動物医療&ペットのお仕事のためのメルマガ

動物医療&ペットのお仕事のためのメルマガ

動物病院の院長先生、勤務獣医師、

動物看護師、トリマー、トレーナーなど

ペットのお仕事に関わる方や、

これからペット業界で働きたい方

メルマガ配信のご案内です。

 

無料メルマガ登録はこちらからお願いします。

 ↓  ↓  ↓

動物医療&ペットのお仕事のためのサポート

 

詳細はこちら ↓ Read more

スタッフのやる気がでない理由を考える

こんにちは!宮下ひろこです。
本日は、『スタッフのやる気がでない理由を考える』について、お届けします!

 
 


 
 
 
動物病院で働くスタッフの相談で、
「やる気がでないとき、どうしたらいいか?」
といったことが質問されます。
 
 
 
“やる気がでない・・・”
 
 
 
 院長先生のため息がそのまま聞こえてきそうな言葉。
 困りますよね。。。
 
 それを、もしスタッフが耳にしたら、
 もっと溜息がもれそうです。
 
 
 
でも、心配しないでください(*´∀`)
 
 
やる気がなくなることって、誰にでもあります。
(ありませんか?)
 
 
じつは、
私もやる気が出ないときがありますし(笑)
 
 
人の感情に浮き沈みはつきもの。
長期的なものでなければ、心配いりません。
 
 
 では、慢性的にいつもやる気がない人には、
どう対処したらよいのか???
 
 
 
まず、
やる気が出ない人をどうするか?
を考えるとき、
 
 
「なぜ、〇〇さんはやる気がないんだ!」
 
 
 
という、
批判や叱責の気持ちがある場合は、
ひとます心に納めましょう(^^)/
 
 
(これ、大事です)
 
 
そして、
 
 
大きく2つの視点に分けて
考えるとよいかもしれません。
 
 
 
やる気が出ない原因探し、
1つ目の視点は、
「メンタル不調の状態であるか、ないか」
 
 
 
そして2つ目は、
「個人の問題なのか、組織の問題なのか?」
です。
 
 
 
メンタル不調の状態が認められるスタッフで、
かつ個人的な問題が原因の場合は、
動物病院でできることは限られてきます。
 
 
またかえって「やる気を出させよう」と
働きかけることがプレッシャーになり、
本人にとってマイナスになることもあるので、
 
できるだけ早めに
専門家(医者やカウンセラーなど)へ
相談を促していくようにお願いしています。
 
 
 
 
次に、
メンタル不調の状態ではない人で、
個人的な問題なのか組織の問題なのかを、
見極めるようにしています。
 
 
 
個人的な問題(例えば、個人の性格や家族問題など)を
抱えている場合は、
本人の意思も影響し、時間がかかるため、
関わる優先順位としては下がります。
 
 
 
やる気がない人の中で、
最もアプローチすべきなのは、
 
 
じつは、
もともとやる気はあったのだけれど、
組織の問題(例えば、人間関係や組織運営、職場環境など)が障害となり、
結果的に「やる気がくじかれてしまった」という人、
今一時的にやる気が出ていない人に注目してほしいのです。
 
 
 
彼ら、彼女たちがもつ、
もともとあった仕事に対するやる気を、
元に戻すことに注力したほうがよいですよね。
 
 
 
たとえばの事例ですが、
 
============
 
・大学卒業後、勤務して半年以上たっても、
犬舎掃除や検査補助、入院管理が主な仕事で、
診察に出ることがなかなか許されない新人獣医師。
 
 
 
・院長に治療の相談をしたら
「自分で調べて考えろ」と言われ、
相談しなかったら
「ちゃんと事前に確認して」と叱られ、
どうしていいかわからない状態が繰り返される勤務獣医師。
 
 
 
・忙しい病院で昼休みも交代で一人でとり、
なかなか先輩とも仲良くなれず孤立状態、
院長には叱られてばかりで相談できる人がいない新人の動物看護師。
 
 
 
