スタッフ育成のヒントになるアグネス流子育て法

スタッフ育成のヒントになるアグネス流子育て法

東京は桜の開花宣言。

平年より5日も早いそうですね。

 

先日ある朝の情報番組で、
アグネス・チャンさんが出演していました。

テーマは、「子育て」。
ご覧になった方もいらしたかもしれません。

「質問する効果」について触れていたので、
本日はその話をお伝えしたいと思います。

 

 

================

まとめる、表現することの訓練をする
考えるスイッチを入れて、習慣にする

================

 

 

結論からいうと、

コミュニケーション能力の高い
社会で活躍するような大人に育てるためには、
上記のような
「訓練」や「習慣」が必要だということ。

 

 

 

例えば、
子どもがアイスを食べる時も、

「このあいだは白色のバニラを食べて、
その次は緑の抹茶を食べたよね・・・
今日は何色にする?どうしようか?」

 

と、

情報や状況を説明して、
まず考えさせる。

 

※注)TVで話されていた言葉どおりではないです^^

 

 

そうすると質問された子どもは、

一生懸命に考えて、

「今日はきいろのレモンが食べたい」と答える。

 

 

その答えに、
「なぜ、それが食べたいの?」と理由を聞くと、

また考える。

または、

「ママにも、

どのアイスがいいか、すすめてくれる?」

とたずねてプレゼン(?笑)させる。

 

 

 

以前に触れましたが、
質問には、
相手に考える機会を与える効果があります。

 

 

ポイントをまとめる「要約」や、
それを発信するための「思考力」を
身につけるためには、
子どものころから考える習慣が必要。

 

アグネスさんは、
このような質問(問いかけ)を
繰り返し行い、
スイッチを入れてあげないと、
いきなりは難しいと話していました。

 

そして、

さらに大切なポイントは、
考えて答えが出てくるまで、
ひたすら「待つこと」。

 

どのような答えが出てきても、
それを「否定しない」。
大事なことですね^^

 

以下は私の事例です・・・

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

また少し長くなりますので・・・

お忙しいときは

いったんここでお休みにして、

あらためてお読みください(^^ゞ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

 

アグネスが話す子育てのような対応を
時間をかけてできればよいですが、
職場の相手は立派な社会人(笑)

 

また、

動物病院やペット関連のお仕事は、
相手が命ある動物なので、
業務上じっくり考える時間を作ることは、
難しいかもしれません。

 

しかし、

長期的に何かプロジェクトを進めるときや、
新しいアイディアを出してもらう必要があるとき、
スタッフ全体から意見が欲しいときなどは、
考える時間をこちらで作ることはできます。

 

例えば、

ミーティング前に
議題内容をまとめ、
プリントを配布して、
当日意見を発表してもらいます、
とアナウンスしておく。

もしくは、
事前に締切をもうけて提出してもらうなど。

 

他の例では・・・

「言葉遣いなどで、もっとこうしたほうがいいなぁ」
と思う接客があったら、
そのスタッフにその場で確認。

 

 

「もう少し丁寧な言葉があると思うのだけど、
どのように話したらよいと思いますか?」
と質問。

 

 

すぐに返事が返ってこない場合は、
「宿題にするから、答えが出たらおしえてね」
と伝え、考えるフックをかけます。

 

 

その後、
もし宿題を忘れていたら、
また時間をおいて質問します。
その繰り返し(笑)

 

 

すぐに指摘したほうがよい場合は、
その場でこうしたほうがよい、
ともちろん伝えますが、

毎回そうしていると、
私に答えを求めてくるようになってしまいます。

 

 

敬語などの言葉遣いは、
今はインターネットで調べれば、
すぐに答えが出ますし、
セミナー内ですでに話している場合は、
なおさらです。

 

少し遠回りな方法に感じる方もいるかもしれません^^

 

 

ただ、
結果的にこのやり方のほうが、
自分で考える習慣が身に付いて、
他のことでも
自分から動く、調べる、考える・・・
といったことにつながるように思います。

 

 

時間はもちろんかかりますし、
個人差があります。

場合によっては「根気」が必要です(笑)

 

 

あと、もうひとつ、

大事なことを書くことを忘れていました!

