自分で気づいて、自分で行動を変える

先日動物病院内で、
アドラー心理学に基づくワークショップをしました。

テーマは、
「さまざまな見方・考え方の存在を認める」
といった内容でした。

参加していた動物看護師さんに、
そのあと、あらためて会う機会があり、
感想を聞いてみました。

彼女には後輩が何名かいて、
現在は指導する立場にいます。

それまでは、
後輩に指導を行う上で、
自分とは反応や考え方が違う人がいて、
どのように対応すればよいか悩んでいたようです。

しかし、
今回のワークショップの中で、
色々な人の意見を聞き、
こう思ったそうです。

「なぜあんな態度なのかな?
と自分には理解できないと思っていたけれど、

その人なりの理由があってやっているのかも、
と気付けたことで、

少しその人に対する見方が変わりました」

とのこと。

自分の見方が変わったことで、
その人に対して接し方が変わったようです。

自分から困ったことがないか、
聞くようになったとのことでした(*^_^*)

 

「自分で気づいて、自分で行動を変える」

素敵なことですね。

自分で気づいたことは、
人から指示されて動くこととは違い、
持続します。

自分が今までかけていた心のメガネを変え、
相手に対する見方や捉え方を変えたことで、
自分自身で状況を変えたのです。

いまのところ、
彼女のある後輩への悩みは、
なくなったようです。

また出てくるかもしれませんが、
似たような状況であれば、
きっと自分自身で解決できるでしょう。

こういった話を聞かせてもらえて、
心理学のセミナーが
現場のスタッフに役立ててもらえたこと、
とても嬉しくなりました(´▽`)

継続して行う予定なので、
こちらでも今後の内容をご紹介していけたらと思っています。