・飼い主さんのために栄養学の勉強をして、
受付で相談にのっていたら、
「無駄話していないで、早く手伝って」
と言われた動物看護師。
 
 
 
 
・動物看護師の意見をまとめて、
会議で業務改善の提案を発言をしても、
十分に話を聞いてもらえぬまま、
獣医師の一言で反対されてしまう動物看護師長。
 
============
 
上記は、相談された例のごく一部ですが、
大抵は人間関係のことが原因で、
やる気がそがれてしまったケースです。
 
まさに、
 
アドラー心理学で言われる
「勇気づけ」とは反対のこと
「勇気くじき」がそこにはあります。。。
 
 
 
やる気がないスタッフと決める前に、
「やる気がくじかれていないかどうか」、
組織の人間関係やコミュニケーションを
見直すことが大切ですね。
 
 
やる気がもとに戻るように、
(願いも込めて・・・)
 
まずは
「勇気づけ」や「承認」を意識した
コミュニケーションで過ごしましょう(*´∀`)
 
 
そして、
相手の心に、
「やる気の火」が灯ってくれるまで、
信じて待ってみませんか?
 
 
 

なぜ、「ペット」の仕事なのか?

 
==☆==ご案内==☆==
女性のためのキャリアコーチング!
 
メルマガ読者は「1,000円」割引♪
ぜひこの機会にご利用ください!
 ↓メルマガ登録はこちら↓
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃動物医療&ペットのお仕事のための
┃メンタルタフネス・人財育成のヒン
□━━━━━━━━━━━━━━━━━
=============
 
 
 
新年明けましておめでとうございます!
 
キャリア・マナーサポートコーチの宮下ひろこです。
 
さて、本日のタイトル、
なぜこんな内容にしたかというと・・・
 
 
たまたま勉強のために、
人間の葬儀会社を経営している方の話をビデオでみていまして、
 
 
その人は、高校生のときに葬儀社のアルバイトをして、
「人の役に立つ仕事だ!」
とそのまま社員になり、さらに13年目には独立開業。
 
仕事に対してゆるぎない信念をもって邁進してきた方の話でした。
 
その方の話を聞きながら、
私はなぜこんなに「ペット」に関わる仕事をしたいのだろう?
と、今更ですが(笑)考えてみたんです。
 
 
 
皆さんは、いかがでしょうか?
 
 
そのとき、
ふと思い出したのが、
小学生のときの経験。
 
 
もともと私は動物が大好きで、
当時住んでいた大阪で
幼稚園児の頃から
いろんなペットを飼っていました。
 
セキセイインコ、モルモット、ウサギ、猫 …
田舎だったので、
猫は野良猫で、
庭先にごはんを置いて可愛がる
という世話のしかた。
最近では
「無責任」と言われてしまうかもしれませんが、
自由な猫の飼い主でした。
 
あるとき、
かわいがっていた野良猫が、
当然ですが妊娠して、
3頭子どもを産みました。
 
 
そのうちの1頭は死産。
残り2頭のうち、
白い猫は自宅で飼うことになり、
もう1頭は、近所のお宅へ引き取られました。
 
 
 
引き取られた先は、
母親同士が知り合いで、
ご両親とその子ども、そして
高齢のおばあちゃんが
一緒に住むご家族。
 
 
 
私は子どもながらに、
可愛い子猫を手離すのが嫌で、
寸前まで駄々をこねていた記憶があります。
 
 
その後、
1年くらい経ってからだったか
再会する機会があり、
お宅に伺ったのですが、
そのときの猫の変わりように驚きました。
 
 
 
 
赤いリボンに鈴のついた首輪。
丸々太っていて、艶々の毛。
 
おばあちゃんに抱かれている猫は、
最高に幸せそうな顔をしていました。
 
 
そして、
 
そのおばあちゃんに手を握られ、
「ありがとう」、「本当にありがとう」
と子どもが戸惑うほどに、感謝されたんです。
 
 
 
