動物病院から見える風景

本日は、
「動物病院から見える風景」
とタイトルには書きましたが・・・
 
 
どういう意味かと言うと、
 
ここでいう「風景」とは、
 
飼い主さんの心の中。
 
 

動物病院の中にいながら感じるものと、
外部から第3者として感じるものは、
だいぶ異なるなぁということです。
 
 
 

どうしてそう感じるか? というと、

 

私は動物病院の仕事以外に、
ペットロスのカウンセリングを行っているのですが、
 

そこでお話される飼い主さんたちの言葉は、
動物病院の中で感じる(もしくは話されている)ことと、
ずいぶん違うんだなぁと思うことがあるからです。

>>>続きはこちらのアメブロをご覧ください

 
 

第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加してきました!

毎年、パシフィコ横浜で開催されている
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加してきました。
 
 
最終日(2019年2月17日)に、
「動物病院のメンタルヘルスマネジメント」
というタイトルで発表をし、
大変貴重な経験となりました。
 
 
この場をかりて、
声をかけてくださった0先生に、感謝申し上げます。
 
とても大きすぎる会場で緊張マックスでしたが、
以前よりは多少は落ち着いて話せたようた気がします。
 終了後も、会場でいろいろな方と名刺交換をさせていただき、
発表資料もご興味がある方にはメールでお配りしたのですが、
 私が思っている以上に反響があり、一番自分が驚いています。
 

 
獣医療業界では「メンタルヘルス」は
まだまだとてもマイナーなテーマですが、
本日の経験は私に勇気をくれました
 
 

 
会場に足を運んでくださった皆さん、
終わってから声をかけてくださった方々、
ありがとうございました。

人材育成の相談で心がけている魔法の言葉♪

 
 
こんにちは! 宮下ひろこです。
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
はじめにご案内です。
 
===   ご案内 ===
PET JOB交流会 残席わずかです!
ご検討中のかたは、お早めに^^
今回のテーマは
 「獣医師との上手な仕事の仕方 
  ~女性獣医師の働き方改革~」
▼詳しくはこちら▼
 https://ameblo.jp/vet-communication/entry-12431871824.html
獣医専門誌の取材が入ることになりました♪
 ===========
 
 
 
さて、
 
いくつかの動物病院で、
スタッフ間の人間関係や、
新人さんの指導について
ご相談を受けることが多いのですが、
その中で心がけていることがあります。
 
 
 
それは、
相手の話を 
「受け止めること」
 
 
 
 
 
==========
受け入れるのではなく、
受け止めること
==========
です。
 
 
そして、
 
 
使う言葉で頻度が多いのが、
 
 「それ、いいですね」
 
とか
 
 「いいね!」  
 
です。
 
 “こんなふうにしているのだけど、どうですか?”
 とか、
 “こうしようと思っているのですが、いいと思いますか?”
 
 
など、アドバイスを求められることもあるので、
すぐに意見をお伝えしたい気持ちにかられるのですが、
 
 
 

それでも、まず 「いいですね!」

この姿勢、とても大事だと思っています。

 
 
 
 
そのあとの相談事がスムーズに進み、
相手との会話でも
ポジティブな言葉でいろいろ話し合えます。
 
 
すぐに今からでも使える魔法の言葉🎵
 
ぜひあなたも使ってみてくださいね!
 
 
 

夢をかなえる一歩!2019年はどんな一年にしますか? 

 
 
新年明けましておめでとうございます!
 
