自己肯定感を高める方法

 
関東は昨日に引き続き、本日もよいお天気になりました。
近所を散歩すると、春の花々がみられて、
新型コロナのことを一瞬忘れられます。
 
早く終息するといいですね。
 
 
さて早速本題ですが・・・
 
「自己肯定感」とは、
自分で自分の存在価値を認める感情のこと。
 
 
 
自己肯定感がもともと高い人には、
もしかしたらピンとこない言葉かもしれません。
 
 
 
小さい頃から
「自分は自分」
「自分はこれでいいんだ」
「自分が大好き」
 
と生きてこれた人は、
わざわざ高めようとしなくても
すでに備わっていることだからです。

 
その生き方、
じつは当たり前にできることではないのです。

 
すでに出来ている人は、
そのままでいてくださいね^^
 

本日は、そのように生きていない方へのメッセージ。

自己肯定感が低い生き方をしていると、

・自分より出来る周りの人が気になって自信を無くしたり、

・他人の評価が気になって、自分のやりたいことができなかったり、

・逆に、やりたくないことでも、断れなくて請け負ってしまったり、

・周りに気を遣い過ぎて、他人とのコミュニケーションに疲れやすかったり、

・何をやっても、どれだけ努力しても、全く自信が持てずに自己嫌悪・・・(>_<)

そんな日々が繰り返されて、ますます「自分はダメだ―」と
負のループに陥ってしまいがちになります。
 

でも、大丈夫。

そのループから抜け出す方法は、あるんです(*^^*)

なにより、
過去の私はまさに、
自己肯定感がどん底でしたから(苦笑)

そこから抜け出す方法、山ほど試してきました。

 
そこで、

最終的に行き着いたのがコレです。


=======
自分軸で生きる
=======
 
 
自分軸で生きられるようになると、
自己肯定感も高まります。

 
「自分軸」とは、
他人の価値観の基準に振り回されず、
自分の本当の考え方(思考)や感情を
理解して、それを尊重して生きること。

(注)決してわがまま放題に生きることが、
「自分軸で生きること」ではありませんので、
誤解のないようにお願いします。

 

自己肯定感が低い人は、「他人軸」で生きています。

「他人軸」とは、
自分の価値や考え方の基準を、
他人に合わせてしまい、
それに応えようと生きること。

自分の考えや価値観は、
完全に無視している状態です。

簡単に言ってしまうと
「自分がよくわからない」
という状態。

だからこそ、

まずは「自分」という人間を
よく理解することから始めていく必要があります。
 

まずは、丸裸になる勇気をもって、
自分と向き合うことが大切。
 

「自分をみつめる作業」
具体的なやり方は色々ありますよね。

たとえば、

・関連の書籍を読んで実践してみる
・自己理解を深めるワークなどを試してみる
・心理系・自己啓発系のワークショップに出る
・カウンセリングを継続的に受ける
・人を支援する仕事の養成講座に参加する
・コーチ養成講座など研修に参加する
・あえて自分の価値観とは異なるコミュニティに参加する

など

個人作業で終わるのではなく、
できれば相手がいて、多様な意見を聞けたり、
自身へのフィードバックを受けられるほうが
より自己理解につながると思います。

 

私は、動物病院で行うスタッフの面談でも、
目の前の問題や課題解決だけでなく、
個々人が自分を理解して、
自分で判断して動けるようになるまでを
サポートしたいと思っています。
 
そういったことから、
20分くらいを予定していても、
1時間に及ぶこともありますし、
1回だけでなく複数回必要となることもあるんです(^-^;
 

そのような時間を作ってくださる
動物病院には感謝しかありません。

 
忙しいなかでも、
時間をかけて丁寧にかかわりを継続していくことで、
「自分軸」で働けるスタッフが増えていけば、

おのずと組織全体も活性化して
プラスの好循環を生み出せる
エネルギーの高い職場になるのではないかと考えています。

簡単にはいかないこともありますが、
あきらめないことをモットーに
続けていきたい仕事のひとつです。

 
この機会にぜひ、
“自分は自己肯定感が低いなぁ”と感じている方、

「自分軸で生きる」とは?

まずは自分にこの問いかけをして過ごしてみてくださいね(^^)