後から聞いた話によると、
子猫をもらってくれた当時、
おじいちゃんが亡くなったばかりだったそうです。
ご家族は、
とても気持ちが沈んでいる
おばあちゃんの様子をみて、
子猫を飼うことを決めたらしいのです。
 
 
 
猫が家に来てくれたことで、
おばあちゃんの表情が変わったと、
ご家族からもとても感謝されました。
 
 
 
私は子どもながらに、
動物には凄い力がある!
と感動したことを覚えています。
 
 
 
「人の心を変えて、
生きる力にまでする動物の存在」
 
 
そんな素晴らしい動物に
何かしら関わる仕事をすることを決めたのは、
子ども心に感じたこのときの感動からだったかもしれない。
 
 
 
そんなことを、
ふと思い出す時間となりました。
 
 
 
ペットに関わる仕事をされている方、
またはこれから始めたい方が多いと思いますが、
みなさんは、なぜ?その仕事を選ばれたのでしょうか?
 
 
何かきっかけや、想いがあるかと思います^^
 
もしも、
人の上に立って
部下などを動かす立場の方がいらしたら、
そういった経緯や想いを、
新年という良いタイミングでもありますので、
言葉にして伝えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
動物病院を開業されている
院長先生であれば、
なぜ開業されたのか?
なぜこの場所、そのタイミングだったのか?
そもそも、
どうして獣医師になったのか? etc
 
それぞれに想いがあって、
それはきっと志となり、
未来像へもつながっていくはずです。
 
 
ぜひあなたが持つ想いを、
書くなり、話すなりして、
アウトプットしてみてくださいね。
 
 
初心に戻ることで、
また何か新しいヒントが
見えてくるかもしれません(^-^)
 
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■ストレスクリア(R)コーチング養成講座
 
ペットが好きなあなたの想いを、
社会に役立つビジネスにつなげる
ストレスクリア(R)コーチング
 
説明会開催中☆詳しくはこちら↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/stressclear
 
《ストレスクリアコーチになれる養成講座》
次回説明会は、1/9(火)13:00~14:30 
 
講座に申し込みしなくても大丈夫です!
まずは話だけ聞きたい方、大歓迎(*’▽’)。
お問い合わせ、お待ちしています。
 
 
 
■ペット関連のイベント&セミナ―情報
 
 
動物看護師対象 キャリアセミナー
2018年1月21日(日)
詳しくはこちら↓
https://www.anicomjobs.com/blog/1234
 
 
 
第6回PET JOB交流会(ペットビジネス交流会
次回は2月13日開催です
https://www.facebook.com/events/316845435461915/
 
 

紙に書いた目標が達成できない理由

紙に書いた目標が達成できない理由

 

あっという間に新年が始まりましたね。

今後の未来のイメージ、
しっかり掴めていらっしゃるでしょうか。
 
 
 
具体的なイメージが描けて、
スラスラとやるべきこともリスト化し、
行動している自分自身が
リアルにイメージできている人。
 
 
 
そのような人は
1年の境い目など関係なく、
着実に行動していける方々でしょう。
 
 
以前の私はというと、
お恥ずかしいですが、
1年のはじめの目標も三日坊主。
 
 
 
あるべき目標を紙に書いて、
行動をリスト化し、
目指す相手をモデリングしても、
(まさにコーチング!)
なかなか行動に繋げられず、
当然、現実も変わらない・・・
 
 
と、迷走していた時期が長~くあります(笑)
 
 
 
 
じつはその原因、
最近なんとなくわかってきたのですが、
行動できない自分が悪いのではなく・・・
 
(言い訳ではありません…笑)
 
 
つまり、本当に心の底から(自分でも気づいていない部分で)
望む目標(理想)が、描けていなかったから。
 
 
 
