ペットのターミナル期、動物病院で出来ること

定期的にうかがっている動物病院で、

「ペットのターミナル期のコミュニケーション」

について考える、院内セミナーを行ってきました。

 

 

こちらの病院では、

獣医師だけでなく、

動物看護師さんやトリマーさんも

一緒に受けてくださるので、

みんなで参加できるものを考えました。

 

 

ターミナルケアが必要となり在宅看護をしている

あるご家族のドキュメンタリーを基に、

それぞれ自分だったらどのような最期を迎えたいか、

 

もし看送る立場だったらどうしてもらいたいかなどを、

考えてもらう時間にしました。

 

 

ペットも家族の一員。

 

 

そういった認識が広がる中で、

ペットに対する医療の選択肢も増え、

ターミナル期にどのようなケアを行うか、

ご家族にとっては「選択の連続」です。

 

 

 

その選択を、動物病院で関わるスタッフとして、

どのようにサポートしていけるか、

 

獣医療的な情報提供だけでなく、精神的なサポートが行うことも、

動物病院としての役割だと思います。

 

 

院内で色々な考えを共有する時間は、

とても大切なことですね。

 

 

 

病院の中で個々にスタッフの役割は違いますが、

それぞれの立場で何ができるか、

どのように対応することが望ましいか、

研修の機会を通して、あらためて考えてもらえたら嬉しいです。