質問すると、
必ず何かしらの「こたえ」が返ってきます。

子どものように、
つい笑ってしまうような可愛い答えは
返ってこないこともあるでしょう(笑)

 

 

その答え(反応)が、
自分の期待通りのものでない場合もある!
と心にとどめておくことです。

 

 

そう思っていないと、
否定的な反応を自分自身がしてしまう場合があります。

 

 

否定的な反応をされたら、

相手は不快な感情を持ちますし、
何よりも自由に考えて発言したことを
否定することになります。

 

そして、

 

自分で考えることより、
私が求める答えを考える癖が
ついてしまうんです(>_<)

 

 

本来の目的は、
自由に自分で考えて
発言することを習慣化すること、
です。

 

 

まずはその答えを
「肯定的に受け取る」こと。
これも大事なポイントですね。

 

春の動物病院就職活動、始まっています!

春の動物病院就職活動、始まっています!

 

一般社団法人Vest Japan 主催(http://www.vest.jp.net/)の、
春の動物病院合同説明会に初めて参加させていただきました。

 

 

今回は動物病院側の参加ではなく、

獣医学生や卒業生の

就活・キャリア相談カウンセラーとして

参加いたしました。

 

 

相談ブースに来て下さった方は、
獣医学生1年生~5年生、
また卒後あらためて
小動物臨床を考えている人など、
いろいろでした。

個人的な印象ですが、、、

皆さんとても真面目で熱心。

だからこその悩みを抱えています。

 

情報が少ないことからの心配や、

逆に情報過多で考えすぎることで迷い、

前へ進めなくなっているようでした。

ペット業界の先行きへの不安や心配が、

学生さんにも広がっています。

動物病院に対する

いろんな噂が耳に入るようですね(^_^;)

 

でも、噂はあくまでも噂。

想像だけがひとり歩きしていることもあります。

就職説明会が始まる前に、
同じ会場で獣医学生さん向けに
セミナーが開催されていて、
私も聞かせていただきました。

テーマは、

『獣医師の思考整理学
~獣医業界の未来を考える~』

獣医師の三好先生が

小動物臨床の未来について、

希望につながる話をしてくださいました。

 

 

 

現場で活躍する獣医師が、

仕事に対するやりがいの話を発信したり、

将来への希望を持って、

いきいきと働く姿をみせていくことは、

とても大切ですね。

 

 

学生さんの多くは、

動物病院実習を

まだ経験していない人が多かったので、

 

まずは、

自分で行動して、
見て感じて、
悩んで迷って、
最後は自分で決めること。

それが大切だよねって、
話を皆さんにしました。

 

 

 

動物病院に就活の連絡をするのは、

とても勇気がいりますし、

実際の実習も心細く

大変なことが多いと思いますが、

こういった説明会で話を聞いてから

コンタクトをとるほうが、

少しハードルが下がるようです。

 

 

会場に足を運んだだけでも、

ひとつの行動ですよね。

これを積み重ねていけば、

きっと希望の動物病院がみつかると思います。

そして、

 

勇気をもって行動して、
その場で出会った院長先生や
スタッフと話せば、
また新しい側面が見えてくると思います。

 

 

今考えていることと、
また180度変わるかもしれない。

それからまた考えればいいですよね。

でも就職活動では、
周りと自分を比較して焦ってしまいがち。

 

焦らないこと」


この点も大切です。

とはいえ、
同級生が活発に動いていると
不安になる気持ちもわかります。。。

自分もそうでしたから(;_;)

 

 

人生は選択の連続。

どの動物病院に就職するかは、
人との出会いを選ぶことと同じように思います。

良い出会いにつながることを祈っています。

迷ったらご連絡ください。

獣医学生さんのご相談は

オンラインなら無料でお受けしています^^

 

さいごに・・・

今回このような場に参加させていただき、
私も新しい素敵な出会いがありました。

何よりも運営している
Vest Japanの皆さんの想いや姿勢に感動しました☆

あの規模で、

あれだけの準備・運営をするのは

大変なことです。

 

わたしよりずっと若い方々が運営されていて、

逆に私の方が刺激を受けています。

そして、

講演された三好先生のお話も素晴らしくて、

これから何をしていったらよいか、
私自身課題やヒントをいただきました。

 

わたしも学生のときに、

聞いておきたかった~^^

と思う内容でした!

ありがとうございました(*^^*)

動物病院で働く人の就職情報サイト

~Ju-mo~ジューモはこちら↓

https://ju-mo.info/