言葉を変えると、
自分自身の将来のイメージが弱かったから。
 
 
 
なんとなく頭だけで考えていて、
できている感覚がつかめていなかったから。
 
 
 
自分にはできる!
という“できている感覚”が、
あるようでなかったんです。
 
 
 
この思い込みではない、リアルな感覚、
理想を現実に近づけていくためにはとても大事です。
 
 
実は2017年の1月から新しく学び始めていた
ストレスクリアコーチングというものを通して、
気づくことができました。
 
 
 
 
コーチングという名前はついてますが、
カウンセリングのようで、
コーチングでもないアプローチです。
 
 
 
このアプローチに出会ってから、
周りで変化していく人の多くをみていると、
この内面でのリアルな「感覚」を
しっかりと「先に」掴んでいる人だということがわかります。
 
 
 
『逃げずにとことん掴みにいく!』
 
 
これができると、現実が変わります。
 
 
私の場合、
その現実変化のプロセスに、いろんなことがありました。
 
 
自分のネガティブな面との対面、
認めたくない現実(苦笑)、
逃げたくなる(見たくない)という感情との葛藤・・・
 
と、いろいろ(笑)。
 
 
 
『今の目の前の現実は、
 じつは自分が選択して創っている・・・』
 
 
 
 
アドラー心理学でも
「自己決定性」のなかで、
“未来は自分の手で作られる”
ということをいっていますが、
 
 
 
私はこのことを、
理解していたつもりでしたが、
じつは頭(思考)でのみ理解していて、
感覚ではわかっていなかったんですよね。
 
 
 
 
本当に望む自分の姿、
心から欲している自分の世界、
そこの感覚と先につなげていくのがストレスクリア。
 
 
 
そこに至るまで、
いろいろな気づきや変化がありましたが、
それが人間の心理って面白いなぁと感じる所以です。
 
 
 
「ストレスクリア」という名前のイメージが先行して
よく質問されるのですが、
表面的なストレスを軽くするという、
それだけのものでは実はないんです(笑)
 
 
 
 
そこがわかってくると、ますます面白いです。
そんなストレスクリアコーチング、一緒に学んでいきませんか?
 

同じ志や価値観をもつ仲間と共に、
コーチとして活躍できる講座を来年も開講します。

以下は講座開催スケジュールです。
(すでにお申込みいただいているので、開催決定です!)
 
=======================
《ストレスクリア説明会》
1/6(土)13:00~14:30 
1/9(火)13:00~14:30
€
《コーチになれる養成講座》
1/15, 1/23, 2/19, 2/27(4日間)
 
詳しくはこちらをご覧下さい↓
☆お仲間募集中!☆
 
自分を癒やし心を満たすストレスクリアコーチング☆
心のブレーキを外し「できない」を「できる」にする
好きなペットの仕事で自分らしく生きたい女性をサポート!
協会認定ストレスクリア®トレーナー
獣医師/産業カウンセラー 宮下ひろこ
=======================
 
 

 

 

 

 

女性獣医師アンケート~まとめ~

 
2017年の7月から女性獣医師の方々にご協力をお願いし、
インタビュー&アンケートを実施しました。
 
期間:2017年7月〜8月 
対象:女性獣医師ネットワークのメンバー
年齢:20〜50代 
計12名の方にご協力いただきました。
 
 
現在、ご結婚されている方10名、未婚の方2名。
小動物臨床に関わっている正社員、パート、独立開業の方が主で、
その他に、企業にお勤めの方もいらっしゃいます。
 
 

●「人生で大切にしていること」
上位3つ選んでいただきました。

① 仕事/キャリア「8」
② お金/経済 「3」
③ 健康 「5」
④ 家族/恋人/パートナー 「12」
⑤ 友人/知人/人間関係  「4」
⑥ 自己啓発/学び 「1」
⑦ 遊び/余暇   「3」
⑧ 物理的環境   「ゼロ」
 
