あ、今は変わりたくないんだろうなぁ」
 
 
とは思いますが、
 
 
そういったときに無理やり
 
「やりましょう!」
「変わりましょう!」
と叱咤激励しても、
 
 
うまくいかないことが
ほとんどだからです。
 
 
 
 
以前お会いしたある起業家の方は、
自分を成長させるために、
わざと居心地の悪い環境に身を置く
と話していらっしゃいました。
 
 
 
新しいことに挑戦したり、
ワンランク上の方と接する場所に
あえて出かけるといった、
コンフォートゾーンの外に
自ら出ていくのだそうです。
 
 
 
 
そうすることで、
緊張感やストレスはあるかもしれませんが、
「コンフォートゾーン」を広げていく
のです。
 
 
 
 
そうすると、
徐々にその領域の感覚に慣れて、
気づいたら出来るようになっている
成長している、ということですね (*^-^*)
 
 
 
自分のペースで、
コンフォートゾーンを広げてみてください。
 
 
 
そしてもし今まさに、
コンフォートゾーンの中と外の境界線上で
ひとり悩んでいる方がいらしたら、
ぜひご相談くださいね。