信頼関係を築くための5つのポイント

 

前回、「信頼できるスタッフがいる動物病院」を、

飼い主さんは選んでいるというお話をしました。

 

本日は「信頼関係」を築くための基本ステップをお話します。

 

いわゆる、対人関係の基礎。

コミュニケーションの基本です。

 

ではさっそくポイント5つ!

「あいうえお」で覚えましょう\(^o^)/

 

******************************

相手の緊張と不安をとく

「コミュニケーションの基本的態度」

******************************

 あいさつ:気持ちの良い挨拶

 アイコンタクト:適度に目を合わせる

 相手を敬う(やまう):尊重する気持ちをもつ

 笑顔 (がお) :状況に合った適切な表情

 ープンマインド

 

受付は動物病院の顔です。

病院に入ってきたときに、

優しい表情で明るく挨拶をされると、

初めての方の緊張感も和らぎます。

 

「ウェルカム」の気持ちで、

相手の目を見て挨拶をしましょう。

 

そのとき、声はしっかり出ていますか?

ときどき、声に元気がなく、聞き取れない人がいます。

居酒屋の店員さんのように声を張り上げる必要はありませんが(;’∀’)、

相手に届かないと意味がありませんね(^^)

心をこめてしっかり挨拶しましょう!

 

また、

一般的な接客業と違い、

動物病院では常に笑顔が適切とは限りません。

動物病院には状態が悪い子を連れて来院されるケースもありますよね。

 

必ず飼い主さんの表情や様子をよく観察して、

また動物の状態に配慮しながら、

状況に合わせた表情で応対しましょう! 

 

 

そして、

どのような方でも、

相手をまず尊重する気持ちを持ちましょう。

 

そうすると、

おのずと「オープンマインド」でいられるようになります。

 

オープンマインドの定義は、

人によって色々かもしれませんが、

 

ここでは、

 

「相手の気持ちや価値観を尊重しつつ、

自分の気持ちも素直に表現できる自己開示の状態」とします。

 

自分をすべて隠さずにさらけ出すということとは、

少し違います。

 

構えずに、

お互いに楽な気持ちでいられる

心開いた状態でいることが大切です。

 

 

上記の5つを心がけるだけで、

初対面の方でもほぼ99%気持ちよく会話ができます。

 

当たり前のことのようですが、

「常に」、「すべての人に対して」、

は難しいと感じるかもしれません。

 

でも、日々心がけていると、

いつの間にか自然に身についてくるものでもあります。

ぜひ、今この瞬間から、心がけてみて下さいね!

 

 

飼い主さんとの信頼関係を築くファーストステップ。

 

まずはこの5つのポイントを身につけ、          

信頼され魅力ある獣医師・動物看護師を目指しましょう!