 
1番はやはり「家族 / 恋人 / パートナー 」。
2番に「仕事 / キャリア」です。
3番は「健康」という結果でした。
 
 

●現在の暮らしの満足度(10点満点)

平均は「6、8」でした。
 
10〜3といった幅があり、
低い方は不満があるというよりも、
「もっとこうしたい」といった夢や目標が明確で、
それに達していないので数値が低かったようです。
 
 
それぞれの理由の中から抜粋すると、
「収入」をあげる方が多かったです。
将来への経済的な不安があり、そのぶんマイナス。
 
また、
家庭と仕事の両立が、
バランスよくいかないことが
マイナスポイントに挙げている方も半分いました。
 
家族との十分な時間がとれない、
仕事のための学ぶ時間がとれない、
決して楽な仕事ではないので、
年齢的な健康面も心配・・・等。
 
 
それから、
現状では仕事に「やりがい」や「充実度」が感じられないから、
という方もいらっしゃいました。
 
 
 

 ●お悩みや心配事

 
 ・仕事と家庭のバランス(時間確保)

 ・家庭との両立で勉強の時間が足りない

 ・パート勤務のため、担当症例を他の先生に任せることが心苦しい

 ・親の介護が必要になったときの対応

 ・休みが少なくプライベートの時間がない

 ・女子獣医師としての将来像が全く見えない

 ・仕事上の人間関係

 ・家族・子供と過ごす時間が足りない

 ・育児へのサポートや周囲から理解が得られるか心配

 ・現場でのパートに対する男尊女卑的な発言

・将来の休職時ブランクが現場に対応できるか心配

・小動物臨床は体力的にも大変、続けていけるかどうか

 ・将来への経済的・体力的な不安
 

など

 

●個々のメッセージ

 
 
・子育てと仕事の両立が難しいために、やむなく離職している方が多いと思うので、子育てしながらも仕事をしやすい環境の整備とそれに対する雇用側の理解が必要だと思う。
 
 
・特別な資格をもっているので、何かしらの犠牲は伴うかもしれないが、やりがいもあり、「やりたいことを、やる」という想いで仕事を続けていきたい。
 
 
・女性ネットワークのメンバーの方と話すと、いろんな方法で働いていることを知ることができた。資格を絶対に生かそうとこだわって働いていたが、それにこだわる必要はないのではないか?
 
いろんなパターンがあることを知れると、働くのを諦めずに復職も可能だと思う。
自分のやりたい方向性をみつけてほしい。
 
 
・獣医師としての仕事はもちろん大切だが、育児をしながら感じたことは、仕事をはなれたコミュニティをもつ大切さ。人生が豊かになると思う。
 
スポーツや地域のコミュニティなど何でもいいが、いろんな経験をして欲しい。
 
 
・女性獣医師でも開業は可能ですが、これからの時代は厳しい状況になるかもしれない。いずれにしても、現状や自身の性格等を考えて仕事を選択することをおすすめします。
 
 
・あれができなきゃ、これをしなければ、ではなく、自分ができる範囲でやればいいと思う。“まぁ、いいかな”と思えることが必要かも。
 
 
・子育て中で時短勤務をさせてくれるような動物病院はないとあきらめず、直接連絡をしてみるなり、ネットで探してみると、意外にあるものです。
 
 
・もう少し女性が働きやすい、後ろめたさを感じずに仕事ができる環境が整って欲しいと思う。
 
 
・同じ女性だからこそ、お互いに理解し合って、高め合えるような機会が増えてくれたらと思います。
 
 
・女性のほうが働き方の自由度は大きいように思うので、やりたいと思った仕事をその方の方法で形にしていけると思う。
 
 
・焦る必要はない。何事もタイミングが大切。
 
 
・子育て中の女性獣医師を軽く扱う職場もまだありますが、志をもって探せば、理想の職場は見つかります!本当に犬猫が好きなら、あきらめないでください!
 