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
 
 
2019年もあっという間に
1週間が経ってしまいました。
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
私はお正月に、姪っ子から風邪をもらってしまったようです(>_<)
喉の痛みに始まり、発熱・・・
おかげでお正月はゆっくり過ごせました(^^ゞ
 
 
 
 
 
年明け早々、ずっこけ気味にスタートしていますが(笑)
 
七草粥を食べて早く治したいと思います。
 
みなさんも、風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。
 
 
 
さて、すでにお仕事が始まっている方も多いと思います。
わたしも年末にお問い合わせがあった方の
カウンセリングのお仕事がありました。
 
 
 
テーマは、「ペットロス」。
 
 
大切なペットとの別れを経験すると、
いろんな後悔や自責を感じることがあります。
 
「あのとき、こうしていれば・・・」
 
 
誰にも話せなくて、
悩みに悩んでご連絡くださる方が多いです。
 
 
 
 
また、動物病院で担当の先生から言われた言葉の意味や、
ペットの最期の様子を獣医学的に詳しい説明を聞きたい
と、尋ねてこられるかたもいらっしゃいます。
 
 
 
 
生前に、私が直接診たわけではないので、
お答えできることは限られますが、
 
 
動物病院で働いた経験が、
ペットロスのカウンセリングでも役立っています。
 
 
 
 
昨年までは、
あまりペットロスのカウンセリングに
時間をさけなかったのですが、
 
 
 
 
お問い合わせも増えてきているので、
今年はもう少し、頑張ろうかと思っています。
 
 
 
 
特に、動物医療にかかわる方々の
仕事上で感じるペットロスへのサポート。
 
 
 
 
セミナーを行うだけでなく、
1対1のメンタルケアを
今年の目標として、何かカタチにしていきたいです。
 
 
 
 
 
 
みなさんは、今年の目標は立てましたか?
いろんな立て方があると思うのですが、
 
私は大きなテーマとして、
継続業務を深めて、
「質を高めること」
を目指したいと考えています。
 
 
 
 
 
今まで行ってきたこと、
まだまだ未熟で足りないところがいっぱいあります。
 
 
 
 
昨年は新しいことに挑戦したので、
今年は、それぞれを極めるために、
質を高めるために、行動していきたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
もし良かったら、
どんな目標を立てたか、メッセージください(*´▽`*)
 
 
 
 
┏━┓
┃☆┃メッセージをお待ちしています!
┗━╋*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
 
 こちらからどうぞ
 ↓   ↓   ↓
「メッセージ☆フォーム」
 
 
 
 
まずは、誰かに話すことが目標を叶える近道、第一歩です。
メッセージをいただけたらうれしいです( *´艸`)
 
 
 
それでは、本年もどうぞ宜しくお願い致します!
 
 
 
 
 

一年に感謝し、心も整理整頓

 
こんにちは!
 
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
今年も残りあと1日ですね。

 
動物病院は、
明日からお休みに入るところが多いですが、
動物に関わる職業の方は、
お休みがない方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
 
大晦日を前に、いかがお過ごしでしょうか?
 

わたしは、今年の後半はバタバタして
心に余裕がなかったなぁと反省しています。

 

今日の関東は朝から快晴でしたので、
洗濯や掃除などをして
新年を迎える準備をしていました。

 

来年はもっと
「断捨離」をしないと(;^_^A

 
 
以前のメルマガでもお伝えしましたが、
「職場のクリンリネス(清潔な状態を維持すること)」は、順番が大事。
 
 
 
まずは、
 
不要なものを全て捨てて、
整頓する場所を確保する必要があります。
 
 
 
 
これは、職場だけでなく、
人生においても同じことがいえます。
 

新しいものを入れるためには、
使っていないもの、
古くなったものなどは捨てないと
入ってこないようです^^

 
仕事や知識、そしてお金など、
たくさん手に入れたいものって、
ありますよね。
 
そのためには、

あらかじめ「余白」を作っておくといいようです。

 
年末年始、少し時間ができたので、
身の回りのクリンリネスを心がけ、
一緒に心も整理整頓したいと思います。

 
大晦日はゆっくりと、
今までのことを振り返り、
来年のことを考える時間を持ちたいです。

 
「今年はどんな一年でしたか?」

 そして

「2019年はどのような一年にしたいですか?」

 
心穏やかに新年を迎えたいですね。

来年もどうぞ宜しくお願いします^^