獣医学共用試験が始まっています!

以前もご紹介したのですが、

平成28年度から本格施行される獣医学共用試験、

ご存じでしょうか?

 

実践的な獣医師育成のために、私立・国立関係なく、

全国の獣医学生が共通で受験する試験です。

 

 

獣医学共用試験は、

大きく2つで構成されています。

 

 

ひとつは、

コンピュータ上で知識評価を行う、

vetCBT(veterinary Computer-Based Testing)。

 

もうひとつが、

獣医臨床における診察技能・態度を評価する、

vetOSCE(veterinary Objective Structured Clinical Examination)。

 

 

後者の「vetOSCE(オスキー)」は、

獣医臨床における診察技能・態度を評価する試験で、

参加型実習を行う上で必要な技能が備わっていることを、

客観的に評価するための試験だそうです。

 

 

特にこのvetOSCEでは、

診察技術だけでなく、

コミュニケーションスキルとしての「獣医療面接」を重視していることが特徴です。

 

 

 

「獣医療面接」では、

診療の基本的事項を確認するためのものなので、

病気の診断までは要求されていません。

 

診察での態度や服装、あいさつ、自己紹介など、

円滑に飼い主さんとコミュニケーションができるかを問う試験です。

 

 

============

詳しくはこちらをご覧ください

  ↓  ↓  ↓

「獣医学共用試験委員会」

============

 

 

大学で学生さんが実習する際、

模擬クライアントといって、

飼い主さん役を演じる役割が募集されることがあり、

私もここ数年参加させていただいています。

 

 

事前にコミュニケーションの授業があるので、

実習といえでも様々なスクリプトが用意されていて、

内容は動物病院での診察とほぼ変わりません。

 

 

どの学生さんも積極的に参加していて、

学びの深さや、コミュニケーションスキルの高さに、

いつも驚かされます(^0^)

 

 

 

私の大学時代は、

授業でコミュニケーションを学ぶ機会がありませんでした。

 

 

獣医療は人を相手にする仕事ですが、

それに気づかされるのは、大学卒業後(>_<)

現場の先輩や院長の姿を見ながら、

見よう見まねで身につけました(^-^;

 

 

 

でも、自己流なので、

診察でのコミュニケーションには、

いつも苦手意識があって、

当時を思い返すと恥ずかしいです・・・

苦労しました(笑)

 

 

まだまだ発展途上の制度のようですが、

大学でこのような経験ができるなんて、

うらやましいですね。

 

 

獣医療面接を学んで卒業してくる獣医師を迎え入れる上で、

現場もその基本は知っておく必要があると思います。

 

 

最後に、参考になる書籍のご紹介です\(^o^)/☆

 

 

『ロジックで学ぶ獣医療面接/緑書房』

とても内容が詳しく、

具体例が豊富です。

新人獣医師の指導にもおススメ!

 

 

『外来でのコミュニケーション技法―診療に生かしたい問診・面接のコツ (junior新書)/日本医事新報社』

こちらは人の医療での本ですが、

文庫サイズで手軽に読めます。

 

 本日は以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 ・゜゜・*:.。..。.:*・゜