 
・あきらめなければ、細く、長く、続けることのできる仕事だと思います。
 
 
・臨床に関しては、子育て中の女性獣医師が働く職場としては、やりにくさみたいなものがあるかと思いますが、それでも時短オッケーというところもあります。ご自分のやりたいことをあきらめないでほしいと思います。
 
 
・女性はキャリアを積みたいときに、ライフステージの変化も訪れるもの。働き盛りといわれるときに、心身のバランスも崩しやすいもの。
 
自分一人が良ければそれで良いではなく、パートナーや家族にもそれぞれ人生があり、それを受け入れつつ、なりたい自分を常に探している状況は、皆一緒かと思います。
 
一職業としては大変ではありますが、獣医師はとてもやりがいのある、誇りのもてる仕事です。
ともに頑張ることが、将来の日本の獣医学の向上にもつながり、人生を豊かにしてくれることと信じています。
 
 
 =====================
 
ご多忙の中、ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。
直接お話ができた先生方とは、じつに様々なお話ができました。
 
女性獣医師ネットワークのご協力もあり、
先生方の現状や本音、キャリアへの課題も見えてきました。
 
今後もいろんな方との交流を通して、
できることを探していきたいと思います。
 
 
 
ただいま、体験コーチング実施中です!
詳しくはこちらをご覧ください↓ 
 
 
 

“人間力”を高めるためには

 
 
==☆==ご案内==☆==
年末年始特別コーチング!
↓詳細&お申込みはこちら↓
「女性のキャリア相談体験コーチング」
ぜひこの機会にご利用ください。
=============
 
 
 

“人間力”を高めるためには

 
 
今年も残り4日となりました。
いかがお過ごしでしょうか?
さて以前、
人間力を磨く必要性をお伝えしました。
 
 
本日は、そのことについて、少し書いてみたいと思います。
 
 
そもそも人間力って、何でしょう?
 
そして、
どのように身につくものなのでしょうか?
 
Wikipediaによると、
 
「人間力」という言葉は造語で、
組織革新研究会を主宰する藤田英夫氏が、
自身の人間観と仕事観に基づき、
1983年から同研究会で使用したことが始まりのようです。
 
 
 
様々な捉え方があると思いますが、
内閣府の「人間力戦略研究会報告書」では、
 
 
==============
『社会を構成し運営するとともに、
自立した一人の人間として
力強く生きていくための総合的な力』
==============
 
 
と定義されています。
 
 
ますます曖昧で、わかりづらいでしょうか(笑)
 
 
「人間力」の構成要素として、
 
・知的能力的要素
・社会・対人関係力的要素
・自己制御的要素
 
と3つあり、それぞれ細かく定義されています。
 
 
 
 
詳しくは専門書にお任せするとして、
 
わたしの個人的な定義は・・・
ざっくりと以下のように考えています。
 
 
 
 
「人間とは何か」
「自分とは何か」
といったことを考え、
日々自分と向き合うこと
 
が、「人間力」を磨くことにつながると思っています。
 
 
そのために必要なこと。
 
まずは「自己理解」と「自己一致」。
 
 
 
人と良い関係を築くためには、
まずは自分のことを理解していないと
始まらないですよね。
 
 
 
自己理解のための方法は、
いろいろあると思いますが、
私は心理学の学びや
カウンセリングを通して、
自己理解を進めてきました。
 
 
 
 
自分の強みや良いところを
素直に受け入れ、
また弱さやズルイ点など、
ネガティブに捉えがちな所も、
そのまま認める。
 
 
 
とてもシンプルで簡単なことを、
複雑にしている自分。
 
 
 
そんな自分を、
まず理解することから始めること、
とても大切です。
 
 
 
忙しい師走は
なかなか大変かと思いますが、
自分とじっくり向き合う時間の確保、
この時期だからこそ、
ぜひ意識してみてくださいね(^-^)